MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

龍が如く 極2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(Yakuza Kiwami 2)

当ページのリンクには広告が含まれています。
龍が如く 極2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(Yakuza Kiwami 2)

龍が如く2極は、龍が如く6で開発されたドラゴンエンジンが採用されており『龍が如く2』からパワーアップしています。

街の完全シームレス化、真島吾朗の新規エピソード、新・水商売アイランド、グラビア撮影スタジオなどの追加要素もあります。

スペック面に目を向けると、4解像度対応、無制限フレームレート、視野角の調整など快適にPCで楽しめる環境が整っているタイトルです。

龍が如く2をプレイした事があるという方も再び龍が如く 極2をプレイしてみるのもおすすめです。

目次

龍が如く 極2はゲームパッド推奨ゲーム

ゲームパッド推奨なのでパッドを用意しましょう。

おすすめのコントローラーはXboxワイヤレスコントローラーとワイヤレスアダプターのセットです。龍が如くシリーズを非常に快適に楽しめるのでおすすめです。

XBOX Oneコントローラーのレビュー

ウルトラワイドに対応

龍が如く極み2は横に長いウルトラワイドに対応していました。「3840×1600」解像度にも対応しています。

龍が如く6もプレイしたのですが、ウルトラワイドに対応していました。

龍が如く 極2の推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUIntel Core  i5-3470@3.2GHz
AMD Ryzen 3 1200@3.1GHz
Intel Core i7-6700@3.4GHz
AMD Ryzen 7 1700@3.7GHz
GPUGeForce GTX 660(2GB)
Radeon HD 7870(2GB)
GeForce GTX 1070(8GB)
Radeon RX Vega 56(8GB)
メモリ4GB16GB
HDD42GB
DirectXVersion 11

参考情報:Steamストアページ

  • 最低スペックの追記事項:プリセットのグラフィック設定:低(Low)で30FPS(解像度はフルHDで75%のレンダースケール)
  • 推奨スペックの追記事項:プリセットのグラフィック設定:高(High)で60FPS(フルHD)

いずれもフルHD(1920×1080ドット)での話になります。最低スペックですと低設定にして30fpsというのは快適には遠いです。

推奨スペックですとフルHDで高い描画設定にして60fpsを確保する事が出来るのでGTX1070を目処にするのが良いでしょう。

それ以上のスペックを有している場合には、フルHD以上の解像度で高い画質設定×高いフレームレートを確保する事ができる利点があります。

龍が如く 極2の画質比較

最高画質

低画質

4K解像度での最高設定と低設定の比較です。低設定は実際に見ると画質が悪いと感じる程度には落ちるので、フルHD中設定以上が楽しめる下限でしょう。

グラフィック品質設定のプリセットが用意されており、「最高」「高」「中」「低」の4つが存在します。

龍が如く 極2のメモリ

4章まで進めましたがメモリは8GBあれば十分だと思います。ただ推奨スペックとしては16GB指定されていますので何かのタイミングや環境によってメモリの消費量が増える場合があるのかもしれません。

龍が如く 極2のグラボ別fps

フルHD解像度

GPUフルHD(1920×1080)最高設定
RTX 3090
130
RTX 3080 Ti
130
RTX 3080
131
RTX 3070 Ti
130
RTX 3070
128
RTX 3060 Ti
130
RTX 3060
107
GTX 1660 SUPER
70
GTX 1650 SUPER
56

CPUはCore i9-11900K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。画質は最高画質設定、計測場所は神室町です。

  • フルHD解像度/60fpsならGTX 1660以上がおすすめです。

4K解像度

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX 3090
83
RTX 3080 Ti
84
RTX 3080
72
RTX 3070 Ti
61
RTX 3070
53
RTX 3060 Ti
46
RTX 3060
35
GTX 1660 SUPER
21
GTX 1650 SUPER
17

4K解像度(3840×2160)は負荷が非常に大きくなるので高性能なグラフィックスボードが必要です。

  • 4K解像度/60fpsならRTX 3070 Ti以上がおすすめです。

龍が如く 極2におすすめのゲーミングPC

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

「G-Tune DG-I5G6T」の実機レビュー|ホワイトケース&青色LED

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

GALLERIA RA7C-R46T

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R46T」は、GALLERIAのミドルタワー型のゲーミングPCです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

グラフィックスは、高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載で、重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。

「GALLERIA XA7C-R46T」の実機レビュー RTX4060Ti搭載

G-Tune DG-I7G70

スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G70」は、CPUに「Core i7-13700F」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070」を搭載。当サイト限定モデルでお得な価格になっています。

WQHD解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能で、タイトルによっては4K解像度でゲームも楽しめます。

「G-Tune DG-I7G70」はマウスコンピュータースタッフもおすすめする超目玉パソコンです。

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、GeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。WQHD解像度でゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適にゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

GALLERIA RA7C-R47TS

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti SUPER(16GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R47TS」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti SUPER」を採用。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、DLSS活用の4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

目次