ウルトラワイドモニターをFPSで使用するメリット・デメリット

公開日: :

Pocket

FPS系のゲームで21:9(ウルトラワイド)と16:9(フルHDや4K)で横幅が広いからFPS系のゲームをする際に有利になるのでは?と思ってウルトラワイドモニターを買おうかなと思っている人もいると思います。

管理人の個人的な意見だとあんまり関係無いのかなーという感じです。

フルHDの24インチの144Hz/240Hzが個人的には一番どんなゲームでもフレームレートが出やすくて使いやすくあらゆるゲームに対応出来るという事を考えるとおすすめです。

三人称視点の場合は有利な方もいるかも?

PUBGだと3440×1440解像度だとこんな感じです。PUBGだと三人称視点と一人称視点で切り替え出来るので三人称視点の場合は結構圧巻の広さではあります。

16:9のフルHDと比較するとこんな感じなので広さで言えば確かに広いです。3440×1440解像度で散策する場合は一画面で認識出来る情報量が多いのは確かです。

どういうプレイスタイルでゲームをするのかにもよるとは思うのでこれで判断するのは早計かもしれませんが、左右を何となく意識しつつみたいな周辺視野を取って敵を索敵していくスタイルの方であればウルトラワイドの方がいいかもしれません。

一人称視点の場合は関係無いと思う理由

FPSといえばどちらかというとこっちですよね。一人称視点で音を聞いて敵の位置を捕捉してエイムして敵を倒す。

そういう意味で言えば索敵や捕捉は耳でしてエイムして倒すのであれば視界が広くてもあまり関係無いと思います。

人によって違うとは思いますが、基本焦点しか管理人の場合は見ていないので後は周辺視野とかで対応するという感じでいつもプレイしています。

うまい人で焦点をあっちこっち動かしているという人は聞いた事が無です。基本的には焦点を見続ける事になると思うのでウルトラワイドでもフルHDでも4Kでも関係は無いと思います。

4Kの場合は高精細になる事でスペックが許せばスナイパーとかの場合はより敵を認識しやすくなるかもしれません。4Kで144Hzをプレイした事が無いので何とも言えないのですがクッキリ見えるというのは間違い無いのでいつかは4Kで144Hzや240Hzが常用の時代になるといいですね!

実際に戦争映画とかで警察のドラマとかでも銃を構えているのに焦点以外を見ているのなんて見た事が無いので基本焦点さえ見れれば画面のアスペクト比は正直関係無いと思います。

右で音したな→目で探る→焦点を向ける→打つ

右で音したな→焦点を向ける→打つ

どっちが速いかは明らかなのでFPS系のゲームの場合はアスペクト比は正直関係無いと個人的は思います。

ウルトラワイドのデメリット

スペック要求が上がるだけです。特に広いからどうとかは無いとは思います。FPS系のゲームでも焦点を見ればいいだけですし、他ゲーだと臨場感が上がった画面でゲームをプレイできるのでそこはメリットだと感じます。

ただ臨場感が強すぎて人によっては酔いが出やすいというのはデメリットだと思います。

逆に言えばFPSの場合はフルHDでもいいと思うのでフルHDの144Hz/240Hzがスペックの観点からも個人的にはやっぱりおすすめですね。

ウルトラワイドモニターでおすすめのPCゲーム5選!

ウルトラワイドでやるならこういう系のゲームが相性良いです!

ディスプレイポートが付いている144Hz!

ウルトラワイドの144Hz!

Pocket

はじめてゲームPCコラボ

セール情報

実機レビューまとめ

価格で選ぶ(デスクトップ)

価格で選ぶ(ノート)

ジャンルで選ぶ

ゲームで選ぶ

パーツの選び方

PCゲーム

🔺TOP