MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

7 Days to Dieの推奨スペックとおすすめPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
7 Days to Dieの推奨スペックとおすすめPC

7 Days to Dieはゾンビがはびこる世界で7日毎に訪れる大量のゾンビ達を相手にするサバイバル要素と、家の建築要素や武器を作ったりするクラフティング要素が合わさったゲームシステムになっています。

7 Days to Dieの推奨スペックの情報と、実際にグラフィックカード別にフレームレートを計測して取得しました。

最後におすすめのゲーミングPCも紹介しているので合わせてチェックしてみて下さい。

目次

必要・推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 以上 (64ビット)Windows 7 以上 (64ビット)
CPU2.8 Ghz Dual Core CPU3.2 Ghz クワッドコア CPU以上
グラフィック2GBのVRAM4GBのVRAM
メモリ8GB12GB
ストレージ15GB15GB

参考情報:Steamストアページ

ストアページに記載されている7 Days to Dieの推奨環境のスペック表です。

7 Days to Dieの購入に関しても上記のSteamのストアページから行う事が可能です。日本語対応です。

CPU

CPU

CPUは推奨で3.2 Ghz クワッドコア CPU以上が指定されています。「Quad Core」は4コアという意味です。

最低でも4コア搭載のCPU以上がおすすめです。

メモリ

メモリ

フルHD最高設定だとメモリはゲーム開始時から既に9.9GBです。ちなみに4Kだと開始時で既に10.3GBでした。

最低レベルで16GB搭載が必要です。8GB搭載モデルだとゲーム中に落ちてしまう場合もあるので、メモリは16GB搭載モデル以上を選びましょう。

グラフィックス

グラフィックボードは、「4GBのVRAM」以上が推奨動作要件になっています。

ビデオメモリ4GB以上のグラフィックスボードを搭載したゲーミングPCがおすすめです。

グラボが無いパソコンでは推奨環境を満たさないので、快適にプレイするためにはゲーミングPCが必要になります。

以下で具体的な性能比較をしているのでそちらの項目も確認してみて下さい。

グラフィックス設定について

グラフィックス設定について

プリセットは「最高、高、中、低、最低」とありますが、低設定以下だけは避けたいです。テクスチャが非常に貧弱なので出来れば高設定以上が望ましいです。

7 Days to Dieが重いと感じている方は、全ての設定が下がる最低設定にすると7 Days to Dieが軽くなります。

最高設定と最低設定の比較

最高設定と最低設定の比較になります。

7 Days to Dieのグラボ別fps

スクロールできます
7 Days to Dieのグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090152 FPS161 FPS167 FPS
RTX 4080119 FPS163 FPS166 FPS
RTX 308085 FPS160 FPS178 FPS
RTX 3070 Ti72 FPS137 FPS173 FPS
RTX 3060 Ti55 FPS107 FPS158 FPS
RTX 306042 FPS80 FPS120 FPS
RTX 305027 FPS59 FPS81 FPS
GTX 1660 S28 FPS58 FPS82 FPS
GTX 1650 S20 FPS33 FPS57 FPS

最高画質設定。Alpha 20.6環境。OS:Windows 11、CPU:Core i9-12900K、メモリ32GB。fps計測ツール「Frame View」

ベンチマーク計測機能は付いていないので手動で計測しました。設定はプリセットの最高設定です。

PCゲームでは60fpsで動作するという事が快適に動く指標となっています。上記の表で60fps以上出ているグラフィックカード搭載機であれば快適に7 Days to Dieが動作する指標となります。

  • フルHD解像度ならGTX1660 SUPER以上がおすすめです。
  • 4K解像度ならRTX 3070以上がおすすめです。

7 Days to DieにおすすめのゲーミングPC

7 Days to DieにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。レビュー数が400件を超える人気のモデルです。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

GALLERIA XA7R-R47

ガレリアミドルタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7R-R47」は、ガレリアのミドルタワー型モデルです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

CPUに性能重視モデル「Ryzen 7 5700X」を搭載&高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070」搭載で快適にゲームを楽しめます。

「GALLERIA XA7C-R47S」の実機レビュー|RTX 4070 SUPER搭載

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、高解像度でプレイしたい方にもおすすめのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適に重量級ゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47TS

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti SUPER(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47TS」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti SUPER」を採用。ビデオメモリ16GB搭載で4K解像度の重量級ゲームも快適です。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

「GALLERIA XA7R-R47TS 7800X3D搭載」の実機レビュー|RTX 4070 Ti SUPER搭載

7 Days to DieにおすすめのノートPC

7 Days to DieにおすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL5C-R35-5N」は、エントリーゲーミングノートPCです。「RTX 3050(6GB)」搭載で、人気ゲームやホーム用途で使えるノートPCです。はじめてのゲーミングノートPCにおすすめです。

G-Tune E5-I7G60BK-A

スペック
CPUCore i7-13650HX
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.3型 2,560×1,600
WQXGA(240Hz)
重量約2.09kg

「G-Tune E5-I7G60BK-A」は、薄型軽量のWQXGAと240Hz液晶搭載のハイスペックゲーミングノートPCです。高精細なWQXGA解像度かつ、240Hzで遅延の少ないゲームプレイが可能です。

あわせて読みたい
『RUST』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC【グラボ別fps】 RUSTは過酷な環境で生き残る事を目的としたオープンワールドサバイバルゲームです。 RUSTの必要/推奨スペックやグラフィックスボード別fps、そしておすすめゲーミングPC...
あわせて読みたい
バイオハザード RE:4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC バイオハザード RE:4は、2005年に発売されたシリーズ屈指の人気作品「バイオハザード 4」のリメイク作品です。 注目度が高い作品となっているので、シリーズファンのみ...
目次