ゲーミングPCレビュー

「G-Tune E5-165-R7」の実機レビュー Ryzen 7 5800H搭載

G-Tune E5-165-R7レビュー

マウスコンピューターさんから「G-Tune E5-165-R7」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

G-Tune E5-165-R7の特徴は、Ryzen 7 5800Hを搭載し、グラフィックスにはGeForce RTX3060が搭載。WQHD解像度の165Hz高速リフレッシュレート採用で滑らかな映像表現が可能です。

最新ゲームやFPS/TPSゲームを快適に楽しみたい方におすすめのゲーミングノートPCです。

G-Tune E5-165-R7のスペック

G-Tune E5-165-R7
G-Tune E5-165-R7CPURyzen 7 5800H
グラフィックスGeForce RTX 3060(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHDノングレア 
解像度2,560×1,440(165Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約 1.73kg
動作時間 約 6.0時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

外観

カラーはグレー色です。最新の高性能モデルですが、重量約 1.73kgなので片手で簡単に持てるくらい軽量です。

WEBカメラが液晶上部に設置されています。液晶は15.6型でWQHD解像度(2560×1440)、ノングレアパネルを搭載しています。

ノングレアなので映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

天板

天板はスッキリしていてスマートな印象です。天板は片手で開閉可能です。

入出力ポート

入出力ポート

左側面側にはUSB3.1、マイク入力、ヘッドホン出力があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー、USB3.0×2があります。

背面側にはUSB3.1(Type-C)、HDMI端子、LAN端子、電源端子があります。映像出力端子や有線LAN、電源が背面にあるのは便利です。

キーボード

キーボード

キーボードは10キー付きで100キー、キーピッチ約18.75mm、キーストローク約1.4mmです。キーピッチ18.75mmなので文字打ちがしやすいです。

視認性を高めるキーボードのバックライトLEDは4ゾーンに分かれたライティング。カラーは付属ソフトで変更可能です。

右奥には動作モードの切り替えスイッチと電源ボタンがあります。大きなタッチパッドが搭載。

ライトバー

ライトバーも付いており付属ソフトでカラーの変更も可能です。

重量

重量

本体が1,702gでACアダプターの重量は660gでした。本体とACアダプターを合計すると2,362gとなります。軽量で持ち運びにも適しています。

ゲーム性能

3DMARK

FireStrike

FireStrike

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i7-10870H
RTX3070
9636
Core i7-9750H
RTX2080
8914
Core i7-10875H
RTX3060
8439
Ryzen 7 5800H
RTX3060
8315
Core i7-10875H
RTX2070 SUPER
7822
Core i7-11370H
RTX3070
7626
Core i7-9750H
RTX2070 MAX-Q
7132
Ryzen 7 4800H
RTX2060
6562
Core i7-10750H
RTX2060
6282
Core i7-9750H
GTX1660Ti
5809

表はTimeSpyの参考スコア比較です。RTX3060は高いスコアが出ます。

ファイナルファンタジー15

FF15
解像度設定スコア / FPS / 評価
WQHD
2560×1440
5972 / 59 fps
やや快適
フルHD
1920×1080
8080 / 80 fps
快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

フルHD解像度は「快適」評価、WQHD解像度は、ほぼ快適評価に近いですが「やや快適」評価でした。

ファイナルファンタジー14

FF14
解像度設定スコア / FPS / 評価
WQHD
2560×1440
最高12357 / 86 fps
とても快適
フルHD
1920×1080
最高14245 / 100 fps
とても快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは15,000スコアで「非常に快適」評価となります。

FF14もフルHD解像度、WQHD解像度で「とても快適」に楽しめます。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高設定fps
最低設定

フォートナイト最低設定fps

人気TPSゲームのフォートナイトは画質を上げると中程度の描画負荷のゲーム。画質を下げると軽いゲームです。

レイトレーシングやNVIDIA DLSSにも対応しているのですが、レイトレーシングを有効にすると重量級ゲームです。

フルHD解像度の最高画質では100fps前後。最低では200fps前後を記録しました。フォートナイトも高fpsを出して快適に楽しめます。

165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので高fpsが活かせるゲーミングノートPCです。

解像度設定FPS
WQHD
2560×1440
最高
69
154
フルHD
1920×1080
最高
101
203

計測場所:ホーリー・ヘッジズ、3D解像度は100%に変更。NVIDIA DLSSオフ。

ApexLegends

最高設定

Apex Legends最高設定fps
最低設定

Apex Legends最低設定fps

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質130fps前後、最低では160fps前後を記録しました。

高リフレッシュレート液晶を搭載しているのでFPS/TPSゲームをプレイしたい方にも適しているゲーミングノートPCです。

解像度設定FPS
WQHD
2560×1440
最高
97
142
フルHD
1920×1080
最高
132
161

計測場所:キングスキャニオン「サルベージ」

PSO2:NGS

PSO2:NGSベンチマーク
解像度設定スコア
WQHD
2560×1440
ウルトラ6176
フルHD
1920×1080
ウルトラ12711

PSO2:NGSは10,001以上のスコアで「快適」評価です。設定は最高設定のウルトラ(設定6)です。

ゲーム性能まとめ

WQHD解像度
フルHD解像度
  1. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定でやや快適評価。
  2. フルHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価です。

CPU性能

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

ノートPCのCPU性能比較

Ryzen 7 5800Hは8コア16スレッドで最大4.4GHz駆動。ゲームやストリーミング配信など高負荷な作業でも活躍できる高性能CPUです。

ベンチマーク

総合的なベンチマークでパソコンの性能をチェックしました。

PC MARK10

PC MARK10
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
6568916397658595

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。

Productivityはオフィスソフトの性能、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっています。

構成PC MARK10
Ryzen 7 5800H
RTX3060
6568
Core i7-10875H
RTX3060
5675
Core i5-10300H
GTX1650Ti
4380

PC MARK10参考比較

ストレージ速度

ストレージの速度

容量は512GBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時高負荷時
アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時はFireStrike実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は26℃。キーボード周辺の最高温度が41℃でWASD周辺は28℃でした。

ゲーム中に多く使用するWASD周辺温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

内部の温度

室温26℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeとCINEBENCH R20を実行した際の最大温度です。

静音性

静音性
アイドル静音モードパフォーマンス
40.7 db43.7 db56.0 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

まとめ

まとめ

「G-Tune E5-165-R7」は高性能なRTX3060を搭載しつつ、重量が約1.73kgの軽量が特徴的なモデルです。

CPUは、高いパフォーマンスを持つ8コア16スレッドの「Ryzen 7 5800H」搭載なのでゲームから動画編集などの重い作業にも適した高性能CPUです。

液晶はWQHDの高解像度液晶を搭載し、165Hzの滑らかな液晶でeスポーツゲームとも相性が良く、ゲームに没入する事が出来ます。

おすすめポイント
  • 持ち運びも可能な高性能モデル(約 1.73kg)
  • ベゼル薄の15インチ
  • 滑らかな165Hz液晶搭載でeスポーツにもおすすめ
  • 暗所でも快適なLEDによる光るキーボード搭載

G-Tune E5-165-R7の詳細はこちら

G-Tune公式サイトはこちら

「G-Tune E5-165」の実機レビュー RTX3060搭載マウスコンピューターさんから「G-Tune E5-165」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune E5-165の特...
「G-Tune H5」の実機レビュー RTX3070搭載 マウスコンピューターさんから『G-Tune H5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune H5の特徴は第10世...
おすすめピックアップ記事