ゲーム推奨スペック

『RUST』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC【グラボ別fps】

『RUST』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

RUSTは過酷な環境で生き残る事を目的としたオープンワールドサバイバルゲームです。

RUSTの必要/推奨スペックやグラフィックスボード別fps、そしておすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

RUSTの特徴

RUSTの特徴

RUSTはパンツ一枚 or 全裸で岩とたいまつだけ持って目を覚ます所からスタートし、資源を集めて外敵から身を守る為に自分の拠点を作れます。

サバイバルゲームなので食料の確保や、クラフト要素もばっちりあります。

他には砂漠や寒冷地帯、放射能地帯などの環境要因でダメージを受けたり、野生生物や他のプレイヤーに襲われて死んでしまったりします。

RUSTはソロでも出来ますが、マルチプレイにも対応しているので友達と一緒にプレイする事も可能なゲームです。

PC版のメリットとしてはアップデートが最新の物が遊べます。

他の利点としてはウルトラワイドの対応やNVIDIA DLSS対応などがあります。

  • ウルトラワイド対応
  • NVIDIA DLSS対応
  • NVIDIA Reflex対応

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 8.1(64bit)Windows 11(64bit)
CPUCore i7-3770
AMD FX-9590
Core i7-4790K
AMD Ryzen 5 1600
GPUGeForce GTX 670
AMD R9 280
GeForce GTX 980
AMD R9 Fury
メモリ10GB16GB
ストレージ25GB

参考情報:steamストアページ

Steamのストアページの推奨環境のスペック表です。

CPUに関しては推奨でCore i7-4790K / Ryzen 5 1600以上になります。

メモリは16GBが指定されています。RUSTではメモリの消費量が多いので、メモリの容量は注意点になると思います。

そしてグラフィックボードはGTX980という事で、ある程度のグラボ性能は要求されるので現状だとGTX 1650 SUPER以上がおすすめになります。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

RUSTを快適に遊ぶための基準は?

  • フルHD以上
  • 60fps動作

フルHD(1920×1080)は液晶モニターの解像度のことです。PCゲームではフルHD以上がおすすめです。

60fpsはフレームレートのことです。フレームレートは動画やゲームにおける1秒あたりのフレーム数の事です。この数値が高いほど滑らかに描画されます。

RUSTのグラボ別FPS

RUSTのグラボ別FPS
GPUフルHD
1920×1080
WQHD
2560×1440
4K
3840×2160
RTX 3080 Ti112 FPS111 FPS104 FPS
RTX 3070 Ti114 FPS109 FPS88 FPS
RTX 3060 Ti112 FPS112 FPS73 FPS
RTX 3060118 FPS110 FPS56 FPS
RTX 3050112 FPS77 FPS37 FPS
GTX 1650 S88 FPS55 FPS25 FPS

計測場所:PROCEDURAL MAP。構成:Windows 11、Core i9-12700K、メモリ32GB、ストレージはSSDです。

RUSTではGTX 980が推奨グラフィックスになっているので『GTX 980 / GTX 1060 / GTX 1650 SUPER』で60fps出るグラフィックスになります。

環境や場所によってフレームレートが異なるので、重い場所で計測しています。軽い場所だと200fps出るMAPもあります。

4K解像度ならDLSSを有効にするのがおすすめ

GPUDLSSの有効4K(3840×2160)
RTX 3050MAX Performance
55
無効
37

NVIDIA DLSSを有効にすると20fps近くも増加しています。

RTX 3050でも60fps近く出ているので、余裕持つなら4K解像度でもRTX 3060で非常に快適にRUSTがプレイ可能です。

NVIDIA DLSSって何?という方向けに簡単に書くとパフォーマンスが向上する機械学習を活用した超解像技術の事です。

フルHD解像度でも使う事は可能ですが、どちらかというと4K解像度などの超高解像の描画負荷を軽減させる目的の効果が大きい技術です。

NVIDIA DLSSを有効にするとフレームレートが画質も損なわず上がるという効果が見込めます。

ただ、NVIDIA DLSSを利用するにはRTXグラフィックスボードが必須になります。

NVIDIA DLSS

NVIDIA DLSSの設定はゲーム内のグラフィックスの設定オプションから選択する事が可能です。

RUSTにおすすめのゲーミングPC

ゲーミングPCは専門ショップや専門メーカーで購入するのがおすすめです。BTOはコスパが良くゲーミングPCを購入する事が出来て、サポートも受けられるのでおすすめです。

配送が速いショップを探している方は『GALLERIA』がおすすめです。購入してからすぐに自宅に届きます。

G-Tune』も翌営業日出荷サービスを展開しているので配送が速いです。

どちらもeスポーツ大会にも採用される品質の高いゲーミングPCブランドです。

 ガレリア(ドスパラ)vs G-Tune(マウスコンピューター)徹底比較

推奨スペック情報や実機で検証してみてRUSTにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

フルHD解像度でRUSTをプレイするならこちらのモデルがおすすめです。

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデルです。RTX3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

画質を上げたい方や余裕を持った選び方をしたい方におすすめのモデルです。

 「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」の実機レビュー

GALLERIA XA7C-R37T

GALLERIA XA7C-R37T
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R37T」は高性能グラフィックス「GeForce RTX 3070 Ti」を搭載したモデルなので、最新ゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

タイトルによっては4K解像度でも動作するので4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

RUSTにおすすめのノートPC

ゲーミングノートPCは持ち運びが出来る点と、省スペースに環境を構築出来る利点があります。

ゲーミングノートPCはGTX 1660 Ti以上のグラフィックス性能を持つモデルがおすすめです。現在だとRTX 3060前後のモデルがRUSTにおすすめのノートPCです。

GALLERIA RL5C-R35T

GALLERIA RL5C-R35T
GALLERIA RL5C-G50CPUCore i5-11400H
グラフィックRTX 3050 Ti(4GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RL5C-R35」は、「RTX 3050 Ti」搭載ノートPCです。CPUは6コアCPUの「Core i5-11400H」搭載。

RUSTをコスパ良くプレイしたい方におすすめのゲーミングノートPCです。

GALLERIA UL7C-R36

GALLERIA UL7C-R36
GALLERIA UL7C-R36CPUCore i7-11800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA UL7C-R36」は、最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

 「GALLERIA UL7C-R37」の実機レビュー RTX 3070搭載

RUSTのグラフィックス設定

グラフィックイメージ
グラフィック設定グラフィック設定グラフィック設定

RUSTのグラフィックスの設定はプリセットが用意されていないので、任意で画質の調整をしていくタイプのゲームです。

全て左にすると軽くなり、全て右にすると重くなります。今回の計測では中~高設定辺りで設定しています。

最高の画質でプレイしたい方は少し余裕を持ったゲーミングPC選びをしても良いと思いますが、それでもフルHDならGTX 1660 SUPER辺りで非常に快適に遊べます。

RUSTのウルトラワイド

RUSTのウルトラワイド

RUSTはウルトラワイドモニターにも対応しています。ウルトラワイドモニターは上記の画像のように横長の画面になるので、臨場感や没入感の高さが特徴的です。

確認した限りでは3840×1600解像度にも対応していました。

サバイバルゲームなので気付いたら死んでしまっている事もありますが、空を見ていると癒やされます。風景をぼんやり見るような時はウルトラワイドが特に合っている気がします。

ウルトラワイドモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーム用のパソコン(ゲーミングPC)を買いたいけど、普通の人とは違う視点で考えていきたいという方におすすめなのがウルトラワイドです。...

RUSTの日本語化

RUSTの日本語化

RUSTをインストールしたら英語なので戸惑ってしまうかもしれません。

ゲームを開始したら右の方に『A字』というアイコンがあるので、クリックすると国旗が出てきます。日本を選択すると日本語で遊べます。

マインクラフトにMODを入れても快適な推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 全世界で2億本以上売れている大人気のサンドボックス型ゲームのマインクラフト。 PC版は他と何が違う?何でみんなPC版をおすすめする...
ARK: Survival Evolvedの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 『ARK: Survival Evolved』はサバイバルな恐竜のオープンワールドゲームです。サンドボックス的な要素と恐竜をテイム(...
おすすめピックアップ記事