MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

Mount & Blade II: Bannerlordの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。

中世RPG『Mount & Blade II: Bannerlord』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介しています。

目次

必要/推奨スペック

スクロールできます
最低推奨
OSWindows 7(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUIntel Core i3-4340
AMD Ryzen 3 1200
Intel Core i5-9600K
AMD Ryzen 5 3600X
GPUIntel UHD Graphics 630
NVIDIA GeForce GTX 660 2GB
AMD Radeon HD 7850 2GB
NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB
AMD Radeon RX 580
メモリ6GB8GB
ストレージ60GB 以上
追記事項統合GPUにはシステムのRAM容量が追加の2GB必要です。これらの推定要件は最終版のリリース時に変更になる可能性があります。これらの推定要件は最終版のリリース時に変更になる可能性があります。

参考情報:Steamストアページ

最低スペックはCore i3、GTX660、メモリ6GBとなっています。グラフィックスカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨ではCore i5-9600K、GeForce GTX 1060 3GB、メモリ8GBが推奨されています。

Mount & Blade II: Bannerlordの推奨スペックGTX1060(3GB)はどの程度の性能?

GTX1060は世代が一つ前のGPUです。現行モデルとしてはGTX16シリーズが最新モデルになります。GTX1660 / GTX1660 SUPER / GTX1660Ti搭載機であればいずれもGTX1060を超える性能を持っています。

解像度としてはフルHD解像度での推奨スペックという事が予想されるので高解像度のモニターを用いる場合には更に高スペックモデルが必要になるでしょう。

実際にプレイして推奨スペックを調査

環境はCore i7-9700K、メモリ16GB、SSDにインストールし、グラフィックドライバーは執筆時で最新の「445.75」で調査しました。

検証場所は「Lycaron」という街内で一定のコースを周回した際のフレームレートとなっています。

最低スペック

フルHD解像度×最低設定の「Very Low」で計測しました。インテル UHD グラフィックス 630は「Core i7-9700K」単体でゲームを動作させたフレームレートとなっています。

動くには動くのですが、画質設定を上げると厳しい。最低設定にしてもフレームレートとしては低く、良いゲーム体験を得られるとは思いませんのでビデオカードを搭載したパソコンが現実的に必要になるでしょう。

推奨スペック

推奨スペックではGTX1060のビデオメモリ3GB版の方が指定されています。フルHD解像度であればビデオメモリは3GBで足ります。

推奨スペックのGTX1060はフルHD 60fps動作を指しているようです。GTX1650でも設定をMedium(中設定)にすれば同様の計測で平均60fpsを達成していたのでビデオカードがあるのと無いのとでは雲泥の差になります。

推奨としては公式の通りGTX1060前後になります。

WQHDの推奨スペック

WQHDのGTX1660 SUPERのMedium(中設定)で68fpsなので推奨スペックとしてGTX1660 SUPER。もしくは前後のビデオカードがおすすめです。

推奨としてはGTX1660 SUPER以上になります。

4Kの推奨スペック

設定を落としてもOKならMedium(中設定)でRTX2070 SUPERなら58fps、RTX2080 SUPERなら68fpsという事で「RTX2070 SUPER」「RTX2080」「GTX1080Ti」「RTX2080 SUPER」「RTX2080Ti」なら4K解像度でも楽しめるでしょう。

推奨としてはRTX 2080以上になります。

Mount & Blade II: Bannerlordのビデオメモリ

  • 「フルHD Very Highで2.5GB程度」
  • 「WQHD Very Highで2.8GB程度」
  • 「4K Very Highで3.6GB程度」

ビデオメモリはオプションの方に表示が出ます。最高設定にしてもビデオメモリは3GB~4GB程度でOKです。

おすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

「G-Tune DG-I5G6T」の実機レビュー|ホワイトケース&青色LED

GALLERIA RA7C-R46T

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA RA7C-R46T」は、GALLERIAのミドルタワー型のゲーミングPCです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

グラフィックスは、高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載で、重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。

「GALLERIA XA7C-R46T」の実機レビュー RTX4060Ti搭載

あわせて読みたい
スカイリムの推奨スペック!MOD+ENBを入れても快適に動くおすすめのゲーミングPC Oblivion、Fallout3、Fallout: New Vegasといったタイトルが話題になり、家庭用ゲーム機でベゼスタの新作が出るぞー!と熱気むんむんとなって発売されたスカイリム。 発...
目次