ゲーム推奨スペック

CODE VEIN(コードヴェイン)の推奨スペックとベンチマーク

『CODE VEIN(コードヴェイン)』の推奨スペック情報と実機ベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。コードヴェインはアクションRPGです。ダークソウルほど難易度的には高くないのでアクションゲームが得意ではない方もほどよく死にゲーを楽しめると思います。ゲームエンジンはUnreal Engine 4。

CODE VEINの販売サイト

CODE VEINの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 SP1 or Windows 10 (64ビット)
CPUIntel i5-2300Intel i5-7400
AMD Ryzen 3 2200G
GPUNVIDIA GeForce GTX 760
Radeon HD 7850
NVIDIA GeForce GTX 960
Radeon R9 380X
メモリ6GB8GB
ストレージ35GB
DirectX 1111

参考情報:Steamストアページの動作環境

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードが必要になる場合もあるでしょう。

メモリに関しては推奨で8GB。ストレージは35GBなので2019年発売のゲームとしては要求スペックは低めです。OSに関しては64ビットが必要で、グラフィックスAPIはDirectX 11になります。

また、アクションRPGなのでコントローラーを用意した方が快適です。Xbox OneとPS4のコントローラーで動作確認しましたが、いずれも快適に動作していました。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

CODE VEINはウルトラワイドに対応している?

デフォルトでは対応していないです。以下の情報の通り実行する事で対応する事は可能になるでしょう。ただ自己責任でお願いします。

CPU別ベンチマーク比較

フレームレートを出したい方は第9世代Core i7-9700K / Core i9-9900Kがトップ級なのでおすすめになります。TB時の動作クロック周波数が高い方がゲームでは好適です。

グラボ別ベンチマーク比較

GPU4K(3840×2160)
RTX2080Ti
89
55
RTX2080 SUPER
77
49
RTX2080
76
44
RTX2070 SUPER
66
38
RTX2070
53
31
RTX2060 SUPER
52
33
RTX2060
47
27
GTX1660Ti
39
23
GTX1650
21
12

■平均 ■最小

平均で60fpsをクリアしているのはRTX2070 SUPER以上、最小基準で考えるのであればRTX2080 SUPER以上が望ましいでしょう。

GPUWQHD(2560×1440)
RTX2080Ti
103
86
RTX2080 SUPER
103
85
RTX2080
101
84
RTX2070 SUPER
101
81
RTX2070
96
66
RTX2060 SUPER
94
66
RTX2060
91
59
GTX1660Ti
77
50
GTX1650
43
27

■平均 ■最小

平均で60fpsをクリアしているのはGTX1660Ti前後、最小基準で考えるのであればRTX2060以上が望ましいでしょう。

GPUフルHD(1920×1080)
RTX2080Ti
103
87
RTX2080 SUPER
103
87
RTX2080
103
87
RTX2070 SUPER
103
87
RTX2070
103
87
RTX2060 SUPER
103
87
RTX2060
103
87
GTX1660Ti
103
78
GTX1650
67
42

■平均 ■最小

平均で60fpsをクリアしているのはGTX1650以上、最小基準で考えるのであればGTX1660前後以上が望ましいでしょう。

深層の闇の巣窟、灰暗い洞窟でもフレームレートが平均より下がる場所や、火の降る街のBOSS:爪骸の継承者戦などのボス戦におけるフレームレートの低下を確認したので計測場所は「凍てついた霊峰」ヤドリギ「頂きの雪原」からスタートして眼前の敵を倒し一定のコースで周回した際の実ゲームにおけるフレームレート比較になります。雪に隠れている敵が出現する際のフレームレートの低下が際立っていたのでこちらで計測をしました。

実際の戦闘シーンでも安定的なフレームレートの確保が期待できるフレームレート数値比較となっております。

グラフィック設定

基本設定
解像度FHD / WQHD / 4Kで計測
スクリーンモードウィンドウ / ウィンドウズフルスクリーン /フルスクリーン
最大フレームレート制限30 / 60 /144 /240
アンチエイリアス品質低 / 中 / 高 / 最高
ポストプロセス低 / 中 / 高 / 最高
シャドウ品質低 / 中 / 高 / 最高
テクスチャ品質低 / 中 / 高 / 最高
エフェクト品質低 / 中 / 高 / 最高
詳細設定
表示距離近 / 中 / 遠 / 最遠
アンチエイリアス処理なし / テンポラルAA
SSAO(環境光の遮蔽)無効 / 有効
モーションブラー無効 / 有効
垂直同期(Vsync)無効 / 有効
フィルムグレイン無効 / 有効
マテリアル品質低 / 中 / 高
被写界深度品質なし / 低 / 中 / 高 / 最高

グラフィック設定は以上になります。計測には全て最高の設定で計測したベンチマーク比較となっています。

画質比較

左が最高設定、右が最低設定になります。

ビデオメモリ容量の目安

解像度容量
4K4GB推奨
WQHD
フルHD

ゲーム中に消費されるビデオメモリ(VRAM)の容量を確認しました。推奨は以上になります。

メモリ容量の目安

解像度容量
4K8GB推奨
WQHD
フルHD

ゲーム中に消費されるメモリの容量を確認しました。推奨は以上になります。

メモリは7GB以下、VRAMは3.5GB程度でしたので推奨としては4GBになります。

おすすめのゲーミングPC

フルHD~WQHDにおすすめのゲーミングPC

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

4K用におすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR i690PA5-SP-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ32GB
ストレージM.2 SSD 512B HDD 3TB
マザーZ390

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

検証機材のスペック

ベンチマークPC構成
OSWindows10 Home
CPUCore i7-9700K
CPUクーラーサイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
CPUグリスAINEX シルバーグリス [AS-05]
マザーボードASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
メモリCarsair CMK32GX4M2A2666C16
ストレージWD BLACK SN750
Culucial MX500 CT500MX500SSD1
Samsung SSD 1TB 860QVO
Seagate ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
電源ユニットANTEC NeoECO Gold NE750G
PCケースProjet-M 日本製 検証用まな板 PM-TESTBOARD

数値は当サイトの実機レビューで計測した参考値です。使用する環境、その他の要因によって測定結果は変動します。

おすすめピックアップ記事