MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

『クラフトピア』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

オープンワールドサバイバルアクションゲーム『クラフトピア(Craftopia)』の必要スペックと推奨スペック、そしておすすめPCの情報についてまとめています。

目次

必要スペックと推奨スペック

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 SP1以上(64bit)
CPU2 GHzのデュアルコア
GPUビデオメモリ2GB
メモリ8GB
DirectX11
ストレージ12GB

参考情報:Steamストアページ

OSは64ビットが必要です。

必要スペックのCPUは2GHzのデュアルコア、ビデオメモリ2GB、メモリ8GBが必要とされています。グラフィックカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨スペックは公開されていませんでした。

グラボ別fpsの検証

クラフトピアは高解像度(4K)や高グラフィックス設定でプレイする事が出来ます。各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

4K

WQHD

FHD

CPUは「Core i7-10700K」を使用しています。ベンチマークモードが無いのでゲーム開始エリアで計測しました。

画質に関してはプリセットが無いので最高設定基準で設定を行っています。

設定:フルスクリーン、最大FPS:無制限、アンチエイリアス、布のシミュレーション、ピープカメラ、カメラ先行移動、足跡表示、なびく草、影の描画、ポストプロセスとHDRの有無をオン、FOV50、描画距離5000、垂直同期0。モーションブラーはオフ。

今回の検証環境としては4K/60Hzの解像度とリフレッシュレートのモニターを使用しています。垂直同期の設定を0にすると無制限、設定を1にすると60fps上限固定、設定を2にすると30fps上限固定となります。

また、ウルトラワイドモニターでプレイする場合には横に黒い帯が出てしまいますが、プレイは可能です。

解像度は2880×1620などが選択可能です。3440×1440解像度のウルトラワイドモニターでプレイするとWQHDより若干横長の画面でゲームを楽しむ事が出来ました。

4K解像度RTX2070 SUPER以上がおすすめ
WQHD解像度GTX1660以上がおすすめ
フルHD解像度GTX1650 SUPER以上がおすすめ(画質上げるならGTX1660以上がおすすめ)

今回の検証結果をまとめると高グラフィックス設定で快適にプレイしたい方におすすめのグラフィックカードは以上となります。

VRAM(ビデオメモリ)の関係でグラフィックス設定を最大まで上げる場合には4GBを超過してしまう可能性があるのでVRAM6GB搭載のGTX1660以上をおすすめします。

クラフトピアにおすすめのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

おすすめのノートPC

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL7C-R35-5N」は、処理性能の高いインテル第13世代のCore i7を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

Lenovo LOQ 15IRX9

スペック
CPUCore i5-13450HX
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.38kg

「Lenovo LOQ 15IRX9」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第13世代のCore i5を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

「Lenovo LOQ 16IRH8」の実機レビュー RTX 4050搭載

Victus 15

Victus 15
スペック
CPU Core i5-12500H
グラフィックRTX 4050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.29 kg

「Victus 15」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第12世代のCore i5を搭載し、RTX 4050を採用したゲーミングノートPCです。最新グラフィックスがお手頃な価格で手に入るのは魅力的です。

あわせて読みたい
BLUE PROTOCOLの推奨スペックとおすすめPCとベンチマーク オンラインアクションRPG『BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをご紹介します。 実機でベンチマークソフトを使用してスコアを...
あわせて読みたい
【2024年】FF14が快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC FF14は国産のMMORPGです。「オンラインゲームは苦手」という方でも数あるオンラインゲームの中でも年齢層の幅が広く、日本人に親しみのあるファイナルファンタジーなの...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次