ゲーム推奨スペック

Transport Fever 2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Transport Fever 2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

運輸シュミレーションゲーム『Transport Fever 2』の推奨スペック情報と実機ベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

Transport Fever 2のゲーム情報

ジャンルは運輸シュミレーションゲームです。交通機関の数も増加し合計200台以上の車両が登場してヨーロッパ、アメリカ、アジアのリアルな車両がモデルとなっている点も魅力です。

Transport Fever 2は車両が好きな方、経営シミュレーションゲームが好きな方におすすめのゲームとなっています。Steam Workshopにも対応しているのでMODにも期待。陸海空をまたにかけて輸送帝国を築こう。

Transport Fever 2の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7, 8 or 10 (64ビット)
CPUIntel i5-2300
AMD FX-6300
記載無し
GPUNVIDIA GeForce GTX 560
Radeon HD 7850
メモリ8GB

参考情報:steamストアページの動作環境

推奨スペックの記載がありません。OSに関してはWindows 7/8/10がサポートされます。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

グラボ別ベンチマーク比較

解像度設定RTX2080TiRTX2080 SRTX2070 SRTX2060 S
4K
3840×2160
最高30 FPS30 FPS30 FPS30 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS30 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
WQHD
2560×1440
最高60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
フルHD
1920×1080
最高60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS 
60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS60 FPS
解像度設定RTX2060GTX1660TiGTX1650
4K
3840×2160
最高30 FPS20 FPS9 FPS
30 FPS30 FPS16 FPS
60 FPS30 FPS20 FPS
WQHD
2560×1440
最高58 FPS30 FPS30 FPS
60 FPS60 FPS30 FPS
60 FPS60 FPS30 FPS
フルHD
1920×1080
最高60 FPS60 FPS30 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS
60 FPS60 FPS60 FPS

場所:キャンペーン、チャプター1、奇跡の採掘の開始地点。最高は『非常に高い』のプリセット。環境:CPU:Core i7-9700K、メモリ16GB。私物のグラフィックカードで計測。

基準値としては60fpsになります。30fpsと60fpsで自動で垂直同期がかかる仕様になっている印象を受けました。RTX2080Tiの4K最高設定だと最初は40fps出ているのに30fpsに収束していくという現象を目視しています。

解像度推奨GPU
4KRTX2070 SUPER以上
WQHDRTX2060前後
フルHDGTX1660Ti以下、GTX1650以上

まとめると目安の推奨GPUはこちらになります。

4K:最高の設定にすると『グラフィックスメモリが8GB以上必要です』と警告が出てしまうので4Kやるなら8GB以上は欲しいです。そして中設定で60fps出ていたのでRTX2070 SUPER以上が望ましいでしょう。

WQHD:RTX2060で最高設定にすると60fps張り付きではなく少しフレームレートの落ち込みがあったのでRTX2060前後が良いでしょう。

フルHD:GTX1660Tiだと余裕が感じられ、GTX1650でも対応可能かと思いますがその中間層が理想的でしょう。

おすすめのゲーミングPC

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。RTX3070なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

GeForce RTX 3070のベンチマーク

Cities: Skylinesの推奨スペックとおすすめPC Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)は、街作りゲームで有名なシムシティに取って代わって最も完成度の高い街作...
おすすめピックアップ記事