ゲーム推奨スペック

デビル メイ クライ5の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

デビル メイ クライシリーズの最新作が『デビル メイ クライ5(DMC5)』です。

スピード感のあるカッコよく敵を倒すことを追求した爽快なスタイリッシュアクション、伝説の悪魔の血を引く悪魔狩人(デビルハンター)が活躍する魅力溢れるキャラクター、そしてフォトリアルなREエンジン採用の高グラフィックが魅力になります。

そんなデビル メイ クライ5のスペック情報とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

デビル メイ クライ5の必要・推奨スペック

デビル メイ クライ5の必要動作環境

OSWINDOWS 7 / WINDOWS 8.1 / WINDOWS 10 (64ビット必須)
CPUIntel Core i5-4460以上 / AMD FX-6300以上
メモリ8GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 760(2GB)/AMD Radeon R7 260x(2GB)以上
ストレージ35 GB

最低スペックとしてはCore i5-4460 / GTX760 / メモリ8GBが下限になります。Core i5-4460は4コア4スレッドで最大3.4GHz駆動のCPUになります。

デビル メイ クライ5の推奨動作環境

OSWINDOWS 7 / WINDOWS 8.1 / WINDOWS 10 (64ビット必須)
CPUIntel Core i7-3770以上 / AMD FX-9590以上
メモリ8GB
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)/AMD Radeon RX 480(8GB)以上
ストレージ35 GB

推奨スペックとしてはCore i7 3770K / GTX1060(6GB) / メモリ8GBが推奨スペックになります。Core i7 3770Kは4コア8スレッドで最大3.9GHz駆動のCPUになります。

参考情報:Devil May Cry 5(steam)

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

デビル メイ クライ5の画質比較

デビルメイクライ5には画質設定プリセット設定が見当たりません。解像度は4Kに対応しております。ウルトラワイドモニターには実質的に対応していないです。横に帯が出ます。

最高設定は画質設定をできるだけ最大にした設定、最低設定は画質設定をできるだけ最低にした設定としています。

最高設定
最低設定

最高設定と最低設定ではグラフィック品質に差があります。スペックに余裕があるのであれば画質は最大まで高めて運用するのがおすすめです。

ゲーム内でキャラクターを確認する事が出来ます。キャラクターは驚嘆に値するレベルのグラフィックスです。

デビル メイ クライ5の画質設定によるFPS値の変動を調査してみた

解像度設定GTX1660TIRTX2080
4K
3840×2160
最高3358
最低6098
WQHD
2560×1440
最高68115
最低113174
FHD
1920×1080
最高100163
最低159186

CPUはCore i7-8700です。GTX1660TiとRTX2080を用いて解像度別、設定別のフレームレートを計測しました。

デビル メイ クライ5は、全体を通して見るとボス戦とムービーシーンが重いゲームです。整合性がとりやすくフレームレート的に重いムービーシーンを選出して計測しました。

設定を下げればフレームレートは出るので、画質と描画の滑らかさのどちらを意識するのかでスペック選びは変わってくると思いますが、両方重要と考える方も多いでしょう。

そうする事で安定的にデビル メイ クライ5を高画質で描画も滑らかに快適にプレイする事が出来ます。以下のベンチマーク結果を参考にしつつゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。

デビル メイ クライ5のベンチマーク(フルHD)

GPUフルHD(1920×1080)
RTX 2080 Ti
205
RTX 2080
169
GTX 1080 Ti
161
RTX 2070
133
GTX 1080
124
GTX 1070 Ti
117
RTX 2060
116
GTX 1070
102
GTX 980 Ti
97
GTX 1060(6GB)
74
GTX 980
75
GTX 970
63
GTX 960
45
GTX 1050 Ti
41
GTX 750Ti
26

参考情報:Devil May Cry 5 тест GPU/CPU

CPUはCore i7-9700K。フルHD環境においては推奨スペックとしてGTX1060が指定されているのでGTX1060が適正でしょう。

現在のPCゲームにおける一般的な解像度がフルHD(1920×1080)になります。

そして一般的なモニターの上限リフレッシュレートが60HzになるのでフルHD×60FPSというのが一般的な推奨スペックになります。

デビル メイ クライ5の4Kベンチマーク

GPU4K(3840×2160)
RTX 2080 Ti
84
RTX 2080
65
GTX 1080 Ti
60
RTX 2070
51
GTX 1080
46
GTX 1070 Ti
43
RTX 2060
44
GTX 1070
38
GTX 980 Ti
36
GTX 1060(6GB)
28
GTX 980
27
GTX 970
23
GTX 960
16
GTX 1050 Ti
15
GTX 750Ti
9

CPUはCore i7-9700Kでフレームレートは平均になります。4KとなるとフルHDと比較して圧倒的なマシンパワーが必要になります。

理想的な環境としてはハイエンドグラフィックスカードがベストチョイスになるので予算に余裕があるなら検討してみてもいいでしょう。

4K(3840×2160)とWQHD(2560×1440)とFHD(1920×1080)の解像度のサイズ比較になります。

モニターのインチ数が同じなら高精細な表示に、大画面でも美麗に表示されるのが4Kの特徴ですが、その分スペック要求は高いです。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

GALLERIA XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX 3070を搭載したモデルです。本格的にゲームを楽しめる高性能モデルです。

RTX 3070以上を搭載したGALLERIAのゲーミングPCには、新システムの「リジッドカードサポート」が搭載しているのも良い点です。

おすすめピックアップ記事