ガレリア(ドスパラ)vs G-tune(マウスコンピューター)徹底比較

公開日: : 最終更新日:2018/04/24

Pocket

ゲーミングPCのBTOショップとして2大勢力のドスパラのガレリアとマウスコンピューターのG-tuneを比較していきます。

ガレリア(ドスパラ)

SnapCrab_NoName_2015-8-17_12-21-28_No-00_081715_122709_PM_R

ドスパラの最大の特徴はゲーミングPCのジャンルとしては認知度と人気度がトップクラスという事がまずあげられると思います。とりあえずゲーミングPC買うならドスパラという人も多いかと思います。

配送が他のゲーミングPCのBTOと比較すると段違いに速いというのもユーザーの不安を取り除く要素かと思います。

そしてゲーム推奨PCと呼ばれるゲームに最適化したパソコンの数も他のBTOショップと比較すると段違いに多いというのもポイントになります。

配送

最短翌日出荷なので2日程度で着く事も普通にあります。管理人が注文した時も2日で届きました。

保証

■3年延長保証 PC本体価格 99,800円以下 保証料 9,980円(+税)
99,801円以上 PC価格の10%

3年間の延長保証を付ける場合は99,801円以上だとPC価格の10%となっている点には注意です。高額なパソコンを購入した場合は保証の金額も高額になります。

例として50万円のパソコンを購入した場合は5万円の保証料金になるのでかなり注意が必要です。ただ、一般的に購入金額として多い15万円前後の3年保証としての価格なら15,000円程度ですので保証金額としては妥当です。

ゲーム推奨PCの数

ダントツです。他のゲームPCのBTOも調べあげた事がありますが、ダントツでゲーム数の数がありました。なので自分がプレイしたいゲームやプレイしたけどスペックが足りないという場合はゲームから探してみるというのがおすすめです。

G-tune(マウスコンピューター)

SnapCrab_NoName_2015-8-17_16-33-5_No-00_081715_043351_PM_R

G-tuneの特徴としてまずあげられるのがそのコスパです。特に低価格帯のゲーミングPCにおいては他の追随を許さない勢いでシェアを獲得しています。7万円台でゲーミングPCが買えるという今までのゲーミングPCの高いというイメージを払拭した企業努力を感じます。

さらに人に注目して人気のゲーム実況の方とコラボしたり、e-sportsに力を入れたりとコンセプトモデルにも注力していて自分に合ったゲーミングPCを選択しやすいという特徴もあります。

マウスコンピューターはCMでもよく見かけると思いますが、MCJグループのリーダー的存在でパソコン工房などもグループ企業に入っている国内最大手のBTOメーカーです。つまりみんな買っている=安心という見方も出来ると思います。ドスパラと比較した場合は規模はドスパラよりも大きいです。

サポートも非常に充実しており、24時間365日の電話サポートなど、さすが大手というサービスを展開しています。ここはドスパラより数段上だと思います。

追記:2018/04最近では高価格帯の商品も人気です!品質の高さやサポート、外観デザインの秀逸さに惹かれる方が多いからだと思います。

配送

出荷まで最短で3営業日なので5日~1週間程度は見ておいた方がいいです。しかし、有料オプションで翌日出荷サービスを利用する事で配送を早める事は可能です。

保証

センドバック修理
お客様より直接、製品を弊社サポートセンターまで送付いただきます。
(片道送料お客様ご負担。着払いは不可)
弊社にて修理実施後、製品を宅配便にてご返却いたします。

3年間:7,000円(税別)

ピックアップ修理
運送業者がパソコン設置場所にお伺いし、製品をお預かりして弊社サポートセンターへ回収します。
(送料弊社負担)
弊社にて修理実施後、製品を宅配便にてご返却いたします。

3年間:10,000円(税別)

オンサイト修理
技術者がパソコン設置場所にご訪問して、不具合のある部品を交換いたします。
出張費、交換費は保守料金に含まれます。

3年間:15,000円(税別)

保証に関してはマウスコンピューターの価格が安いというのがここでも発揮されているという印象です。センドバック修理に関してはかなり格安です。G-tuneのゲーミングPCを購入するのなら保証で迷った方は是非加入しましょう。

ゲーム推奨PCの数

ドスパラには負けますが、他のBTOショップと比較すると多いです。そして冒頭でもお話したようにコンセプトモデルが充実しているので様々な角度からゲーミングPCを選択出来ます。

類似性能の製品比較

価格やパーツ構成は記事執筆時(2015/11/16)のものになります。

ガレリアXF

ガレリア XF
kt_410 CPU Intel Core i7-6700
GPU NVIDIA GeForce GTX970 4GB
メモリ 8GB
HDD 128GB SSD+2TB HDD
電源 500W
価格 154,980 円

NEXTGEAR i650GA2

NEXTGEAR i650GA2
SnapCrab_NoName_2015-11-16_11-24-32_No-00 CPU Intel Core i7-6700K
GPU NVIDIA GeForce GTX970 4GB
メモリ 16GB
HDD 2TBHDD
電源 700W
価格 154,980 円

マザーボードが両方ATX規格で拡張性に優れており、後で後悔しないゲーミングPCとしておすすめな両者を比較してみます。人気度もドスパラの中ではXシリーズは常に上位にランクインしています。NEXTGEARシリーズもG-Tuneの中で一番人気です。

この2つの製品を比較するとCPUとメモリと電源とストレージがまずパッと見て違うという事に気付くと思います。価格だけを考えた場合はG-tuneのNEXTGEARが一歩リードという事になります。

冷却性能比較(2018/04)

ガレリアZG

(Core i7-8700K、GTX 1080)

NEXTGEAR

(Core i7-8700K、GTX 1080)

最近の検証結果だと実施時期が1ヶ月ずれているので確定では無いのであくまでも参考程度にして頂きたいのですが、分かりづらいという方にデータを用意しました。

直近のデータでは冷却性能では若干NEXTGEARの方が優れています。

静音性比較(2018/04)

ガレリアZG

アイドル時 高負荷時(3DMARK 実行時)
46.6db 48.2db

NEXTGEAR

アイドル時 高負荷時(3DMARK 実行時)
46.8db 49.7db

静音性比較では無響室で計測している訳でなく一般的な家庭で計測しているものなので参考程度にして頂きたいのですが、体感ではガレリアの方が静かだと思います。

今回の例だとガレリアはZシリーズなのでCPUクーラーが付いていますが、NEXTGEARの場合はリテールです。そこの違いも大きいと思います。

NEXTGEARでもCPUクーラーのカスタマイズには対応しているのでカスタマイズを推奨です。

後ケースの内部のHDDベイに関してはガレリアのケースの方が1台多くストレージを積むことが出来ます。

まとめ

基本的に人気1、2を争う大人気のゲーミングPCのBTOメーカーなのでどちらを選んでも失敗するという事はありません。

スペックや価格に関してもどちらもコストパフォーマンスが高く細かな違いがあるだけなので自分の欲しいスペック選びを間違えなければ後悔する事も無いです。

今回計測したデータに関してはあくまでも参考程度にして下さい。NEXTGEAR-MICROも非常に優れているケースですし、MASTERPIECEは管理人が一番おすすめ出来るPCケースです。(ストレージベイ、価格、大きさで問題無いのであればという前提条件は付きます)

ガレリアの場合はカスタマイズが豊富なのでカスタマイズしたいという場合にはガレリア、サポートで考えるならG-Tuneという言い方も出来ます。

Pocket

🔺TOP