ゲーム推奨スペック

龍が如く 極2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(Yakuza Kiwami 2)

龍が如く 極2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(Yakuza Kiwami 2)

龍が如く2極は、龍が如く6で開発されたドラゴンエンジンが採用されており『龍が如く2』からパワーアップしています。

街の完全シームレス化、真島吾朗の新規エピソード、新・水商売アイランド、グラビア撮影スタジオなどの追加要素もあります。

スペック面に目を向けると、4解像度対応、無制限フレームレート、視野角の調整など快適にPCで楽しめる環境が整っているタイトルです。

龍が如く2をプレイした事があるという方も再び龍が如く 極2をプレイしてみるのもおすすめです。

龍が如く 極2はゲームパッド推奨ゲーム

ゲームパッド推奨なのでパッドを用意しましょう。

日本マイクロソフト
¥8,778
(2021/10/23 21:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのコントローラーはXboxワイヤレスコントローラーとワイヤレスアダプターのセットです。龍が如くシリーズを非常に快適に楽しめるのでおすすめです。

 XBOX Oneコントローラーのレビュー

ウルトラワイドに対応

龍が如く極み2は横に長いウルトラワイドに対応していました。「3840×1600」解像度にも対応しています。

龍が如く6もプレイしたのですが、ウルトラワイドに対応していました。

龍が如く 極2の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUIntel Core  i5-3470@3.2GHz
AMD Ryzen 3 1200@3.1GHz
Intel Core i7-6700@3.4GHz
AMD Ryzen 7 1700@3.7GHz
GPUGeForce GTX 660(2GB)
Radeon HD 7870(2GB)
GeForce GTX 1070(8GB)
Radeon RX Vega 56(8GB)
メモリ4GB16GB
HDD42GB
DirectXVersion 11

参考情報:Steamストアページ

  • 最低スペックの追記事項:プリセットのグラフィック設定:低(Low)で30FPS(解像度はフルHDで75%のレンダースケール)
  • 推奨スペックの追記事項:プリセットのグラフィック設定:高(High)で60FPS(フルHD)

いずれもフルHD(1920×1080ドット)での話になります。最低スペックですと低設定にして30fpsというのは快適には遠いです。

推奨スペックですとフルHDで高い描画設定にして60fpsを確保する事が出来るのでGTX1070を目処にするのが良いでしょう。

それ以上のスペックを有している場合には、フルHD以上の解像度で高い画質設定×高いフレームレートを確保する事ができる利点があります。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

龍が如く 極2の画質比較

4K解像度での最高設定と低設定の比較です。フルHDの低設定はかなり酷い画質になっているのでフルHD中設定以上が楽しめる下限でしょう。

グラフィック品質設定のプリセットが用意されており、「最高」「高」「中」「低」の4つが存在します。

龍が如く 極2のメモリ

4章まで進めましたがメモリは8GBあれば十分だと思います。ただ推奨スペックとしては16GB指定されていますので何かのタイミングや環境によってメモリの消費量が増える場合があるのかもしれません。

龍が如く 極2のグラボ別fps

フルHD解像度

GPUフルHD(1920×1080)最高設定
RTX3090
130
RTX3080Ti
130
RTX3080
131
RTX3070Ti
130
RTX3070
128
RTX3060Ti
130
RTX3060
107
GTX1660 SUPER
70
GTX1650 SUPER
56

CPUはCore i9-11900K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。画質は最高画質設定、計測場所は神室町です。

  • フルHD解像度/60fpsならGTX1660以上がおすすめです。

4K解像度

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX3090
83
RTX3080Ti
84
RTX3080
72
RTX3070Ti
61
RTX3070
53
RTX3060Ti
46
RTX3060
35
GTX1660 SUPER
21
GTX1650 SUPER
17

4K解像度(3840×2160)は負荷が非常に大きくなるので高性能なグラフィックスボードが必要です。

  • 4K解像度/60fpsならRTX3070Ti以上がおすすめです。

龍が如く 極2におすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5R-R36

GALLERIA RM5R-R36
ガレリアミニタワーCPURyzen 5 3600
グラフィックRTX3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

AMD Ryzen 5 3600と最新のグラフィックスボードのRTX3060を搭載したモデルです。コストパフォーマンスが良いモデルなのでおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune HM-B-AF

G-Tune HM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700F
グラフィックRTX3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-AF」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデル。RTX3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

G-Tune HM-B-3060Ti-AF

G-Tune HM-B-3060Ti-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700F
グラフィックRTX 3060Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3060Tiを搭載したモデルです。高画質で遊びたい方にもおすすめです。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

G-Tune EP-Z

G-Tune EP-Z
G-TuneフルタワーCPUCore i9-11900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune EP-Zはフラッグシップのフルタワーです。筐体の質感や冷却性能が良いモデルです。最上級の高級感を求めたい方におすすめです。4K解像度で楽しめるゲーミングPCです。

おすすめピックアップ記事