初心者向けのゲーミングPCの選び方

自分のパソコン(PC)のスペックを調べる方法

自分のパソコンやゲーミングPCのスペックを忘れてしまったという場合や、そもそもスペックがよく分からないという方に簡単にスペックを把握する方法についてまとめます。

基本的には外部ツールを使った方が分かりやすいですが、何もインストールしなくても把握する方法もあるので用途に応じて確認してみて下さい。

パソコンのスペックはどれを把握すればいいの?

パソコンのパーツはCPU、GPU、メモリ、マザーボード、電源、ストレージ(NVMe SSD、SSD、HDD)で構成されています。

CPU

CPUは型番を調べる事で性能や世代を把握する事が出来ます。

ゲーミングPCのCPUの選び方 CPUはPCの中でもゲームの快適性に直結するパーツです。 その他にも様々な処理に関してCPUの処理能力が高いと作業が快適に行えます...

GPU

グラフィックボードやグラフィックカード、またはビデオカードなどと呼ばれるグラフィックの能力を上げるパーツです。ゲームには必須になります。

ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方 グラフィックボードはゲームPCを選ぶ際には最重要パーツです。 グラフィックボードにはNVIDIA社の『GeForce』とAMD社の...

メモリ

メモリは容量が少ないとカクく要因になります。または不足するとクラッシュしたりゲームが落ちたりする場合もあります。

ゲーミングPCのメモリの選び方 メモリは少なすぎるとカクツキに直結します。なので多ければ良いのですがあまり多すぎてもコスパが悪いです。 ゲームだけではなくて自分が...

スペックというとゲームにおいてはこの3つが重要になります。

一発で全て把握できるツール「Speccy」

電源以外はほぼ全てスペックを把握する事ができるツールが「Speccy」です。個別の項目をクリックするとより詳細なハードウェア情報を確認する事ができるのでスペックをサクッと確認したい場合にはこちらをインストールするのが手っ取り早いです。

「Speccy」詳細なハードウェア情報を手軽に確認できるソフト – 窓の杜

電源容量に関しては把握出来ないのでパソコンのサイドカバーを外して、電源ユニットに記載されている場合もありますが、書いていない場合もあるので購入する際に確認しておくのがいいでしょう。

OS&グラフィックボード&メモリ

パソコンの中にあるツールでスペックは把握する事が可能です。Windows10なら「設定」→「システム」→「バージョン情報」→「デバイスの仕様」で確認可能です。以下ではdxdiagでの見方について解説しています。

システムにWindowsのバージョン情報やプロセッサ(CPU)の情報、ディスプレイという項目にグラフィックボードとメモリの容量が記載されています。

WindowsXP

左下のあるスタート→「ファイル名を指定して実行」→「dxdiag」と入力して「Enterキー」→「DirectX 診断ツール」→「システム」でOSなど、タブを「ディスプレイ」に切り替えるとグラフィックボードを確認出来ます。

Windowsvista

左下のあるWindowsのロゴマーク→「ファイル名を指定して実行」→「dxdiag」と入力して「Enterキー」→「DirectX 診断ツール」→「システム」でOSなど、タブを「ディスプレイ」に切り替えるとグラフィックボードを確認出来ます。

Windows7

右上にあるWindowsのロゴマーク→「ファイル名を指定して実行」→「dxdiag」と入力して「Enterキー」→「DirectX 診断ツール」→「システム」でOSなど、タブを「ディスプレイ」に切り替えるとグラフィックボードを確認出来ます。

Windows8/Windows10

「Windowsキー」+「X」を押す→「ファイル名を指定して実行」を押す→「dxdiag」と入力してOK→「システム」でOSなど、タブを「ディスプレイ」に切り替えるとグラフィックボードやメモリを確認出来ます。

※Windowsキーはロゴみたいなマーク

Mac

左上のリンゴマークをクリックして『この Mac について』を開きます。下部に「詳しい情報」をあるのでクリックすると、プロセッサ、メモリ、グラフィックス、シリアル番号などが表示されます。

ストレージ(SSD / HDD)

ストレージはエクスプローラーから把握する事が出来ます。エクスプローラーはタスクバーから起動する事が出来ます。

CPU&メモリ

CPUとメモリに関してはコントロールパネルのシステムからも参照する事が可能です。

3DMARK

ゲーム性能を見る場合に用いられるベンチマークソフトの3DMARKではGPU(グラフィックカード、グラフィックボード、ビデオカード)とCPUが表示されます。SystemInformationという項目に記載されています。この場合にはGPUがRTX2080Ti、CPUがCore i9-9900Kというのが分かるかと思います。

ゲーミングPCを購入した場合にはスペックを把握する上でもFireStrikeは回して以前のPCとの性能差を確認したりしてニヤニヤする事もできるのでいずれにしろ導入をおすすめします。基本的なゲーム性能に関してはCPUとGPUをチェックしておけばOKです。

ゲームのベンチマークでもCPUとGPUは把握可能

FF15、FF14、PSO2に関してはCPUとGPUが表示されます。左下に表示が出ます。

まとめ

SpeccyやHWMonitorといったソフトでスペックの把握は簡単に行なえます。dxdiagやコントロールパネルなどでも確認する事ができます。

ゲームであればグラフィックボードが搭載しているのかいないのかで大幅にゲームの性能が変わるので、それが搭載されているかどうか、そのスペックはどの程度なのかを把握したい場合にはベンチマークソフトを使いグラフィックボードの性能を調べる方法で書いているのでチェックしてみて下さい。

ゲーミングPCレビューで最新のゲーミングPCのレビューも行っているので自分の持っているPCとスコアの比較をしたりして性能をチェックしてみるのも良いでしょう。

おすすめピックアップ記事