ゲーミングPCレビュー

【G-Tuneコラボ】NEXTGEAR i680SA1-FGの実機レビュー

マウスコンピューター(G-Tune)さんから「NEXTGEAR i680SA1-FG」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

シルバーモデルの特徴としては、ゲームにおいて最も重要なグラフィックボードにGTX1080を搭載しているので快適にゲームがプレイ可能なハイスペックモデルとなっています。

グラフィックボードの次に性能に影響するCPUのスペックも高く、現状のゲームではメモリ16GBあれば不足は無いでしょう。ストレージにはSSDが480GB搭載しているので大容量のゲームを入れる事も可能です。

総じてストレスフリーな構成になっている事に加えてコラボモデルなので価格も公式サイトよりも安く購入可能なメリットもあります。チェックしてみて下さい。

目次
1.スペック7.ストレージ
2.外観8.温度
3.搭載パーツ9.消費電力
4.ゲーム性能10.静音性
5.VR性能11.まとめ
6.CPU性能

スペック

NEXTGEAR i680SA1-FG
NEXTOSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-8700K
CPUクーラー水冷CPUクーラー
メモリ16GB
グラフィックスGeForce GTX 1080(8GB)
SSD480GB
HDD2TB
電源700W 
マザーボードZ370
カスタムNEXTGEAR専用 強化ガラスサイドパネル
光学ドライブDVD
キーボードG-Tuneオリジナル
マウスG-Tuneオリジナル
スペックに関しての注意点

※ベンチマーク時のレビュー機のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

ケースデザインが一新されてフロントパネルが非光沢なマットな質感に変更されました。PCケースの解説は【実機】G-Tune NEXTGEARのPCケース詳細まとめで書いているので参考にしてみて下さい。

サイドパネルに強化ガラスが採用されているのでメンテンス性が高いです。ミドルタワー型なのでデスクの下に置く方が多いでしょう。その際にエアダスター等で簡単に掃除をする事ができます。

映像端子としてはHDMI x1、DisplayPort x3、DVI×1が付いていました。

※グラフィックボードが変更される可能性があるので購入時には仕様詳細からご確認下さい。インターフェースのディスプレイという項目に記載されています。

内部パーツをチェック

i680シリーズからPCケースが一新した事でグラフィックカードホルダーが装備されたりストレージのベイの変更等がありました。

NEXTGEARはG-Tuneの主力級のデスクトップPCなのでマザーボードにZ370が採用されています。ハイスペックなゲーミングPCが欲しいという方にピッタリです。

HDDはSeagate製、SSDはKingston製が採用されていました。

CPUクーラーは水冷です。メモリはADATA製が採用されていました。

グラフィックボードはZOTACのGTX1080が搭載されていました。

マザーボードはMSI製のZ370が搭載されていました。

パーツに関しての注意点

※パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。あくまでもレビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという事になります。

ゲーム性能をチェック

ファイナルファンタジー XV《重量級》

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適に到達します。重量級のゲームをプレイされる方はこのベンチマークを指標にゲーミングPCを選択するのがおすすめになります。

解像度設定スコア評価
3840×2160高品質3351普通
2560×1440高品質6066快適
1920×1080高品質8214快適

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者《中量級》

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を余裕で超えているので、FF14は快適にプレイ可能です。

中量級のゲームのプレイを想定してゲーミングPCを選択される方はFF14のベンチマークを指標にして選択するのがおすすめです。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質6445とても快適
2560×1440最高品質12887非常に快適
1920×1080最高品質17027非常に快適

ドラゴンクエストX《軽量級》

すべての設定において最高評価の『すごく快適』評価が出ています。軽めのゲームなら性能を持て余すレベルです。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質19845すごく快適
1920×1080最高品質22075すごく快適

モンスターハンター第三弾[大討伐]《軽量級》

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは4万超えのスコアが出ています。MHFは余裕を持っても15,000を超えていれば安心してプレイ可能です。

画面サイズスコア
3840×216013942
2560×144028384
1920×108045791

3DMARK《世界標準》

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア18562
Graphics Score21212
Physics Score18364
Combined Score9666
Fire Strike EXtremeスコア9451
Graphics Score9927
Physics Score18041
Combined Score4559
Fire Strike Ultraスコア5086
Graphics Score4995
Physics Score17978
Combined Score2624
Time Spyスコア7028
Graphics Score6958
CPU Score7454

ゲーム内ベンチマークを計測

Rise of the Tomb Raider《中量級》

Rise of the Tomb Raider解像度設定FPS
3840×2160最高49
59
最低92
1920×1080最高125
152
最低192

中程度のゲームだとFF14などの国産オンラインゲームや数年前の重いゲームがこの位置に相当します。最高設定で120FPSを超えています。

Ghost Recom Wildlands《重量級》

解像度設定FPS
3840×2160ウルトラ29
45
68
1920×1080ウルトラ60
105
155

重量級は最新の重いゲームなどが該当します。フルHD最高設定で60FPSに到達しています。

アサシン クリード オリジンズ

解像度設定FPS
3840×2160最高38
1920×1080  最高80

重量級の部類に入るアサシンクリードオリジンズでも60FPSを大きく越えるフレームレートを計測しています。

Far Cry5

解像度設定FPS
3840×2160最高42
1920×1080  最高109

2018年発売ファークライ5のフルHDの最高設定でフレームレートを取得した時のベンチマーク結果になります。

VR性能をチェック

VRMARK《VR性能》

vrmark

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア10482
Avg FPS228.50 fps
Cyan Roomスコア6645
Avg FPS144.86 fps
Blue Roomスコア2217
Avg FPS48.32 fps

5000を大きく越えるスコアなのでVR Ready評価になります。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15スコア
CPU1419 cb
CPU(Single Core)198 cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。

CPUCinebench CPU スコア比較
Core i7-8700K
1419
Core i5-8500
937

マウスコンピューター(G-Tune)さんの実機レビューでCore i5-8500をレビューしているので比較してみると450スコア近く差が出ています。シングルコアでもCore i5-8500は「176cb」なので性能差がありました。

V-Ray Benchmark v1.0.8

CPUスコア(秒)
Core i7-8700K91秒(1分31秒)

CINEBENCH R15と同じ3DCGレンダリング系のベンチマークのV-Rayで計測すると91秒という結果になりました。

CPUV-Ray Benchmark スコア比較
Core i7-8700K
91秒
Core i5-8500
136秒

上に同じく実機レビューでCore i5-8500をレビューしているので比較してみると約40秒も差が出ています。

ストレージ速度をチェック

SSDHDD

ゲームタイトルによってはHDDが原因でスタッタリング(カクつき)が発生する場合もあります。480GBのSSDが搭載しているのでアクティブなゲームが多い方でも安心ですね。

温度のチェック

アイドル時とベンチマーク実行時の温度

CPUやGPU等の構成内容によって温度は変化します。3DMARKのFire Strikeのベンチマークを複数回実施した後に計測した温度になります。CPU温度は低め、GPU温度は普通です。

製品OCCTの高負荷時のCPU温度結果
本機(水冷)
72℃
通常モデル
80℃

CPUのストレステストをチェックする事ができる「OCCT」のLINPACKをAVX有効で10分間実行した時の最大値の温度を計測して比較しました。結果は8℃差が出ているのでCPUに高負荷をかけるような作業をした場合には水冷の効果は実感できるでしょう。

静音性のチェック

NEXTGEAR i680PA1-DL静音性チェック
アイドル時高負荷時(3DMARK 実行時)
46.0db47.9db

アイドル時と3DMARKのFire Strike Ultraを実行した時の騒音デジベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時ベンチマーク実行時
35.0w227w

消費電力を計測しました。※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。消費電力に関しては変動するという事は留意して下さい。

NEXTGEAR i680SA1-FGのレビューまとめ

デメリット

  • 5インチベイが無い事が気になる方には向いていない

5インチベイの主な用途は光学ドライブですが、光学ドライブは搭載しています。

メリット

  • GTX1080を搭載しているので快適にプレイ可能なタイトルの多さが魅力!
  • CPU性能が高いので配信やCPU負荷が高いゲームでも快適に動作!水冷クーラーで冷却面も安心
  • コラボモデルなので価格が安くなっている

5インチベイに関しては無くても困らないという方も多いので特にデメリットらしいデメリットも無いでしょう。

GTX1080は性能が高いので様々なゲームで快適に動作可能です。また、ワットパフォーマンスにも優れており、性能に対して消費電力が小さいという点もメリットになります。

冷却に定評のあるG-TuneなのでCPU性能に関しても申し分無く、水冷CPUクーラーが搭載されているので更に安定します。

BTOなのでカスタマイズには対応していますが、今回のモデルはカスタマイズをしないでも十分快適な構成を目指しているのでこのままの構成がコスパに優れています。

CPUの冷却効果を更に上げる場合にはグリスのカスタマイズをする事で更に効果が見込めます。デフォルトでも十分な冷却性能ですが、お好みでカスタマイズも可能です。

最高設定の美麗な画面でPCゲームを楽しんだり、ゲーム配信、VR、最新のPCゲームでも快適に動作する事が見込めるハイスペックモデルは幅広くPCゲームを楽しみたい方におすすめです。