MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

クライシスコアの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC【CCFF7リユニオン】

当ページのリンクには広告が含まれています。
クライシスコアの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオンは、2007年に発売されたFF7の前日譚を描いたPSP専用ソフト「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-」のリマスター版です。

クライシスコアの必要/推奨スペックと、おすすめのゲーミングPC情報についてまとめています。

実機でフレームレートを計測してどの程度のスペックがあれば快適にクライシスコアが快適にプレイ可能か、各解像度でどの程度の性能が必要?という点もチェックしているので合わせて参考にしてみて下さい。

目次

クライシスコア(CCFF7リユニオン)の特徴

  • 全グラフィックのHD化
  • キャラクター、背景、UIなど全3Dモデルを一新
  • バトルシステム改良による快適性の大幅向上
  • フルボイス対応
  • 一部楽曲のアレンジ
  • 4K解像度/120FPS対応

CCFF7リユニオンは、キャラクターのグラフィックスや背景などの全グラフィックを一新しています。

HD化PSP
HD化PSP
HD化とPSP画質の比較

バトルシステムはコマンドバトルをベースにアクション性が高く、スピード感溢れるバトルへと進化しています。

また、「デジタルマインドウェーブ」と呼ばれるバトル中にスロットのリールが自動的に回転して、揃った絵柄や数字によって様々な効果が得られるオリジナルのバトルシステムも採用。

召喚獣

絵柄が揃うとリミット技や召喚獣のリミット技を繰り出す事も可能です。グラフィックだけでなく様々な点で追加要素があります。

各種ゲーム機の解像度とフレームレートの比較

スクロールできます
プラットフォーム解像度FPS
PCディスプレイ依存30 / 60 / 120
PS5 / Xbox Series X3840 x 216060
PS4 Pro / Xbox One X3840 x 216030
PS4 / Xbox Series S / Xbox One S / Xbox One1920 x 108030
Nintendo Switch TV / 携帯モード1280 x 72030
各種ゲーム機の解像度とフレームレートの比較表

クライシスコアの各種ゲーム機の解像度とフレームレートの比較表になります。

画面解像度によってゲームに求められる処理能力は異なってきます。4K解像度だと高精細な映像でクライシスコアを楽しめます。

PCの場合にはディスプレイ依存なので、ご自身が使用しているモニターに合わせて解像度を選択する事が可能です。

フレームレートは選択可能

フレームレートは選択可能。最大120fpsで楽しめます。

FPSは動画やゲームにおける1秒あたりのフレーム数の事です。この数値が高ければ高いほど滑らかな描画になります。滑らかな描画でゲームを楽しみたい方は60fps以上がおすすめです。

あわせて読みたい
4K解像度におすすめのゲーミングPC 4K解像度は、4K画質の美しいグラフィックスの高解像度でゲーム体験が出来るのが特徴的です。ゲームに「美麗グラフィックス」を求める方は、4K解像度がおすすめです。 PC...

必要と推奨スペック

スクロールできます
必要推奨
OSWindows 10 / 11(64ビット)
CPUCore i3-3210
A8-7600
Core i5-6500
Ryzen 3 1200
メモリ8GB
GPUGeForce GTX 750 Ti
Intel Arc A380
Radeon RX 460
GeForce GTX 1060 (VRAM 3GB)
Radeon RX 5500 XT
ストレージ30GB
DirectX12
追記事項30 FPS @ 1280×72060 FPS @ 1920×1080
クライシスコアの必要/推奨スペック表

クライシスコアの必要スペックは任天堂スイッチに相当するスペックになります。

推奨スペックはPCゲームで一般的なフルHD / 60fpsで動作するスペックになります。

PCモニターの一般的な解像度がフルHD / 60fpsなので、快適にクライシスコアを楽しみたい方は推奨以上の環境がおすすめです。

WQHD解像度や4K解像度モニターをお使いの方はどの程度の性能が必要なの?という点については以下で検証を行っているので参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成しています。 ゲームで最重要に...

クライシスコアのグラボ別fps

スクロールできます
クライシスコアのグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 4080120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3080120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3070 Ti120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3070120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3060 Ti108 FPS120 FPS120 FPS
RTX 306081 FPS120 FPS120 FPS
RTX 305057 FPS114 FPS120 FPS
GTX 1660 S51 FPS102 FPS120 FPS
GTX 1650 S40 FPS78 FPS120 FPS
クライシスコアのグラボ別fps表

構成はWindows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、ストレージはSSD構成です。伍番街スラムマーケットで計測。画質設定は最高の設定です。

グラフィック性能が高いとより高フレームレートで安定します。

  • フルHD / 120fps:GTX 1650 SUPER以上がおすすめ
  • WQHD / 120fps:RTX 3060R以上がおすすめ
  • 4K / 120fps:RTX 3070以上がおすすめ

クライシスコアにおすすめのゲーミングPC

クライシスコアにおすすめのゲーミングPC

クライシスコアを快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

クライシスコアの要求スペックは高くないので、エントリーモデルでも非常に快適に動作します。

PCゲームでは重いゲームもあるので、多くのゲームを快適にプレイしたい方はRTX 3060以上のグラフィック性能を持つモデルがおすすめです。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

クライシスコアにおすすめのノートPC

クライシスコアにおすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

ゲーミングノートPCはRTX 3060以上のグラフィックス性能を持つノートPCだと多くのタイトルで快適に動作可能です。

クライシスコアならRTX 3050以上のモデルなら快適に動作します。

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL7C-R35-5N」は、処理性能の高いインテル第13世代のCore i7を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

Lenovo LOQ 15IRX9

スペック
CPUCore i5-13450HX
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.38kg

「Lenovo LOQ 15IRX9」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第13世代のCore i5を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

「Lenovo LOQ 16IRH8」の実機レビュー RTX 4050搭載

Victus 15

Victus 15
スペック
CPU Core i5-12500H
グラフィックRTX 4050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.29 kg

「Victus 15」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第12世代のCore i5を搭載し、RTX 4050を採用したゲーミングノートPCです。最新グラフィックスがお手頃な価格で手に入るのは魅力的です。

目次