ゲーム推奨スペック

BIOHAZARD RE:3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

バイオハザード RE:3はバイオハザード3のリメイク作品になります。ゲームが販売されたので実際に実機で動作確認をしています。

また、BIOHAZARD RE:3が快適にプレイできる推奨スペックの情報と快適にプレイできるおすすめのゲーミングPCもご紹介します。

BIOHAZARD RE:3の推奨スペック

 最低推奨
OSWINDOWS 7 / 8.1 / 10 (64ビット必須)Windows 10 64ビット必須
CPUIntel Core i5-4460
AMD FX-6300以上
Intel Core i7-3770
AMD FX-9590以上
GPUNVIDIA GeForce GTX 760
AMD Radeon R7 260x with 2GB Video RAM
NVIDIA GeForce GTX 1060
AMD Radeon RX 480 with 3GB VRAM
メモリ8GB
ストレージ45GB
DirectX1112
追記事項想定動作はBIOHAZARD RE:3 1080P/30FPS、BIOHAZARD RESISTANCE 720P/30FPS。 テクスチャ品質により使用グラフィックスメモリが枯渇することがあるため、 オプション画面のGraphicsからテクスチャ品質や影品質を下げるか、画面解像度を小さくする必要があります。想定動作は1080P/60FPS。 

参考情報:BIOHAZARD RE:3

最低スペック

GTX760でフルHD(1920×1080)解像度の30FPSでプレイする事が出来るとされています。BIOHAZARD RESISTANCEでは720p(1280×720)で30FPSと記載がありますのでBIOHAZARD RESISTANCEの方が想定動作として重いという評価になるのかもしれません。

30FPSでもプレイ自体には支障は無いかもしれませんが、60FPSというのが快適性の指標です。特にPCゲームに慣れてくると60FPSが欲しくなってきます。

更に滑らかになる144FPSを出す為にはスペックもより高い製品が必要になります。

推奨スペック

GTX1060でフルHD(1920×1080)解像度の60FPSでプレイする事が出来るとされています。ですのでGTX1060が搭載されたデスクトップPCやまたはそれ以上の高性能グラフィックス搭載PCで快適に動作する事が見込めます。

BIOHAZARD RE:3のベンチマーク

4K

WQHD

FHD

クリックで拡大します。環境はCore i7-9700K、メモリ16GB、SSDにインストールし、グラフィックドライバーは執筆時で最新の「445.75」で調査しました。

内蔵ベンチマークが無いので手動で計測をしました。実際にインゲームで計測しているので10fps前後は誤差があるという認識で見てみて下さい。

計測で重要な画質設定は「画面品質重視設定」、計測場所はダウンタウン/ドーナツショップ周辺を一定のコースで周回した比較となっています。

画質設定を最高にしてかつ、計測箇所を特定の重くなるシーンでの数値に関しては海外サイトさんが計測(海外のサイトに飛びます)しているので気になる方はそちらも参考にしてみて下さい。

実際に同条件で計測すると海外サイトさんと同じようなフレームレートになる事は確認しています。

WQHD解像度×RTX2070 SUPERでプレイしてますが、通常時では144FPSが大抵出ているという認識でプレイ出来ています。重くなる箇所もあるので上記のような計測場所で計測しました。

画質設定は後述しますが、最高画質を求めると現行のハードウェアの性能を超えるVRAMが必要と警告は出てしまいます。これはRe2の時と同様です。

BIOHAZARD RE:3のビデオメモリ

BIOHAZARD RE:3では「オススメ」「限界突破」「画面品質重視」「バランス」「処理速度重視」が自動設定にあります。自分でカスタマイズする事ももちろん可能です。

それぞれのビデオメモリについて見ていきましょう。

限界突破

グラフィックス自動設定の中で一番重くなるのが「限界突破」です。これはRTX2080Tiでも警告が出ます。

12GB必要との事なので無視してプレイする事は可能ですが、カクついたりする可能性があります。

画面品質重視

現実的なのは「画面品質重視」設定です。グラフィックスメモリは8GB以上推奨と出ています。

ですが実際にはWQHD解像度でも5.6GB程度と表示されています。画面品質重視設定をベースにし、グラフィック設定は自分で調整する事ができるのもPCゲームの魅力なので最適な設定を調整して頂き遊ぶのがおすすめです。

「バランス重視設定」や「処理速度重視」であれば3GB程度のビデオメモリで対応可能です。公式の推奨スペックで3GBのVRAM(ビデオメモリ)というのは、このいずれかの設定での事を指しているようです。

BIOHAZARD RE:3は高リフレッシュレートモニターで遊ぶと滑らかで銃が当てやすい

ゲーミングPCの場合には家庭用のゲーム機とは違い60FPS以上出す事が可能で、BIOHAZARD RE:3でも設定やハードウェアの性能次第では144FPSを平均的に出す事が可能です。

それによってゲーミングモニターと組み合わせて画面が滑らかになるのでゾンビなどの敵に攻撃が当てやすいです。

BIOHAZARD RE:3におすすめのゲーミングPC

以上を踏まえておすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

フルHDにおすすめ

当サイト限定お得モデル

G-Tune PM-B-AF
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD 2TB HDD
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。GTX1660 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめです。CPUはCore i7-9700搭載でゲームに好適です。はじめてのゲーミングPCにおすすめ。

Core i7×GTX1660 SUPER搭載のミドルの新定番

ガレリア XA7C-G60S
CPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-G60S」は最新構成で高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめの一台です。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

高fpsを出したい方におすすめ

ガレリアの新筐体!RTX2070 SUPER搭載モデル

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R70S」は最新構成の人気モデルです。高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめしたい一台。

【当サイト限定】RTX2070 SUPER搭載モデル

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のRTX2070 SUPER搭載モデル。レイトレーシング対応。ビデオメモリは8GB搭載。筐体のメンテナンス性や使い勝手が良いモデルです。

GeForce RTX 2070 SUPERのベンチマーク GeForce RTX 2070 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

4K解像度におすすめ

ガレリアのハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZA9C-R80T
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX2080Ti搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

G-Tuneのフラッグシップモデル

G-Tune HP-Z
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースフルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

マウスコンピューターのフラッグシップモデルがMASTERPIECEです。グラフィックボードのカスタマイズに対応しRTX2070 SUPERからRTX2080Tiも選択可能です。フルタワー型で水冷CPUクーラーが標準搭載。

GeForce RTX 2080Tiのベンチマーク GeForce RTX 2080Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

まとめ

設定を下げればもちろん推奨スペック以下でも快適にプレイできる場合も多いとは思いますが、基準値として以下になります。

  1. フルHD:GTX1060(6GB)以上
  2. WQHD:GTX1660 SUPER以上
  3. 4K:RTX2080 SUPER以上

フルHD解像度でプレイする方が多いと思いますのでGTX1060を目安に考えてみて下さい。今ならGTX16シリーズが発売しているのでGTX1660以上を狙うのが良いです。

高fpsを出してプレイしたい方はRTX2070 SUPER搭載機がおすすめです。

4Kでやりたい方はRTX2080 SUPERやRTX2080Tiがおすすめになります。

おすすめピックアップ記事