ゲーム推奨スペック

7 Days to Dieの推奨スペックとおすすめPC

7 Days to Dieの推奨スペックとおすすめPC

7 Days to Dieはゾンビがはびこる世界で7日毎に訪れる大量のゾンビ達を相手にするサバイバル要素と、家の建築要素や武器を作ったりするクラフティング要素が合わさったゲームシステムになっています。

7 Days to Dieの推奨スペックの情報と、実際にグラフィックカード別にフレームレートを計測して取得しました。

最後におすすめのゲーミングPCも紹介しているので合わせてチェックしてみて下さい。

必要・推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 以上 (64ビット)
CPU2.8 Ghz Dual Core CPU3.2 Ghz クワッドコア CPU以上
グラフィック2GBのVRAM4GBのVRAM
メモリ8GB12GB
ストレージ15GB

参考情報:Steam

ストアページに記載されている7 Days to Dieの推奨環境のスペック表です。

7 Days to Dieの購入に関しても上記のSteamのストアページから行う事が可能です。日本語対応です。

CPU

CPU

CPUは推奨で3.2 Ghz クワッドコア CPU以上が指定されています。「Quad Core」は4コアという意味です。

最低でも4コア搭載のCPU以上がおすすめです。

メモリ

メモリ

フルHD最高設定だとメモリはゲーム開始時から既に9.9GBです。ちなみに4Kだと開始時で既に10.3GBでした。

最低レベルで16GB搭載が必要です。8GB搭載モデルだとゲーム中に落ちてしまう場合もあるので、メモリは16GB搭載モデル以上を選びましょう。

グラフィックス

グラフィックボードは、「4GBのVRAM」以上が推奨動作要件になっています。

ビデオメモリ4GB以上のグラフィックスボードを搭載したゲーミングPCがおすすめです。

グラボが無いパソコンでは推奨環境を満たさないので、快適にプレイするためにはゲーミングPCが必要になります。

以下で具体的な性能比較をしているのでそちらの項目も確認してみて下さい。

グラフィックス設定について

グラフィックス設定について

プリセットは「最高、高、中、低、最低」とありますが、低設定以下だけは避けたいです。テクスチャが非常に貧弱なので出来れば高設定以上が望ましいです。

7 Days to Dieが重いと感じている方は、全ての設定が下がる最低設定にすると7 Days to Dieが軽くなります。

最高設定と最低設定の比較

最高設定と最低設定の比較になります。

7 Days to Dieのグラボ別fps

7 Days to Dieのグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090152 FPS161 FPS167 FPS
RTX 4080119 FPS163 FPS166 FPS
RTX 308085 FPS160 FPS178 FPS
RTX 3070 Ti72 FPS137 FPS173 FPS
RTX 3060 Ti55 FPS107 FPS158 FPS
RTX 306042 FPS80 FPS120 FPS
RTX 305027 FPS59 FPS81 FPS
GTX 1660 S28 FPS58 FPS82 FPS
GTX 1650 S20 FPS33 FPS57 FPS

最高画質設定。Alpha 20.6環境。OS:Windows 11、CPU:Core i9-12900K、メモリ32GB。fps計測ツール「Frame View」

ベンチマーク計測機能は付いていないので手動で計測しました。設定はプリセットの最高設定です。

PCゲームでは60fpsで動作するという事が快適に動く指標となっています。上記の表で60fps以上出ているグラフィックカード搭載機であれば快適に7 Days to Dieが動作する指標となります。

 フルHD解像度ならGTX1660 SUPER以上がおすすめです。

 4K解像度ならRTX 3070以上がおすすめです。

7 Days to DieにおすすめのゲーミングPC

7 Days to DieにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

ビデオメモリは6GB搭載しているので安心して7 Days to Dieを楽しめます。

GALLERIA RM5C-R36

GALLERIA RM5C-R36
GALLERIAミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-R36」は、インテル第12世代プロセッサー&RTX 3060搭載でオンラインゲームや重量級ゲームなど様々なゲームを幅広く楽しめる性能を持ったゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアSKケースCPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R37」は、最新のRTX 3070を搭載したガレリアの高性能ゲーミングPCです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめます。

GALLERIA XA7C-R38

GALLERIA XA7C-R38
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R38」は、第13世代CPU&RTX 3080搭載で4K解像度でゲームがプレイ出来る圧倒的パフォーマンスが魅力です。

7 Days to DieにおすすめのノートPC

7 Days to DieにおすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL7C-R35H

GALLERIA RL7C-R35H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3050(4GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WUXGA
(165Hz)

公式サイトはこちら

「GALLERIA RL7C-R35H」は、高速リフレッシュレート165Hz対応モデル。RTX 3050は、フルHD解像度/中程度のゲームで快適に動作する性能です。

推奨の4GBのVRAM要件を満たしているので、7 Days to DieをノートPCで遊ぶ事が可能です。

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA XL7C-R36H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶16.0型 WUXGA
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7C-R36H」は、「RTX 3060」搭載の高スペックノートPCです。RTX 3060を搭載しているのでほとんどのゲームが快適に遊べるスペックです。

7 Days to Dieを高画質で快適にプレイしたい方におすすめのノートPCです。

おすすめのBTOメーカー

おすすめのゲーミングPCが買えるBTOメーカーをご紹介します。

ドスパラ

ドスパラ

ドスパラのゲーミングPCはブランド「GALLERIA」は、eスポーツ大会にも採用されているゲーミングPCです。

ドスパラのゲーミングPCはコストパフォーマンスが高く、モデルによっては配送が速いので、欲しいと思ったらすぐに自宅に届くのがドスパラの大きな特徴です。

公式サイトはこちら

マウスコンピューター

マウスコンピューター

CMでもおなじみのマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」は、日本eスポーツ連合(JeSU)の正会員です。

G-Tuneは24時間365日、電話&LINEで「永続」サポートが特徴的です。プロゲーマーやYouTuberの方でもG-TuneのゲーミングPCを使用しています。

公式サイトはこちら

パソコン工房

パソコン工房

パソコン工房のゲーミングPCブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」は、コストパフォーマンスが良い点が魅力的です。商品ラインアップも非常に豊富です。LEDで光るゲーミングPCも展開しています。

公式サイトはこちら

おすすめピックアップ記事