周辺機器の選び方

74gの軽量マウス『Razer Viper Ultimate』はFPSで使いやすい!感想レビュー

『Razer Viper Ultimate』を購入したのでレビューを書いていきます。Razer Viper Ultimateは74gの軽量でワイヤレス(無線)で使えるゲーミングマウスです。FPSで使用した感想レビューを簡単に書いています。

Razer Viper Ultimateについて

74gの軽量マウス

何回計測しても74gでした。

RAZER HYPERSPEED ワイヤレス技術

Razer Viper Ultimate無線タイプで有線でも使えます。

ワイヤレスマウスを使用している感覚すらなくなることでしょう。

公式サイトに記載されている一文なのですが、これは本当です。

マウスを握っている感覚も無くなります、軽すぎて操作している感覚があまりなく実際にゲーム中で自在に手足を動かしているような感覚に陥ります。

遅延等も全く感じません。

最大70時間のバッテリー

一日10時間ゲームをプレイしてもこれだけのバッテリー時間があれば苦になりません。

ドッグも付属していて、有線でも使えるのであまりバッテリーの心配は必要無いでしょう。

付属品・同梱物

同梱物は本体と有線接続や充電の際に必要になるケーブル、充電ドッグが付属しています。ドッグが無いタイプの商品もあります。ステッカー等も同梱されていました。

Razer Viper Ultimateの外観

シンプルな外観で形状としては右利きの方でも左利きの方でも使えるマウスです。

サイドにグリップが効くラバーがあります。ボタンは横に2つです。

右にも2つボタンがあります。

上の画像を見てもらえるとより分かるのですが、中央のボタンは出っ張りがあまり無いです。

本体の後ろに電源のオン・オフボタンがあります。DPIを変更するボタンが後ろに付いています。20,000DPIまで対応と記載があります。個人的には400 dpiか800 dpiの2つで運用しています。

充電ドック

10分間の充電で5時間のワイヤレスプレイが可能と記載があります。

裏側はゴムになっています。

ドッグに設置した際には磁石のようにくっつきます。

ケーブル

ケーブルはSpeedflexケーブル。柔らかく取り回しがしやすい。

Razer Viper UltimateをApexLegendsでプレイ

それでは早速Razer Viper Ultimateを使ってApexLegendsでプレイしてみました。

まず軽いのでFPSで使いやすいです。今まで使っていたどのマウスよりも軽くて無線なのでケーブルの引っかかりも、遅延も感じず、マウスを自由自在に操れます。

ゲーム体験として今まで使用していたマウスとは全く別物だと感じました。

使用していたマウスはG502 HEROです。G502は重めのマウスなのでスナイパーみたいな精密射撃のような操作では凄く使いやすのですが、ApexLegendsのようなバトロワでは軽いマウスの方が適していると感じました。

ApexLegendsで実際に使用してみるとエイムがかなりしやすくて、何の苦労もせずに敵を捕捉した状態でしっかりと敵に弾を正確に当てる事が出来ました。

1人開幕でいなくなってしまったのですが、2人で最後までプレイしてみるとチャンピオンを取れました。

今まで1人欠けると野良でチャンピオン取れる事は滅多になかったのですが、このマウスを使用してからエイムが良くなってキルを取れてチャンピオンになれる回数が増えました。

FPSを快適に楽しみたい方にRazer Viper Ultimateはおすすめです。

まとめ

Razer Viper UltimateはFPS・バトルロイヤルゲームを本格的に楽しみたい方は買いです。無線でも遅延も全く感じません。

デメリットは価格ですね。価格が高いとやっぱりデメリットは少なくなります。MMOだと適していないのでFPS・TPS用のゲーミングマウスです。

後は手にフィットするかどうかですが、自分の手は大きいのでG502のような大きめのマウスの方が正直フィットします。

それでもRazer Viper Ultimateの方が素早い動きに対応する事が出来て、個人的にはRazer Viper Ultimateの方が敵を倒しやすいです。

ApexLegendsだと凄く激しい戦闘の中で状況判断をしなければいけないので軽い方が対応力が上がると思いました。

気になった方はチェックしてみて下さい。

MENU