ゲーム推奨スペック

ウォッチドッグス2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ハッカーを題材にしたオープンワールド型のアクションゲームのウォッチドッグスの第2弾がウォッチドッグス2です。前作から出来る事の幅が広がり、評判も高いです。

今作の見所は、舞台はサンフランシスコの街並みが再現されています。

ハッキングの技術を使い敵をステルスで無力化したり、銃をぶっ放したり、ドローンを使ってみたりとスキルシステムなので成長する毎にアンロックされていくシステムになっています。

ウォッチドックス2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介します。

販売サイト

ウォッチドッグス2の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 (各64ビット)
CPUIntel Core i5-2400s@2.4GHz
AMD FX 6120@3.5GHz
Intel Core i5-3470@3.2GHz
AMD FX 8120@3.9GHz
GPUNVIDIA GeForce GTX 660
AMD Radeon HD 7870
NVIDIA GeForce GTX 780
AMD Radeon R9 290
メモリ6GB8GB
HDD50GB

参考情報:UBIストアページ

スペック的には現在換算でGTX1660があれば推奨は満たせるでしょう。ゲームのフレームレートにおいて最も重要度が高いのがグラフィックボードの性能になります。次点でCPUです。ですのでグラフィックボードを基準にし、CPUも最適な性能を選びゲーミングPCのスペックを選定するのがおすすめです。

解像度を上げてウルトラワイドモニターや4Kと言った解像度でのプレイに期待される場合には要求スペックが跳ね上がるのでより余裕を持ったスペック選びをおすすめします。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

ウォッチドッグス2の画質比較

ウォッチドッグス2の最大設定と低設定で比較してみました。

ウォッチドッグス2の品質設定はプリセットがあるので簡単に設定する事が可能です。細かく自分で調整する事もできます。

最大設定は影やテクスチャなどの表現が高いのでスペックに余裕のある方におすすめです。

ウルトラワイドモニターにも対応しています。

スペック的に厳しい方は低設定にしたり解像度を下げる事でパフォーマンスを上げる事ができるのでウォッチドッグス2が重いと感じたら試してみて下さい。

ウォッチドッグス2のベンチマーク

解像度設定RTX2060RTX2070RTX2080RTX2080Ti
4K
3840×2160
最大31 FPS35 FPS39 FPS46 FPS
42 FPS46 FPS58 FPS73 FPS
71 FPS76 FPS93 FPS116 FPS
WQHD
2560×1440
最大51 FPS56 FPS65 FPS77 FPS
72 FPS79 FPS95 FPS108 FPS
104 FPS107 FPS108 FPS123 FPS
フルHD
1920×1080
最大65 FPS72 FPS83 FPS97 FPS 
93 FPS92 FPS96 FPS105 FPS
108 FPS109 FPS105 FPS120 FPS

ランバートストリートで計測。RTX2080Ti×Core i9-9900K、RTX2080×Core i7-9700K、RTX2070×Core i7-9700K、RTX2060×Core i7-8700

解像度設定GTX1060GTX1660TiGTX1070
4K
3840×2160
最大20 FPS25 FPS28 FPS
25 FPS35 FPS36 FPS
44 FPS60 FPS63 FPS
WQHD
2560×1440
最大33 FPS38 FPS47 FPS
43 FPS61 FPS62 FPS
69 FPS95 FPS98 FPS
フルHD
1920×1080
最大42 FPS50 FPS60 FPS
60 FPS86 FPS84 FPS
70 FPS100 FPS100 FPS

ランバートストリートで計測。GTX1070×Core i7-8700、GTX1660Ti×Core i7-8700、GTX1060×Ryzen 5 2600

最新のRTX2060であればフルHD最高設定でも60fpsを狙えるスペックといえるでしょう。

4K解像度ではRTX2080かRTX2080Tiで設定を高設定運用が現実的です。

人間が快適にプレイできる指標が60FPSという数値です。モニターのスペック表に垂直走査周波数という記載があります。

これがリフレッシュレートの事です。1秒間に画面を何回リフレッシュすることができるかという数値です。60Hz程度が一般的なモニターのスペックですので60FPS×60Hz=快適と感じる数字になります。

PCゲームでFPSを表示させる4つの方法 PCゲームではパソコンのスペックによってFPS値が変動するので、今どのくらい快適にゲームが動作しているのかという指標としてフレームレ...

フレームレートの事が分からないという方はFPSカウンターを用いてご自身のパソコンでリアルタイムで表示する事ができますので合わせて参考にしてみてください。

おすすめのゲーミングPC

定番人気ゲーミングPC

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

お得な当サイト限定モデル

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX2060 SUPER搭載モデル。RTX2060 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

GeForce RTX 2060 SUPERのベンチマーク RTX2060 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 計測し...

4K解像度におすすめのゲーミングPC

重量級も快適なハイエンドモデル

ガレリア ZA9C-R38
CPUCore i9-10850K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX3080搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

強化ガラスカスタマイズ対応のG-Tune

G-Tune XN-Z
CPUCore i7-10700K
CPUファン水冷
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe対応 HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のRTX3080を搭載したハイエンドゲーミングPCです。4K解像度の重量級ゲームも快適な性能を持っています。筐体のメンテナンス性が高くダストフィルターが完備。構成内容を考えるとコストパフォーマンスも高いゲーミングPCです。

GeForce RTX 3080のベンチマーク GeForce RTX 3080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...
おすすめピックアップ記事