ゲーミングPCレビュー

ガレリア AXZの実機レビュー Ryzen 9 3900X搭載

ドスパラさんからガレリア AXZの実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリアAXZの特徴はCPUがRyzen 9 3900Xを搭載しているのでリアル12コア24スレッドで最大4.6GHz駆動のCPU、グラフィックボードにはハイエンドGPUのRTX2080Tiが搭載されています。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはAXシリーズのハイエンドモデル『ガレリア AXZ』になります。

スペック

ガレリア AXZ
OSWindows10 64ビット
CPURyzen 9 3900X
グラフィックGeForce RTX2080 Ti 11GB
メモリ16GB
SSD1TB Gen4 NVMe SSD
HDD2TB
マザーボードASRock X570 Phantom Gaming4
ケースガレリア専用 KTケース (ATX)
電源SILVERSTONE 750W 静音電源
(80PLUS PLATINUM)

価格・詳細はこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはガレリア専用のKTケースです。Xシリーズ・Zシリーズと同じになります。冷却性能と拡張性が高いATXのミドルタワー型になります。

フロントを開ける事は可能ですが、結構面倒なのでフロントファンを換装したい場合はBTOオプションで頼むのも手です。フロントファンは12cmです。カスタマイズする場合は、『フロントケースファン』という箇所で変更可能です。

左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。サイドには12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。

右側面には右上にマザーボード部分を冷却する為に吸気があります。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。

天板上部は12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。後方にファンがあるので贅沢に置く事はできませんが手前にはスマホなどの小物を置く程度のスペースはあります

光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は上部にケースファンがあります。背面のファンは12cmです。

USBは『USB3.1Gen2が2つ、USB3.1Gen1が6つ』になります。

HDMIが1つ、DisplayPortが3つ、USB TYPE-Cが1つ付いています。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはAMD静音CPUファン(Wraith Prism cooler)が搭載されていました。

このようにLEDが変化していきます。カッコいいです。

GPUはPalit製のNVIDIA GEFORCE RTX2080Tiが搭載されています。

マザーボードは『ASRock X570 Phantom Gaming4』が採用されています。仕様は以下になります。

PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x2 / メモリスロット x4(最大 64GB) / SATA3 x8 / M.2 x2

M.2 SSDはシールドの下にあります。冷却されているので安心です。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

CPU性能をチェック

Ryzen 9 3900Xのスペック

スペック
コア12
スレッド24
基本クロック3.8GHz
最大ブースト・クロック4.6GHz
TDP105W

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。CPU 7153、CPU(single-Core) 503を記録しました。7,000超えの衝撃。

CINEBENCH R20ベンチマーク比較

製品名マルチシングル
Ryzen 9 3900X7153503
Ryzen 7 3700X4734499
Core i9-9900K4577507
Core i7-9700K3678502
Ryzen 5 36003453477
Core i7-87003082467
Core i7-9750H2659465
Ryzen 5 26002525394
Core i5-9400F2389422
Core i5-8265U1231393

製品レビューから取得したスコア比較となっています。製品によって数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

シングル性能ではCore i9-9900Kと比較した場合には少し負けている数値が出ましたが、マルチで比較にならないくらい完全に圧倒しています。写真編集や動画編集で作業時間短縮を目的としている方はコストが高くても入手する価値が大きいですね。

ゲームでのメリットは?

こちらは私物のCore i7-9700KとRTX2080TiでMHWのフルHDの最高設定でプレイした場面の画像になります。CPU使用率を見て頂けると90%近くなっているのでMHWのようにフレームレート制限を解除してCPU使用率が高くなるタイトルで3桁フレームレートを出す場合には、RTX2080Ti×Core i7-9700Kの場合にはほとんど余裕が無い状況になります。

こちらはガレリアAXZで同様の場面にした場合にはCPU使用率が50%程度になっているので制限を解除したとしてもかなり余裕があります。という具合にCPU使用率に余裕が生まれるのでRyzen 9 3900Xを搭載したガレリアAXZはゲーム実況や配信向きのゲーミングPCと言えるでしょう。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

SSDが搭載されているので動作がサクサクで非常に快適です。大容量HDDも付いているので母艦として安心出来るスペックです。PCI Express 4.0対応SSDなので実測5GB/s程度でした。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
43.0 db49.2 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

ガレリアのZZ(レビュー機では虎徹 Mark II)と比較した場合にはガレリアAXZの方がファンは鳴っている印象です。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時77.2W、3DMARKのFire Strike実行時には387Wでした。

製品名高負荷時
ガレリアZZ-SLI(RTX2080Ti×2)602W
ガレリアAXZ(RTX2080Ti)387W
ガレリアZZ(RTX2080Ti)341W
ガレリアZG(RTX2080)308W
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)269W
ガレリアZF(RTX2070)241W
ガレリアXV(RTX2060 SUPER)232W
ガレリアXV(RTX2060)222W
ガレリアZT(GTX1660Ti)188W
ガレリアXJ(GTX1660)175W
ガレリアDH(GTX1650)110W

製品レビューで計測した消費電力の比較になります。数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITORを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU温度が少し熱めですね。

VR性能をチェック

VR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。VRも快適に楽しめるハイスペックデスクトップPCになります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア25659
Graphics Score31243
Physics Score28501
Combined Score10305
Fire Strike EXtremeスコア14968
Graphics Score15268
Physics Score28486
Combined Score8053
Fire Strike Ultraスコア7878
Graphics Score7609
Physics Score28501
Combined Score4330
Time Spyスコア13076
Graphics Score13470
CPU Score11217
Time Spy EXtremeスコア6422
Graphics Score6408
CPU Score6506

3DMARK Fire Strikeスコア比較

製品レビューで取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

3DMARK TimeSpyスコア比較

製品レビューで取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。6,000で快適評価ですので6,000出ていれば重量級ゲームも楽しめるスペックと言えるでしょう。

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
高品質12494 / 124 fps非常に快適
標準品質16167 / 161 fps非常に快適
軽量品質18725 / 187 fps非常に快適
WQHD
2560×1440
高品質9934 / 99 fpsとても快適
標準品質12271 / 122 fps非常に快適
軽量品質15820 / 158 fps非常に快適
4K
3840×2160
高品質5885 / 58 fpsやや快適
標準品質6947 / 69 fps快適
軽量品質9573 / 95 fpsとても快適

FF15 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアZZ(RTX2080Ti×Core i9-9900K)12930非常に快適
ガレリアAXZ(RTX2080Ti×Ryzen 9 3900X)12494非常に快適
ガレリアZG(RTX2080)10897とても快適
ガレリアAZ(RTX2080Ti×Ryzen 7 2700)10537とても快適
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)10122とても快適
ガレリアZF(RTX2070)8905快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)8414快適
ガレリアXV(RTX2060)7919快適
ガレリアXV(GTX1070Ti)7672快適
ガレリアZT(GTX1660Ti)6803快適
ガレリアRJ5(GTX1660)5584やや快適
ガレリア RT5(GTX1060)4848やや快適
ガレリアDH(GTX1650)3889普通
ガレリアDH(GTX1050Ti)3006普通

製品レビューで取得したフルHD解像度で高品質設定(最高設定)のスコアを比較した数値となっております。

CPUの性能差がより分かるのがハイエンドGPUで比較した場合ですが、RTX2080Ti構成においてもCore i9-9900Kにかなり近い値を出しています。第3世代Ryzenはゲームにも強いです。

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値となっています。

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
最高品質18531 / 153 fps非常に快適
18973 / 161 fps
標準21288 / 189 fps
WQHD
2560×1440
最高品質16548 / 122 fps
16963 / 129 fps
標準20626 / 179 fps
4K
3840×2160
最高品質11270 / 75 fps
12743 / 85 fps
標準17265 / 128 fps

FF14 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアAXZ(RTX2080Ti×Ryzen 9 3900X)18531非常に快適
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)17140
ガレリアXF(RTX2070)15714
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)15390
ガレリアXV(RTX2060)15118
ガレリアDF(RTX2060)14396
ガレリアXT(GTX1660Ti)14459
ガレリアRJ5(GTX1660)10966
ガレリアDH(GTX1650)9342

製品レビューで取得したフルHD解像度で最高品質設定のスコアを比較した数値となっております。

PSO2ベンチマーク

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で10万超えのスコアが出ています。平均フレームレート296fps、1% Low フレームレート207fpsとなりました。オーバースペックでしょう。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定6102809 / 296 FPS

フォートナイト

設定:フルHD×エピック

フォートナイトは200fpsが出ていましたのでゲーミングモニターと組み合わせて快適に使えます。3D解像度は100%に変更しています。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
エピック205 fps
259 fps
330 fps
381 fps
WQHD
2560×1440
エピック141 fps
183 fps
279 fps
320 fps
4K
3840×2160
エピック72 fps
101 fps
162 fps
245 fps

ゴーストリコン ブレイクポイント

設定:4K×ウルトラ。クリックで拡大

解像度設定FPS評価
フルHD
1920×1080
アルティメット95 fpsA
ウルトラ106 fps
135 fpsS
150 fps
WQHD
2560×1440
アルティメット74 fpsA
ウルトラ91 fps
117 fpsS
134 fps
4K
3840×2160
アルティメット52 fpsB
ウルトラ64 fpsA
79 fps
98 fps

ゲーム内ベンチマークを実行した際のフレームレートとなっております。アルティメットは最初期の説明で将来用のハードウェアを想定した設定と出ていたのですが、それでもハイエンド構成なので現実的にプレイ可能なフレームレートが出ているのが凄いですね。

モンスターハンターワールド

設定:4K×最高

重量級のモンハンワールドでは4K×高画質設定(設定:最高)で60fpsを超えていました。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高114 fps(79)※
120 fps(105)※
127 fps(112)※
WQHD
2560×1440
最高113 fps(81)
120 fps(103)
125 fps(111)
4K
3840×2160
最高67 fps(55)
94 fps(74)
124 fps(109)

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。4K解像度、WQHD解像度はDLSS使用、フルHDは適用できません。

モンハンワールドのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)130 fps
ガレリアAXZ(RTX2080Ti)114 fps
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)95 fps
ガレリアXV(RTX2060 SUPER)76 fps
ガレリアRT5(GTX1660Ti)56 fps
ガレリアXJ(GTX1660)54 fps
ガレリアRT5(GTX1060)41 fps
ガレリアRH5(GTX1650)32 fps

フルHD最高設定の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

CoD:MW

設定:4K×最高設定+レイトレ。クリックで拡大

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高+レイトレ118 fps(91)
最高153 fps(121)
213 fps(157)
WQHD
2560×1440
最高+レイトレ92 fps(75)
最高120 fps(97)
175 fps(135)
4K
3840×2160
最高+レイトレ58 fps(45)
最高73 fps(61)
114 fps(94)

MAP:PICCADILLYにて特定のコースを周回した際の平均フレームレートと最小fps(1% Low fps)となっています。

CONTROL(レイトレーシング)

設定:4K×最高設定+レイトレ中。クリックで拡大

シンプルに最高設定(NVIDIA DLSSを使用しない)を目指した場合には現状最重量級タイトルと言えるCONTROLですが、RTX20シリーズなのでNVIDIA DLSSを使用する事が可能です。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
高(最高)85 fps
91 fps
低(最低)140 fps
WQHD
2560×1440
高(最高)71 fps
90 fps
低(最低)139 fps
4K
3840×2160
高(最高)42 fps
60 fps
低(最低)115 fps

高設定:高設定+レイトレーシング高設定、中設定:中設定+レイトレーシング中設定、低設定:低設定+レイトレーシングオフ。場所はディレクターズオフィスでNVIDIA DLSSを適用しています。

4K解像度で画質設定は最高(高設定)にしてレイトレーシングを中設定にした場合には同条件で57fpsでしたのでレイトレーシングを最高設定にするとフレームレートの低下が大きいのでパフォーマンスと画質を求める場合にはそちらの設定もおすすめです。

  • FPSゲームは144fps、タイトルによっては240fps出して勝負にこだわりたい方におすすめ
  • CPUが12コア24スレッドなのでゲーム実況や配信にも最適
  • フルHD、WQHD解像度ならオーバースペックとも言える圧倒的パフォーマンス
  • RTX20シリーズなのでレイトレーシング対応タイトルも快適
  • 4K解像度でも大抵のタイトルで快適

まとめ

ガレリアAXZはRTX2080Ti搭載なので4Kゲーミングが十分視野に入る高スペックなハイエンドゲーミングPCになります。CPUはRyzen 9 3900X搭載なのでゲーム実況や配信、クリエイティブな用途にも合致しています。

第3世代Ryzenはゲーミングパフォーマンスも高いのでFPSゲームでも高フレームレートが出ます。人気のシューターゲームやバトルロイヤルゲームでフレームレートを確保して144Hzまたは240Hz対応のゲーミングモニターと合わせて快適な動作が見込めます。

最新ゲームも非常に快適に楽しめるハイエンドモデルなので高解像度でリアルタイムレイトレーシング対応タイトルのグラフィックスの表現を楽しみたい、体験したい方にもピッタリです。

ガレリアAXZの価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事