ゲーミングPCレビュー

「ガレリア ZA9R-R70S」の実機レビュー Ryzen 9 3900X搭載

ドスパラさんから「ガレリア ZA9R-R70S」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「ガレリア ZA9R-R70S」は、AMDの「Ryzen 9 3900X」搭載、ゲームで重要なグラフィックカードにはNVIDIAの「GeForce RTX 2070 SUPER」搭載しているので最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックとなっています。

スペック

ガレリア ZA9R-R70S
CPURyzen 9 3900X
グラフィックRTX 2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB Gen4 NVMe SSD
マザーボードX570(ATX)
電源750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア ZA9R-R70S」の魅力は12コア24スレッドのRyzen 9 3900X搭載でグラフィックにはRTX 2070 SUPERが搭載しているのでゲームを快適に動かせる性能を持っている点です。

また、高速なPCI Express Gen4x4のM.2 NVMe SSD 1TB搭載なのも魅力的です。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

PCケースはガレリア専用のSKケース (ATX) です。質感の良い筐体で、左側面はクリアパネル。

側面に吸気口があります。電源を投入すると電源ボタンと前面がLEDライトで光ります。RGB-LEDライトの設定については公式サイトでご確認下さい。

背面の映像出力端子はHDMI端子、DisplayPort端子x3となっています。

コンソールパネルの質感が良く、USBが4つあるのも、斜めになっていてアクセスしやすいのも良い点です。

天板と底面にはダストフィルターが付いています。底面のダストフィルターはワンタッチで取り外せてメンテナンス性が高いです。

内観

左側面のパネルを開閉させると内部にアクセス出来ます。右上に光学ドライブ、マザーボード下のエリアにHDD×2台が拡張可能です。

右側面のパネルを開閉させると2.5インチ(SSD)の増設が可能です。

HDD×2はマウントがあるので手軽に増設作業を行う事が可能です。マザーボードはASRock X570 Phantom Gaming4が搭載されています。

1TB Gen4 NVMe SSDはグラフィックカード下部のシールド内にあります。

グラフィックカードの固定はネジを外しても下にぶら下がるタイプでした。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報です。

ゲーム性能

【定番ベンチマーク】3DMARK

FireStrike

TimeSpy

3DMarkのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

Fire Strikeスコア21292
Graphics Score23689
Physics Score27434
Combined Score10165
Time Spyスコア10018
Graphics Score9843
CPU Score11142

【とても重い】METRO EXODUS

解像度設定平均FPS / 最小FPS
4K
3840×2160
最高29 fps / 18 fps
42 fps / 25 fps
76 fps / 47 fps
WQHD
2560×1440
最高43 fps / 26 fps
69 fps / 35 fps
128 fps / 74 fps
フルHD
1920×1080
最高52 fps / 29 fps
90 fps / 40 fps
146 fps / 83 fps

内蔵ベンチマーク。Shading Rateを100に変更。DirectX12。レイトレ/DLSSオフ。

メトロエクソダスの内蔵ベンチマークは最重量級タイトルと言える程に重いです。

とても重いゲームの「METRO EXODUS」というゲームのベンチマークです。最も重いゲームに分類できます。 最重量級と呼ばれるゲーム自体は数としては多くありません。

それでもこのような重いゲームでも「High=高設定」ならWQHD解像度で平均60fps近く出ているので快適にプレイ可能です。

【重い】モンスターハンター:ワールド

解像度設定平均FPS / 最小FPS
4K
3840×2160
最高47 fps / 42 fps
59 fps / 54 fps
84 fps / 75 fps
WQHD
2560×1440
最高83 fps / 63 fps
105 fps / 66 fps
128 fps / 107 fps
フルHD
1920×1080
最高83 fps / 56 fps
113 fps / 83 fps
131 fps / 113 fps

計測場所:渡りの凍て地。最小fpsは1% Low fps。FidelityFX CASを使用していないオフの状態での数値になります。DirectX11。WQHD、4KはNVIDIA DLSS使用。

最高

モンスターハンターは重いゲームです。CPUにRyzen 9 3 3900Xを搭載している事でCPU使用率の方は抑えられており130fps出しても50%程度でした。

数値としては低い値となるのでRyzen 9 3 3900X搭載機は重量級ゲームの実況や配信をされる方にもおすすめです。

【重い】ファイナルファンタジー15

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
4376 / 43 fps【普通
標準5085 / 50 fps【やや快適
軽量7107 / 71 fps【快適
WQHD
2560×1440
7613 / 76 fps【快適
標準9500 / 95 fps【とても快適
軽量12526 / 125 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
10173 / 101 fps【とても快適
標準13377 / 133 fps【非常に快適
軽量16348 / 163 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー XVは重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。

RTX2070 SUPERを搭載しているのでWQHD解像度でも楽しめます。

【中程度】ファイナルファンタジー14

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高8283 / 55 fps【非常に快適
9647 / 64 fps【非常に快適
標準16191 / 112 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高15133 / 104 fps【非常に快適
15906 / 113 fps【非常に快適
標準19369 / 160 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高17221 / 132 fps【非常に快適
17759 / 142 fps 【非常に快適
標準21005 / 185 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

7,000スコアで「非常に快適」評価となります。4K解像度でも非常に快適評価が出ています。

レポート出力の平均フレームレートでは最高品質では55fpsでしたので4K解像度中心に楽しみたい方は上位グラフィックカード搭載したモデルも検討しても良いでしょう。

【中程度】フォートナイト

最高設定

最低設定

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では130fps前後。最低では230fps超えを記録しました。CPU使用率の方も余裕があり、設定を下げても20%程度となりました。

オーバースペックとも言えるかもしれませんが、12コアCPUを搭載しているのでFPS・TPSゲームでも快適に使えます。

計測場所:ソルティ・スプリングス

【中程度】Apex Legends

最高設定

最低設定

人気FPSゲームのApexでは最高画質では135fps前後。最低では190fps前後を記録しました。CPU使用率の方も余裕があり、設定を下げても30%~40%程度となりました。CPU使用率はかなり低いです。

計測場所:仕分け工場

【中程度】レインボーシックス シージ

解像度設定平均FPS
4K
3840×2160
最高141 fps / 120 fps
191 fps / 167 fps
WQHD
2560×1440
最高242 fps / 191 fps
309 fps / 238 fps
フルHD
1920×1080
最高315 fps / 240 fps
376 fps / 285 fps

ベンチマーク結果の全般の平均fpsと最低fpsになります。レンダリングのスケーリングはデフォルトのままです。

画質設定最高でも300fps超えという高いフレームレートを記録しました。

【軽い】ドラクエ10 / PSO2

PSO2

ドラクエ10

PSO2やドラクエ10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で9万超え、ドラクエ10は4K解像度でも2万スコアオーバーとなりました。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

4K解像度
WQHD解像度
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で普通評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  3. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定でとても快適評価。
  4. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  5. 軽量級:軽めのゲームはかなり快適です。
  6. FPS・TPS:高fps対応の性能です。実況・配信も快適

CPU性能

製品名CINEBENCH R20マルチスコア参考比較
Ryzen 9 3900X
7153
Core i9-10900K
6247
Ryzen 7 3700X
4734
Core i9-9900K
4577
Core i7-9700K
3678
Ryzen 5 3600
3453
Core i7-9700
3163

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。

CPU 7193、CPU(single-Core) 511を記録しました。Ryzen 9 3900Xのスペックは12 コア24スレッドで最大4.6GHzです。

シングルコアで比較するとCore i9-10900Kは531スコアを記録したので比較すると低いスコアとなっています。

マルチスレッド性能では12コアなのでCore i9-10900Kを超える性能を持っています。

ストレージの速度

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。1TBは安心感のある容量。実測リード5GB/s。執筆時ではカスタマイズにも対応しているので容量を増やしたい方はSSDやHDDを追加する事も可能です。

静音性

アイドル時3DMARK
41.1 db46.9 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。静音面は優れています。

消費電力

アイドル時3DMARK
114 W321 W

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

室温26℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

FireStrikeは重量級ゲームを想定した温度でCPUもGPUも80℃超えない温度でしたのでゲームは安心して使えそうです。

Cinebench R20を実行した際にはCPU使用率100%となるのでその際の温度を計測すると90℃前後となりました。高負荷かける方はCPUグリスのカスタマイズもおすすめです。

まとめ

「ガレリア ZA9R-R70S」は最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも快適に楽しめる高性能グラフィックスを搭載。CPUは高い性能を持つ「Ryzen 9 3900X」搭載。

重いゲームや重い作業にも使える高い処理能力を持ったパソコンです。実況等をやられる方にもおすすめのゲーミングPCです。

Ryzen 9 3900Xは上記の通りゲームでも高いパフォーマンスが出るCPUなので12コアが欲しい方におすすめです。

「ガレリア ZA9R-R70S」は静音面にも優れており、筐体の質感も良くメンテナンス性も高いゲーミングPCです。

GALLERIA ZA9R-R70Sの詳細はこちら

ガレリア公式サイトはこちら

「ガレリア RM5R-G60S」の実機レビュー ドスパラさんから『ガレリア RM5R-G60S』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「ガレリア RM5R-G60S」の特...
おすすめピックアップ記事