ゲーム推奨スペック

GTA5の推奨スペックとおすすめPC

GTA5(Grand Theft Auto V)の推奨スペック情報とおすすめPCについて書いています。

GTA5の必要スペックと推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8.1 (64ビット)、Windows 8 (64ビット)、Windows 7 (64ビット) Service Pack 1
CPUIntel Core 2 Quad CPU Q6600 2.40GHz (4 CPU) / AMD Phenom 9850 Quad-Core Processor 2.5GHz (4 CPU)Intel Core i5 3470 3.2GHZ (4 CPU) / AMD X8 FX-8350 4GHZ (8 CPU)
GPUNVIDIA 9800 GT 1GB / AMD HD 4870 1GB (DX 10、DX 10.1、DX 11)NVIDIA GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリ4GB8GB
ストレージ72 GB

参考情報:Steam

Windows10でもプレイ可能です、公式だとGTX660が推奨スペックとして記載されています。現在では最新世代のグラフィックボードが発売されています。最新世代のグラフィックボードが搭載されたPCならサクサク動きます。

GTA5のベンチマーク

4K

WQHD

FHD

クリックで拡大します。PCゲームでは60fpsで動作するという事が快適に動く指標となっています。上記の表で60の線より右にあるスコアが出ているグラフィックカード搭載機であれば快適にGTAVが動作する指標となります。グラフィック設定は最高画質相当に手動で設定しています。

4K解像度で快適な動作を期待したい方におすすめはRTX2080Tiです。

フルHD解像度で快適な動作を期待したい方におすすめはGTX1660以上のGPUです。

計測は以前実機レビューで取得した数値やベンチマークの数値+新規にGTX1660 SUPERとGTX1650 SUPERで取得。

GTA5におすすめのゲーミングPC

フルHD高画質で快適に楽しめるスペック

G-Tune PM-B-AF
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD 2TB HDD
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ガレリア XA7C-G60S
CPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

GTA5のMODを楽しめるスペック

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

GTA5を高画質×4K解像度で楽しめる

ガレリア ZA9C-R80T
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

G-Tune HP-Z
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースフルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

まとめ

ゲームにおいて最も重要なグラフィックボードの性能目安です。数値は製品によって誤差があるので参考程度に見てみて下さい。

GTA5の推奨としては現行のミドルクラスのモデルであれば高画質で快適に動作します。

MODを入れて快適にとなるとビデオメモリの容量が多い方が好適なのでアッパーミドルクラスがおすすめです。

4K解像度で楽しみたい方はハイエンドクラスがおすすめです。

スカイリムの推奨スペック!MOD+ENBを入れても快適に動くおすすめのゲーミングPC Oblivion、Fallout3、Fallout: New Vegasといったタイトルが話題になり、家庭用ゲーム機でベゼスタの新作...
おすすめピックアップ記事