一人暮らしにおすすめのゲーミングPC

公開日: : 最終更新日:2018/04/10

Pocket

これから一人暮らしを始めるという方でパソコンの買い方に悩んでいるという方に向けて東京と大阪と地方で一人暮らしをした経験からどんなパソコンを買えばいいのかという点について書いていきます。

都会は家賃が高すぎるから必然的に部屋が狭い問題

一人暮らしをするという方の多くは上京して都会でマンションやアパートなどを借りたりすると思いますが、よほど年収が高い職に就いていない限りは固定費になるので出来るだけ抑えて借りるという方が多いと思います。

ただ都心だと抑えようと思っても限界があり、一例を上げると東京に住んでいた時は友達と折半して月15万の2LDKのマンションを借りていましたが一人7.5万円でした。大阪では1Kの一人暮らしで7.5万円でした。都心部に住まなければもっと安い所もあるとは思いますが、オートロックだったり、綺麗めな内装だったりを選んだりしているとそのくらいの家賃にはなると思います。

ちなみに地方で一人暮らしした時は2LDKで6.5万円でした。周りに何も無く買い物行くのに車が必要なので別の出費がかかったので地方は地方で別の大変さがあります。

少し話しがそれてしまいましたが、とにかく都会は家賃が高いという事です。つまり部屋が狭くなるので1Rとか1Kとかで一人暮らしする方はパソコン選びを失敗すると後悔するかもしれません。

テレビを置くのか置かないのかで選び方に差が出る

例えば1Kの新築系のマンションで多い横長タイプの25m2~30m2辺りの所に住むと仮定すると経験上ベッドとテレビと食事用のテーブルを置いたら結構ギリギリになると思います。

そこにPCデスクとPCチェアを置くスペースは部屋のレイアウト的におそらくギリギリかベッドの関係上ドアに当たるとかで置けないかもしれません。ベッドでは無く布団で毎回畳んで収納するのであればおそらく置けるとは思います。

つまりデスクトップPCを購入する場合には置き場所的な問題が発生するという事になります。その場合TVがあるのであればTV(TVにDVI端子やDisplayPort端子は大抵付いていない)とHDMIで接続してTVでパソコンを使うという選択肢を考慮する必要があります。

(画像は49インチの4KTV)

その場合TVの選び方を慎重に考える必要が出てきます。作業メインなのかゲームメインなのかによって大きく選び方が違ってくると思いますし、最近のTVだと4Kが多い傾向にあると思うので4Kにするのかしないのかとか、4Kにすると画面サイズが物理的に40インチ~50インチ程度が必要になるので今度は部屋に置けない問題とか大きすぎて近すぎ問題とかいろいろ出てくると思います。

逆にTVを置かない、TVは見ないという方も最近では多い傾向にあると思うのでその場合はTVのスペースが無いので逆にPCデスクとPCチェアを置くスペースは環境にもよりますが確保出来るのでは無いかと思います。

ノートPCだと全てがまるっと解決するがデメリット部分もあり

Alienware 15 R3の実機レビューより)

一般的に言われるゲーミングノートPCのデメリットというと以下になります。普通のノートPCに比べるとACアダプターの大きさやGPU性能が通常のノートPCとは雲泥の差なので排熱関係の問題などが仕様上出てしまうのは致し方無い事ですが、デメリットと感じる方もいると思います。

  • デスクトップPCに比べて性能比で価格が高い
  • 筐体が小さいの排熱の関係等で騒音性が高い
  • 筐体が小さいので熱を持ちやすい&本体と一体になっているので直接本人が体感しやすい
  • 本体とは別に充電する際に必要なACアダプターが大きい(ゲーミングノートPCの場合はゲームをする場合はほぼACアダプターに常時接続が必須)
  • デスクトップPCに比べて拡張性が低い
  • 壊れた場合に修理費が高く付く可能性がある

何台もゲーミングノートPCに関しては実機レビューをしてきているのでデメリット部分がある事は把握していますが、逆にメリットも大きいとも感じています。

  • 外部ディスプレイ無しで単体で動作する事
  • 外部ディスプレイやTVなどに接続可能な事
  • 可搬性が高く持ち出し可能な事(自宅内でも外でも効果大)

PCゲームをプレイしたいけれどデスクトップPCの置き場所が無いという方にとって文字通り救世主的な存在がゲーミングノートPCになります。

日本の住環境を考えるとやっぱりゲーミングノートPCしか置けないよねとなる人も多いと思うのでデメリット部分をしっかりと認識していればゲーミングノートPCは最良の選択肢になると思います。

小型のゲーミングPCも続々登場

デスクトップのゲーミングPC=ミドルタワー以上の大きい製品ばかりだと思っている方は認識を変える必要があるかもしれません。最近では超小型のゲーミングPCが発売されています。例えばこちらのゲーミングPCはペットボトル2本分の大きさしかありません。

横幅が短いタイプのPCデスクの上に設置したとしても圧迫感が無くこれならデスクトップPCでも置けるかなというサイズになっています。ここまで小さいのはあまり選択肢が無いですが、ミニタワー型やキューブ型などミドルタワー以下の小型のゲーミングPCは結構あるので環境に合わせて選択出来ます。

一人暮らしの方におすすめのゲーミングPCはこちら

超小型のデスクトップPCのおすすめ

ガレリア mini 1060
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-7700
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 250GB
重量 約2.1kg

ノートPCのデメリット部分を無くした製品と言っても過言では無いです。特に騒音性という部分ではケースファンが無いのでCPUファンとGPUファンのみで冷却しています。つまりそれだけファンの数が少ないので静音性が高いという事が言えます。

熱問題も本体と分離しているデスクトップPCなので基本的には問題無いです。逆にノートPCの単体で動作可能&可搬性という部分のメリットも無いのであくまで自宅内でのみPCゲームをプレイしたいという方で部屋の狭さで悩んでいるという方におすすめな商品になります。

部屋が狭い悩みの救世主!ゲーミングノートPCのおすすめ

NEXTGEAR-NOTE i5550GA1
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-7700HQ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 240GB+HDD 1TB
液晶 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)

15.6インチのサイズはPCゲームをプレイするのに最適なサイズです。単体でもプレイしていて不便は無く、外部ディスプレイに接続しても良しです。

NEXTGEAR-NOTE i4400GA2
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-7700HQ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB+HDD 1TB
液晶 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)

15.6インチだと少し大きいという方におすすめなのが14インチです。GPUがGTX1050Tiなので価格も安くなっているので予算的な関係で考えるのならこちらもおすすめになります。

レビュー記事ではGA1になっていますが、現在は発売されていません。後継のGA2との違いはメモリの容量等の軽微な差異になるのでそこの違いがある程度の認識で読んで頂ければと思います。カスタマイズで16GBにする事ももちろん可能です。

Alienware 13 OLED VR
OS Windows10 64bit
CPU Core i7-7700HQ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(4GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 180GB+SSD 180GB
液晶 13.3インチ FHD (1920 x 1080) IPS アンチグレア

PCゲーマーお馴染みのALIENWAREのゲーミングノートPCの中でも13インチを搭載したモデルです。体感でもこれなら持ち運び可能だと思えるサイズ感なので持ち出しを考えている方におすすめになります。

Pocket

🔺TOP