ゲーム推奨スペック

Winning Post 9 2021の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Winning Post 9 2021の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Winning Post 9 2021は競馬世界に生きる馬や人々とのドラマを体験する「本格派競馬シミュレーションゲーム」です。

最新作の『Winning Post 9 2021』では、「開始年シナリオ」をシリーズ初搭載。Winning Post 9 2021の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCについてまとめています。

Winning Post 9 2021の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8.1/10 日本語版 64ビット
CPUIntel Core i3-4170 以上
GPUNVIDIA 「GeForce GTX550Ti」 VRAM1GB 以上
AMD 「Radeon HD7750」 VRAM1GB 以上
メモリ2GB以上4GB以上
ストレージ空き容量 10GB以上
解像度1280 x 720ピクセル以上
  • Windows10/8.1の32bit版には非対応。
  • Boot CampなどMacintoshで起動しているWindows・エミュレーションソフト・仮想ドライブ・SCSIドライブでは正常に動作しません。
  • 必要メモリ容量、ハードディスク容量、VRAM容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。

参考情報:Winning Post 9 2021製品情報

他にも注意点などの記載がありますので公式サイトの情報を一度ご確認頂ければと思います。

Winning Post 9 2021の解像度について

Winning Post 9 2021の解像度

解像度は4K画質(3840×2160)、WQHD画質(2560×1440)、フルHD画質(1920×1080)、HD画質(1280×720)に対応。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

Winning Post 9 2021の製品版で動作確認

GPU4K(3840×2160)
GTX1660 SUPER
58 FPS
GTX1650 SUPER
41 FPS
GPUFHD(1920×1080)
GTX1660 SUPER
60 FPS
GTX1650 SUPER
60 FPS

CPU:Core i7-11700K、メモリ:32GBでチェック

私物のビデオカードで動作確認を行いました。設定はフルスクリーンで、グラフィックオプション(描画設定)は以下の3つです。

  • レースオプションをつける
  • 影を表示する
  • スポットライトを使用する

いずれもオンにして計測を行いました。

GTX1650 SUPERの4K解像度でチェック

4K解像度、GTX1650 SUPER

GTX1650 SUPERの4K解像度でチェックした際には40fps程度になっていましたが、シミュレーションゲームなので動作には全く問題無いでしょう。

レース中には30fps固定

4K解像度、GTX1650 SUPER

レース中には30fps固定になります。GTX1650 SUPERでも4K解像度で30fps出ていました。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-13400F
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」は、ミニタワー型なのでサイズはミドルタワー型と比べるとコンパクトなサイズ感です。

GALLERIAのゲーミングPCは使い勝手が良いです。デスクの上下左右どこに置いた時でも使いやすいように前面上部に斜めのコンソールパネルが採用されています。

処理性能では、2023年に登場したインテル第13世代「Core i5-13400F」を搭載。最新CPUが搭載されているので処理性能が高くコストパフォーマンスに優れるCPUです。

グラフィックスは「GTX 1660 SUPER」搭載。Winning Post 9を十分快適に楽しめます。

「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」は、G-Tuneのミニタワー型のモデルです。GALLERIAのミニタワー型と比較するとさらにコンパクトなサイズ感です。前面上部に斜めのコンソールパネルが採用されており、使い勝手の良い筐体です。

CPUはインテル第12世代「Core i7-12700F」が搭載。ゲームを楽しむのには十分な性能を持っています。

当サイト限定モデルとなっているので、通常はカスタマイズ対応の「Cooler Master Hyper 212 EVO」が標準搭載しています。

グラフィックスは「RTX 3060 Ti」が搭載。コストパフォーマンスの高さで人気のグラフィックスボードです。最新の3Dゲームを快適にプレイ出来るゲーミングPCです。

おすすめのゲーミングノートPC

おすすめのゲーミングノートPC

Winning Post 9におすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA XL7C-R36H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶16.0型 WUXGA
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7C-R36H」は、インテル第12世代「Core i7-12700H」&「RTX 3060」を搭載しており高い処理性能を持ったノートPCです。

筐体は耐久性の高いアルミボディを採用し、エッジにはダイヤモンドカットが装飾されています。シンプルで洗練された、スタイリッシュな筐体を求める方におすすめの外観デザインです。

液晶には165Hzの高リフレッシュレートを採用。高フレームレートで快適にWinning Post 9が遊べます。

三國志14の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 歴史シミュレーションゲームの金字塔「三國志」シリーズの最新作が三國志14です。 勢力の変化を視覚的により分かりやすくする新システム...
信長の野望・大志の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 信長の野望・大志は戦国時代の大名となって天下統一を目指すシリーズ15作目の歴史シュミレーションゲームの長寿シリーズです。今作では武将...
おすすめピックアップ記事