グラフィックボードから選ぶ

Ryzen 7 2700×RTX2070のベンチマークを20タイトル以上で計測

GeForce RTX 2070のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。CPUはRyzen 7 2700です。

Core i7-9700KとRTX2070の組み合わせのベンチマークデータはこちらで取得しています。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

ゲームのベンチマークをチェック

60FPS以下の数値が薄い赤色になります。グレーは見やすくする為の色になっています。フレームレートの計測には「Fraps 3.5.99」を使用しています。ベンチマーク数値はドスパラのガレリアAF(Ryzen 7 2700 / RTX2070)から出た数値になります。グラフィックスドライバーは「419.17」になります。

 

ファイナルファンタジー XV(バージョン1.2)

ファイナルファンタジー
4K
3840×2160
37 FPS / 3768
標準43 FPS / 4350
軽量62 FPS / 6177
WQHD
2560×1440
64 FPS / 6457
標準79 FPS / 7889
軽量99 FPS / 9886
フルHD
1920×1080
79 FPS / 7953
標準103 FPS / 10295
軽量117 FPS / 11778

バージョン1.2:フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド
4K
3840×2160
最高28 FPS
40 FPS
81 FPS
WQHD
2560×1440
最高55 FPS
72 FPS
85 FPS
フルHD
1920×1080
最高75 FPS
79 FPS
84 FPS

比較的重めの古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。

 

ATLAS

4K
3840×2160
HIGH23 FPS
MEDIUM38 FPS
LOW81 FPS
WQHD
2560×1440
HIGH37 FPS
MEDIUM58 FPS
LOW88 FPS
フルHD
1920×1080
HIGH47 FPS
MEDIUM66 FPS
LOW84 FPS

パッチ18.73

 

アサシンクリードオデッセイ(Assassin’s Creed ODYSSEY)

アサシンクリードオデッセイ
4K
3840×2160
最高34 FPS
44 FPS
60 FPS
WQHD
2560×1440
最高48 FPS
63 FPS
78 FPS
フルHD
1920×1080
最高53 FPS
65 FPS
77 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ゴーストリコンワイルドランズ(Ghost Recon Wildlands)

ゴーストリコンワイルドランズ
4K
3840×2160
ウルトラ30 FPS
48 FPS
73 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ48 FPS
79 FPS
110 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ59 FPS
92 FPS
121 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

シャドウオブザトゥームレイダー
4K
3840×2160
最高37 FPS
47 FPS
最低71 FPS
WQHD
2560×1440
最高69 FPS
76 FPS
最低92 FPS
フルHD
1920×1080
最高81 FPS
83 FPS
最低91 FPS

TAA,Direct X12

 

コナンエグザイル

コナンエグザイル
4K
3840×2160
最高33 FPS
37 FPS
82 FPS
WQHD
2560×1440
最高64 FPS
70 FPS
116 FPS
フルHD
1920×1080
最高79 FPS
84 FPS
133 FPS

忘れられた都市シェルハ近郊の神殿広場が比較的重めになるのでそちらで計測しました。

 

ウィッチャー3

ウィッチャー3
4K
3840×2160
最高41 FPS
52 FPS
77 FPS
WQHD
2560×1440
最高64 FPS
78 FPS
最低105 FPS
フルHD
1920×1080
最高87 FPS
95 FPS
最低104 FPS

『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。グラフィック設定はプリセットの最高+高+環境閉塞HBAO+(後処理)、高+中+環境閉塞なし(後処理)、低+低(後処理)

 

マインクラフト(影MOD)SEUS v11.0

マインクラフト
4K
3840×2160
描画距離1636
フルHD
1920×1080
描画距離1655

場所によってフレームレートの変動が大きいのでご注意下さい。

 

ウォッチドッグス2

4K
3840×2160
最大33 FPS
44 FPS
64 FPS
WQHD
2560×1440
最大54 FPS
55 FPS
65 FPS
フルHD
1920×1080
最大56 FPS
57 FPS
65 FPS

ランバートストリートで計測。

 

グランド・セフト・オートV(GTA5)

4K
3840×2160
最高25 FPS
WQHD
2560×1440
最高50 FPS
フルHD
1920×1080
最高72 FPS

可能な限り最大設定。高度なグラフィックオプションはオフ。

 

プラネットコースター

プラネットコースター
4K
3840×2160
ウルトラ47 FPS
67 FPS
最低103 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ67 FPS
88 FPS
最低109 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ79 FPS
90 FPS
最低109 FPS

キャプテンロックジョーの埋められた財宝「海賊の戦い」のMAPで計測。

 

バトルフィールド5

解像度画質設定DXRオフDXRオン / RTX DLSSオンDXRオン
4K
3840×2160
最高43 FPS40 FPS23 FPS
44 FPS42 FPS29 FPS
61 FPS52 FPS42 FPS
70 FPS55 FPS45 FPS
WQHD
2560×1440
最高76 FPS61 FPS38 FPS
81 FPS64 FPS54 FPS
107 FPS77 FPS72 FPS
121 FPS80 FPS77 FPS
フルHD
1920×1080
最高103 FPS81 FPS73 FPS
111 FPS86 FPS76 FPS
138 FPS101 FPS94 FPS
154 FPS102 FPS102 FPS

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点

 

Apex Legends

4K
3840×2160
最高49 FPS
WQHD
2560×1440
最高75 FPS
フルHD
1920×1080
最高87 FPS

かっこ内は最小フレームレートになります。スカルタウンにパラシュート降下した際のフレームレート。フルスクリーン、視界:90、色覚特性モード:オフ、垂直同期:無効、解像度適応の目標fps:0、アンチエイリアス:TSAA、テクスチャストリーミング割り当て:極(VRAM:8GB)、テクスチャフィルタリング:異方性16X、アンビエントオクルージョン品質:高、サンドシャドウ範囲:高、サンシャドウディティール:高、スポットシャドウディティール:最高、空間光:有効、ダイナミックススポットシャドウ:有効、モデルディティール:高、エフェクトディティール:高、衝撃マーク:高、ラグドール:中。

 

STEEP

STEEP
4K
3840×2160
超高38 FPS
56 FPS
68 FPS
WQHD
2560×1440
超高73 FPS
94 FPS
103 FPS
フルHD
1920×1080
超高94 FPS
102 FPS
108 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14紅蓮のリベレーター
4K
3840×2160
最高50 FPS / 6759
58 FPS / 7934
標準94 FPS / 12195
WQHD
2560×1440
最高86 FPS / 11397
92 FPS / 11952
標準118 FPS / 14281
フルHD
1920×1080
最高104 FPS / 13103
109 FPS / 13236
標準123 FPS / 14645

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファークライ ニュードーン

4K
3840×2160
最高48 FPS
51 FPS
58 FPS
WQHD
2560×1440
最高66 FPS
73 FPS
81 FPS
フルHD
1920×1080
最高67 FPS
73 FPS
82 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファークライ5

ファークライ5
4K
3840×2160
最高46 FPS
49 FPS
59 FPS
WQHD
2560×1440
最高74 FPS
79 FPS
89 FPS
フルHD
1920×1080
最高76 FPS
80 FPS
90 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

バイオハザード RE:2

4K
3840×2160
画質品質重視53 FPS
WQHD
2560×1440
画質品質重視104 FPS
フルHD
1920×1080
画質品質重視136 FPS

かっこ内は最小フレームレートになります。場所は警察署のメインホールにて。DirectX 11、レンダリング方式:通常、イメージクオリティ:100%、フレームレート:可変、垂直同期:OFF、アンチエイリアス:FXAA+TAA、テクスチャ品質:高(1GB)、テクスチャフィルタリング品質:高(ANISO×16)、メッシュ品質:高、影品質:最高、影のキャッシュ:ON、コンタクトシャドウ:ON、スクリーンスペースリフレクション:ON、サブサーフェイスキャッタリング:ON、ボリュームライト品質:中、パーティクルライト品質:高、アンビエントオクルージョン:SSAO、ブルーム:ON、レンズフレア:ON、モーションブラー:ON、被写界深度:ON、レンズ歪み:ON(色収差あり)、フィルム粒子ノイズ:ON

 

シャドウ・オブ・ウォー

シャドウ・オブ・ウォー
4K
3840×2160
ウルトラ47 FPS
74 FPS
最低98 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ76 FPS
117 FPS
最低137 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ97 FPS
128 FPS
最低195 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

フォーオナー

フォーオナー
4K
3840×2160
超高49 FPS
59 FPS
95 FPS
WQHD
2560×1440
最高95 FPS
116 FPS
176 FPS
フルHD
1920×1080
最高137 FPS
173 FPS
213 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

Forza Horizon 4

FORZAHORIZON4
4K
3840×2160
ウルトラ62 FPS
ミディアム81 FPS
ベリーロー101 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ86 FPS
ミディアム106 FPS
ベリーロー127 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ101 FPS
ミディアム109 FPS
ベリーロー129 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

フォートナイト

4K
3840×2160
エピック50 FPS
67 FPS
117 FPS
195 FPS
WQHD
2560×1440
エピック100 FPS
135 FPS
205 FPS
276 FPS
フルHD
1920×1080
エピック150 FPS
184 FPS
205 FPS
274 FPS

場所:ダスティディボット、3D解像度は100%に変更。

 

PSO2 EPISODE4

PSO2
1920×1080設定6194 FPS / 43804

 

モンスターハンター フロンティア オンライン(大討伐)

MHF
3840×2160最高15926 / 136 fps
2560×1440最高32791 / 282 fps
1920×1080最高51957 / 445 fps

 

ドラゴンズドグマオンライン

DDO
1920×1080最高9062 / 94 fps

 

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
3840×2160最高16059
1920×1080最高17988

 

3DMARKのベンチマーク結果

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア15754
Graphics Score21171
Physics Score16824
Combined Score5227
Fire Strike EXtremeスコア9613
Graphics Score10068
Physics Score17632
Combined Score4758
Fire Strike Ultraスコア5122
Graphics Score4995
Physics Score17620
Combined Score2736
Time Spyスコア8215
Graphics Score8528
CPU Score6801
Time Spy EXtremeスコア3822
Graphics Score3998
CPU Score3060

VR性能をチェック

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア8133
Avg FPS177 fps
Cyan Roomスコア8068
Avg FPS175 fps
Blue Roomスコア2669
Avg FPS58 fps

Ryzen 7 2700 × GeForce RTX 2070の性能まとめ

FireStrikeのスコアで比較してみるとRyzen 7 2700×RTX2070はCore i7-8700×GTX1070相当のスコアで留まっておりRTX2070の性能を100%引き出せているとは言えません。RTX2070と組み合わせるのであればCore i7-9700Kがおすすめです。

フルHD重量級を快適にプレイ出来るパフォーマンスは持っているので価格によっては狙っても良いゲーミングPC構成の一つではありますが、インテル製CPUを搭載したモデルと価格差が無い場合には素直にCore i7-9700K搭載のモデル等をおすすめします。

AMD × RTX 2070搭載のおすすめのゲーミングPC

Ryzen 7 2700搭載のハイスペックモデル

ガレリア AF
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPURyzen 7 2700
グラフィックGeForce RTX2070(8GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーボードB350

ミドルタワー型のRyzen搭載がガレリアのAシリーズです。フルHD:60FPSという基準値は大抵のタイトルで超えてきます。

メモリは現状のPCゲームで推奨スペックとして16GBが指定されているので16GBにカスタマイズをおすすめします。

NEXTGEAR-MICRO am550GA3
OSWindows10 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 2700
グラフィックGeForce RTX2070(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーB350

G-TuneのNEXTGEAR-MICROはメモリの容量が16GBと多いのでメモリが16GB指定のタイトルの推奨スペックを満たす事が出来ます。メモリの容量はPCゲームの下限としては8GBで、推奨としては16GBになります。

関連記事

GeForce RTX 2070のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2070のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

Core i7-9700Kでのフレームレートの取得はこちらで計測しています。解像度を下げた時、画質設定を下げた時、CPU性能が重要なタイトルの場合には乖離が出ます。

【実機レビュー】Core i7-9700K×RTX2070搭載のNEXTGEAR【G-Tune×はじめてゲームPCコラボ】 マウスコンピューターさんからインテル第9世代CPUのCore i7-9700Kと新世代ビデオカードのGeForce RTX2070搭...

CPU性能が重量なゲームタイトルの場合、またはゲーミングモニターを使用してのプレイ環境の場合にはCore i7-9700K搭載のモデルをおすすめします。

おすすめピックアップ記事