MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

BIOHAZARD RE:3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
BIOHAZARD RE:3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

バイオハザード RE:3はバイオハザード3のリメイク作品になります。BIOHAZARD RE:3が快適にプレイできるスペックの情報とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

目次

バイオハザード RE:3の推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUIntel Core i5-4460以上
AMD FX-6300以上
Intel Core i7-3770以上
AMD FX-9590以上
メモリ8GB8GB
GPUGeForce GTX 960
Radeon RX 460
GeForce GTX 1060
AMD Radeon RX 480
ストレージ45 GB45 GB
BIOHAZARD RE:3の必要/推奨スペック

参考情報:BIOHAZARD RE:3のSteamストアページ

BIOHAZARD RE:3の必要スペックと推奨スペックは以上の表の通りになります。

バイオハザード RE:3の画質比較

バイオハザード RE:3の画質設定

バイオハザード RE:3の画質設定は大きく6つ選択可能です。オススメのグラフィックス、最高画質の「限界突破」「レイトレーシング」「画面品質重視」「バランス重視」「処理速度重視」があります。

グラフィックス自動設定から選択可能です。もちろん個別で各種項目を調整する事も可能になっています。

今回は最高画質の「限界突破」にレイトレーシングを加えた最高画質設定と、とバイオRE:4で推奨になっている推奨設定の「画面品質重視」、画面の品質をあまり落とさずに処理負荷を軽減させた「処理速度重視」の3つの画質を比較しました。

最高画質

最高画質

最高画質になるので、スペックに余裕がある方向けの画質を重視したい方におすすめの画質設定です。

レイトレーシングが有効になっているので、ライティングがワンランク上になります。

レイトレーシングに関してはON/OFFの他にもGI&リフレクションや反射量の設定が可能です。上記の画像のように分かりやすく画像付きで設定内に比較があるので、画像を見ながら設定してみて下さい。

画質比較

最高画質と画面品質重、処理速度で右奥のアンブレラの看板部分を切り抜いて比較してみると文字のくっきりさがそれぞれの画質設定によって変わっています。画質を最重視したい方は最高画質がおすすめです。

画面品質重視

画面品質重視

最高画質と比較すると細かい部分のグラフィック水準としては落ちますが、全体的に俯瞰で見ると極端に画質が悪いと感じる事は無いので画面品質重視はおすすめです。

処理速度重視

処理速度重視

処理速度重視でも画質が極端に落ちる事は無いので、スペックが推奨を満たしていない方は処理速度重視がおすすめです。

バイオハザード RE:3のグラボ別fps

最高画質

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090168 FPS241 FPS258 FPS
RTX 4080123 FPS177 FPS211 FPS
RTX 4070 Ti SUPER103 FPS150 FPS177 FPS
RTX 4070 Ti93 FPS139 FPS165 FPS
RTX 4070 SUPER84 FPS125 FPS152 FPS
RTX 407075 FPS113 FPS134 FPS
RTX 4060 Ti84 FPS
RTX 406076 FPS
RTX 305044 FPS

最高画質にレイトレーシングを加えた場合には4Kではビデオメモリが14GB必要と出ます。フルHDでは13GBが必要となっています。

4K

4K

フルHD

フルHD

最高画質では理想的にはVRAM14GB以上になります。

VRAM警告

VRAMが超過すると「使用グラフィックスメモリが大きいため、赤色で表示されています。この場合、深刻な不具合が生じる可能性があります。」と警告が出ます。

バイオハザードRE3のダウンタウン/メインストリートで計測するとRTX 4060 Tiでエラーが出てゲームが落ちてしまいました。高解像度でプレイされる方はVRAM容量の多いグラフィックスカードがおすすめです。

バイオRE:3の最高画質におすすめグラボ
  • 4K:RTX 4070以上|144FPS:RTX 4090以上
  • WQHD:RTX 4070以上|144FPS:RTX 4070 Ti SUPER以上
  • フルHD:RTX 4060以上|144FPS:RTX 4070 SUPER以上

144Hz以上のゲーミングモニターを使っている方で、滑らかな描画でバイオRE:2を楽しみたい方はより高性能なグラフィックスがおすすめです。

描画が滑らかだとゾンビなどの敵に攻撃が当てやすい

描画が滑らかだとゾンビなどの敵に攻撃が当てやすいです。

画面品質重視

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090296 FPS363 FPS366 FPS
RTX 4080216 FPS343 FPS362 FPS
RTX 4070 Ti SUPER183 FPS300 FPS362 FPS
RTX 4070 Ti169 FPS281 FPS360 FPS
RTX 4070 SUPER156 FPS266 FPS342 FPS
RTX 4070140 FPS241 FPS314 FPS
RTX 4060 Ti101 FPS176 FPS237 FPS
RTX 406082 FPS151 FPS206 FPS
RTX 305050 FPS95 FPS132 FPS
バイオRE:3の推奨画質におすすめグラボ
  • 4K:RTX 4060以上|144FPS:RTX 4070 SUPER以上
  • WQHD:144FPS:RTX 4060以上
  • フルHD:144FPS:RTX 4060以上

フルHDなら推奨でGTX 1060となっているのでGTX 1060以上で快適にプレイ可能でしょう。今回検証したRTX 3050でも高フレームレートで快適に楽しめます。

4K

4K

フルHD

フルHD

画面品質重視設定なら4Kで6.47GB、フルHDなら5.91GBとなっているので6GB以上のVRAM(ビデオメモリ)搭載モデルがおすすめです。

計測環境:OS:Windows 11|CPU:Core i7-14700K|メモリ:32GB。計測場所「ダウンタウン/メインストリート」。

おすすめのゲーミングPC

バイオハザード RE:3におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。レビュー数が400件を超える人気のモデルです。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。特別価格のシークレットモデルはこちら

GALLERIA XA7R-R47

ガレリアミドルタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7R-R47」は、ガレリアのミドルタワー型モデルです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

CPUに性能重視モデル「Ryzen 7 5700X」を搭載&高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070」搭載で快適にゲームを楽しめます。

「GALLERIA XA7C-R47S」の実機レビュー|RTX 4070 SUPER搭載

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、高解像度でプレイしたい方にもおすすめのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適に重量級ゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47TS

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti SUPER(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47TS」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti SUPER」を採用。ビデオメモリ16GB搭載で4K解像度の重量級ゲームも快適です。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

「GALLERIA XA7R-R47TS 7800X3D搭載」の実機レビュー|RTX 4070 Ti SUPER搭載

おすすめのゲーミングノートPC

バイオハザード RE:3におすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL7C-R35-5N」は、処理性能の高いインテル第13世代のCore i7を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

Lenovo LOQ 15IRX9

スペック
CPUCore i5-13450HX
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.38kg

「Lenovo LOQ 15IRX9」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第13世代のCore i5を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

「Lenovo LOQ 16IRH8」の実機レビュー RTX 4050搭載

Victus 15

Victus 15
スペック
CPU Core i5-12500H
グラフィックRTX 4050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.29 kg

「Victus 15」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第12世代のCore i5を搭載し、RTX 4050を採用したゲーミングノートPCです。最新グラフィックスがお手頃な価格で手に入るのは魅力的です。

あわせて読みたい
バイオハザードシリーズの推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時にバイオハザードシリーズのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成しています。 バイオハザードシリー...
あわせて読みたい
バイオハザード RE:4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC バイオハザード RE:4は、2005年に発売されたシリーズ屈指の人気作品「バイオハザード 4」のリメイク作品です。 注目度が高い作品となっているので、シリーズファンのみ...
目次