ゲーム推奨スペック

7 Days to Dieの推奨スペックとおすすめPC

maxresdefault

7 Days to Dieはゾンビがはびこる世界で7日毎に訪れる大量のゾンビ達を相手にするサバイバル要素と、家の建築要素や武器を作ったりするクラフティング要素が合わさったゲームシステムになっています。

7 Days to Dieの推奨スペックの情報と実際にグラフィックカード別にフレームレートを計測して取得しているのでどの程度の重さなのかという点を明確にしてみて下さい。

最後におすすめのゲーミングPCも紹介しているので合わせてチェックしてみて下さい。

必要・推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 以上 (64ビット)
CPU2.4 Ghz Dual Core CPU3.0 Ghz クワッドコア CPU以上
GPU2GBのVRAM4GBのVRAM
メモリ8GB12GB
ストレージ12GB

参考情報:Steam

7 Days to Dieのご購入に関しても上記のSteamのストアページから行う事が可能です。日本語対応です。

必要スペック

必要スペックを見ていきましょう。

「Dual Core CPU」は2コアという意味です。2.4 Ghz以上の2コアのCPUが必要です。

ストアページには「2 GB Dedicated Memory」という記載があります。Dedicatedは専用のという意味ですので、2GBのビデオメモリを搭載しているGPU(グラフィックカード)が必要という意味になります。

推奨スペック

推奨スペックも見ていきましょう。

「Quad Core」は4コアという意味です。3GHz以上の4コアCPU、グラボは4GBのビデオメモリーを搭載したゲーミングPC、メモリは12GBとなっています。

7 Days to Dieのベンチマーク

フルHD

WQHD

4K

ベンチマーク計測機能は付いていないので手動で計測しました。CPUはCore i9-10900K、メモリ16GB搭載機です。設定はプリセットの最高設定。

PCゲームでは60fpsで動作するという事が快適に動く指標となっています。上記の表で60の線より右にあるスコアが出ているグラフィックカード搭載機であれば快適に7 Days to Dieが動作する指標となります。

 4K解像度で快適な動作を期待したい方におすすめは設定を調整してのRTX2080Tiです。

 フルHD解像度で快適な動作を期待したい方におすすめはGTX1660 SUPER以上のGPUです。

おすすめのゲーミングPC

快適にゲームを楽しめるモデル

当サイト限定!より快適にゲームを楽しめるモデル

G-Tune PM-B-AF
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのGTX1660 SUPER搭載モデル。GTX1660 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめです。CPUはFPS・TPSに最適なCore i7-9700搭載。

Core i7×GTX1660 SUPER搭載のミドルの新定番

ガレリア XA7C-G60S
CPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

より快適な動作が見込めるハイスペックモデル

ガレリアの新筐体!RTX2070 SUPER搭載モデル

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R70S」は最新構成の人気モデルです。高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめしたい一台。

【当サイト限定】RTX2070 SUPER搭載モデル

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のRTX2070 SUPER搭載モデル。レイトレーシング対応。ビデオメモリは8GB搭載。筐体のメンテナンス性や使い勝手が良いモデルです。

GeForce RTX 2070 SUPERのベンチマーク GeForce RTX 2070 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

まとめ

GPU別性能比較

7 Days to Dieは現行のミドルクラスのグラフィックカードであれば高画質で快適に動作します。

高解像度でプレイしたい方はハイエンド機種がおすすめですが、60fps動作を目指す場合には画質調整をする必要があります。

【ゾンビサバイバル】SCUMの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC ゾンビサバイバルゲームの《SCUM》のスペックとおすすめのゲーミングPCを書いていきます。SCUMはオープンワールドのサバイバルゲー...
BIOHAZARD RE:3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC バイオハザード RE:3はバイオハザード3のリメイク作品になります。ゲームが販売されたので実際に実機で動作確認をしています。 また...
CODE VEIN(コードヴェイン)の推奨スペックとベンチマーク 『CODE VEIN(コードヴェイン)』の推奨スペック情報と実機ベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。コ...
デス・ストランディングの推奨スペックとおすすめPC 小島秀夫監督の最新作DEATH STRANDING(デス・ストランディング)の推奨スペックとおすすめPCの情報について書いています。...
おすすめピックアップ記事