ゲーム推奨スペック

GUNDAM EVOLUTIONの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

GUNDAM EVOLUTIONの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

「GUNDAM EVOLUTION(ガンダムエボリューション)」は、基本プレイ無料の本格FPSゲームです。

6vs6のチームバトルで、仲間との連携が不可欠なゲームです。スピーディーで没入感のあるチームバトルが体験できる戦略的なチームシューターゲームとなっています。

そんな「GUNDAM EVOLUTION」が快適にプレイできるスペックの情報と、おすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GUNDAM EVOLUTIONの必要と推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10 / 11( 64ビット)
CPUIntel Core i5-3570 3.4GHzIntel Core i7 4790 3.6GHz
メモリ8GB16GB
グラフィックスGeForce GTX 1050(2GB)GeForce GTX 1660 Ti(6GB)
ストレージ100GB

参考情報:「GUNDAM EVOLUTION」公式サイト

必要スペックは、Core i5-3570 / メモリ8GB / GTX 1050になります。

推奨スペックは、Core i7 4790 / メモリ16GB / GTX 1660 Tiです。

動作環境のCPUに関しては古いモデルなので、現行のモデルであれば動作要件は満たしているでしょう。

ただ、FPS・TPSゲームで高FPS出すにはグラボの性能も重要ですが、CPUの性能も重要になる場合もあります。また、ゲーム実況 / 配信を行う方は、CPU性能も高い製品がおすすめです。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

グラフィックス性能比較

グラフィックス性能比較

実機レビューの製品数値比較

実機で検証したグラフィックス性能比較が上記の表になります。どの程度の性能が必要になるかの目安としてチェックしてみて下さい。

必要動作環境はGTX 1050なのでそこまで高くないですが、グラフィックスボードは必要になるでしょう。

快適に動作させたい方はRTX 3060 / GTX 1660 Ti / RTX 3050 / GTX 1660 SUPER辺りの性能が推奨動作環境を満たす性能を持っています。

 ゲーミングPCのベンチマークデータまとめ

他のグラフィックスボードの性能をチェックしたい方は上記の記事を参考にしてみて下さい。

GUNDAM EVOLUTIONのグラボ別FPS

GUNDAM EVOLUTIONのグラボ別FPS

PCではフレームレート(fps)を計測する事ができます。

実際に私物のグラフィックスボードを使用し、GUNDAM EVOLUTIONの平均fpsを計測しました。

GUNDAM EVOLUTIONのグラボ別FPS
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 3090 Ti120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3090120 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3080 Ti119 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3080112 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3070 Ti93 FPS120 FPS120 FPS
RTX 307086 FPS120 FPS120 FPS
RTX 3060 Ti70 FPS120 FPS120 FPS
RTX 306053 FPS104 FPS120 FPS
RTX 305037 FPS73 FPS110 FPS
GTX 1660 S33 FPS69 FPS107 FPS
GTX 1650 S21 FPS55 FPS88 FPS

構成はWindows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、ストレージはSSD構成です。

画質設定は最高設定になります。計測場所は実際のゲームプレイに近い数値が出るチュートリアルで行っています。

対戦シューターゲームなので、フルHD / 120fps出るRTX 3060の性能がおすすめになります。

画質設定を下げれば120fpsは狙えるので、RTX 3050 / GTX 1660 Superあたりもおすすめです。

GUNDAM EVOLUTIONにおすすめのゲーミングPC

「GUNDAM EVOLUTION」におすすめのゲーミングPC

「GUNDAM EVOLUTION」におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i5-12400F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は最新ゲームや重量級ゲームも楽しめるモデルです。

 「G-Tune EM-B-FGPC」の実機レビュー RTX 3050搭載

GALLERIA XA7C-R36T

GALLERIA XA7C-R36T
GALLERIAミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R36T」はRTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCです。高性能グラフィックス搭載で重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。

ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

G-Tune PP-Z-3070Ti-FGPC

G-Tune PP-Z-3070Ti-FGPC
G-Tune PP-Z-3070Ti-FGPCCPUCore i7-12700KF
グラフィックRTX 3070 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
1TB HDD
ケースフルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のインテル第12世代プロセッサー「Core i7-12700KF」搭載の性能重視モデルです。冷却能力の高い水冷CPUクーラーも搭載。

RTX 3070 Tiを搭載しているので、ゲーム実況・配信、最新重量級ゲーム、FPSゲームで高fpsなど様々なシーンで快適に使えます。

GUNDAM EVOLUTIONの画質比較

最高画質低画質
最高画質低画質

画質設定を上げるとテクスチャや、アンチエイリアス(境界のジャギー)、影などのグラフィックス表現がリッチになります。

反対に画質設定を下げる事でパフォーマンスを確保する事が出来ます。

GUNDAM EVOLUTIONのグラフィックス設定

GUNDAM EVOLUTIONのグラフィックス設定

解像度はフルHDや4Kにも対応していました。ウルトラワイドは16:9表示でプレイ可能ですが、横に黒い帯が出ます。

GUNDAM EVOLUTIONの最大フレームレートは120FPSです。

一括で画質設定を変更出来るプリセットは「最高、高、中、低」が用意されてます。

画質設定を下げるとレンダー・スケールが下がってしまうので、レンダー・スケールだけは100%にするのがおすすめです。レンダー・スケールを下げると画質が荒くなってしまいます。

まとめ

  • 快適に楽しみたい:GTX 1660 SUPER / RTX 3050以上がおすすめ

GUNDAM EVOLUTIONの推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをまとめました。

グラフィックスはGTX 1660 SUPERやRTX 3050以上の性能がおすすめになります。

こちらの記事で「おすすめのゲーミングPC」「おすすめのゲーミングノートPC」も紹介しているので、合わせてゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」は、基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームです。 最大60人で参加し、3人でス...
【PC版】オーバーウォッチの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC オーバーウォッチのPC版オーバーウォッチを快適に動作させる為にはどんなゲームパソコンを選択すればいいのかというのを解説していきます。...
おすすめピックアップ記事