ゲーム推奨スペック

シェンムー3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

シェンムーシリーズの3作目『シェンムー3』の推奨スペック情報とおすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

推奨スペックですとGTX1070となっており、かなり高スペックなゲーミングPCが必要に見えるけどどうなのか?という点を実際にゲームを動作させて確認したのでシェンムー3のスペックが気になる方はチェックしてみて下さい。

シェンムー3の販売サイト

Epic Gamesストアで購入出来ます。Epic Gamesストア販売は「1年間の時限独占」のようです。

シェンムー3をプレイした感想

ゲームテンポとしてはスローなので最新ゲームに慣れ親しんだ方の場合には合う合わないはあるでしょう。

基本的にはシリーズファン向けです。システムとしては昔のゲームの印象を受けるので耐性のある方にはおすすめです。

ただ、親切になっている所はなっているのである程度はサクサク進める事が可能です。寄り道も挟みつつストーリーが気になるのでつい進めてしまう魅力があります。

シェンムー3の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7、Windows 8、Windows 10(64ビットのみ)Windows 10(64ビットのみ)
CPUIntel i5-4460(3.4GHz)以上Intel i7-7700(3.6GHz)
GPUNVIDIA GeForce GTX 650Ti 以上
(DirectX 11対応のカードとVRAM 2GBが必要)
NVIDIA GeForce GTX 1070
メモリ4GB16GB
ストレージ100GB

参考情報:ストアページの動作環境

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードが必要になる場合もあるでしょう。

メモリに関しては推奨で16GB必要と出ているので16GB搭載機をカスタマイズするか最初から16GB搭載されているモデルを選びましょう。

また、シェンムー3はコントローラー推奨ゲームなのでコントローラーを用意しましょう。

Xbox Oneのコントローラーがおすすめです。

日本マイクロソフト
¥2,264
(2020/11/30 21:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて電池交換の手間から開放されるXbox One プレイ&チャージ キットもおすすめです。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

シェンムー3の解像度について

4Kについて

ネイティブで対応しています。

ウルトラワイドに対応している?

確認しましたがウルトラワイドには対応していないです。横に黒い帯が出てしまいます。

シェンムー3のセーブデータについて

セーブデータはクラウド同期されていないと思います。別のPCでプレイする場合にはセーブデータを移行する必要があるでしょう。セーブデータの格納場所は以下の場所から参照する事ができます。

『C:\Users\ここは自分の任意の名前\AppData\Local\Shenmue3\Saved\SaveGames』に格納されています。ですのでSavedをコピーして別PCに張り付ける事でセーブデータを移行する事が可能です。

60FPSに固定する方法

シェンムー3は60FPSに固定する事が設定からできなかったので60FPSに固定する方法も記載しておきます。60FPSに限らず30FPSでも固定可能です。

RuvaTuner Statistics Serverのダウンロードはこちら

こちらのソフトをダウンロードしてフレームリミットという数値を60に変更すると60FPSでプレイ可能です。これは大抵のゲームで有効な方法になります。

シェンムー3の設定別画質比較

左が最高で右が最低になります。画質設定が高いと草の物理的な量感や影、ジャギーが目立たないなどの効果が確認出来ます。

輪郭や髪を見ていただけると画質設定が高いとギザギザ、ジャギジャギしていないのが分かるかと思います。画質設定は細かく調整する事は出来ませんが、プリセットが用意されており、『VeryHigh』『High』『Middle』『Low』が用意されています。

今回は最高画質設定の『VeryHigh』と最低画質設定の『Low』で比較しましたが、中間設定にするとフレームレートとのバランスが取れるのでスペック的に厳しい場合には画質調整をおすすめします。

グラボ別ベンチマーク比較

最高設定(VeryHigh)のフレームレート比較

GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX2070 SUPER65 FPS105 FPS110 FPS
RTX2060 SUPER48 FPS92 FPS106 FPS
GTX1660Ti38 FPS74 FPS105 FPS
GTX165021 FPS43 FPS65 FPS

ドライバー:GEFORCE GAME READY DRIVER 441.20、CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GB

序盤の白鹿村よりもフレームレートは低下していたので検証場所は中盤の舞台となる鳥舞で行いました。RTX2070 SUPER以上はオーバースペックなので検証を終えています。

4Kでも設定を調整すれば60FPS近く出るのでRTX2060 SUPER辺りもおすすめです。フルHD、WQHDに関しては高フレームレートが出ているのはCPUの影響も大きそうです。

下限調査に使用していたGTX660が故障したので今回は検証出来ませんでしたが、GTX1650辺りでも良さそうです。

GTX1650に関しては検証カードを購入する予定なので購入したら追加予定です。→購入しました。検証結果追記済みです。

-RTX2060 Super-

GTX1650でもGOサインを出した理由としてはフルHDでRTX2060 Super検証時にVRAM 3.3GB程度でしたので4GBのGTX1650でも対応可能だと思いました。

実際に確認した所フルHDならGTX1650でも快適に動作していました。もっと余裕を持つならVRAM 6GBのビデオカードがおすすめではあります。メモリに関しては推奨スペックの記載の通りに16GB推奨です。

おすすめのゲーミングPC

定番人気ゲーミングPC

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

お得な当サイト限定モデル

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX2060 SUPER搭載モデル。RTX2060 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

GeForce RTX 2060 SUPERのベンチマーク RTX2060 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 計測し...
おすすめピックアップ記事