ゲーミングPCレビュー

【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO im620SA2-FGの実機レビュー( i7-9700K GTX1660Ti )

マウスコンピューターさんのゲーミングPCブランド『G-Tune』から当サイトとのコラボモデルが3機種販売されておりますが、シルバーモデルとなる「NEXTGEAR-MICRO im620SA2-FG」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

シルバー、ゴールド、プラチナモデルの3機種があり、ラインナップの中では一番価格が安く、マイクロタワー型なので上位モデルと比較してコンパクトさが魅力的なモデルです。

性能面の特徴はCPUがCore i7-9700Kを搭載しているのでリアル8コアで最大4.9GHz駆動のゲームに最適なCPU、グラフィックボードにはTuringアーキテクチャですがRTコアが搭載しないGTX1660Tiが搭載します。

フルHDの中程度~重量級を視野に入れつつレイトレーシングは現状まだ早いと考えている方におすすめのゲーミングPCです。

はじめてゲームPCコラボモデル一覧

G-TuneデスクトップPC一覧

今回レビューするのはGTX1660Tiが搭載されている当サイト限定のコラボモデルになります。

スペック

NEXTGEAR-MICRO im620SA2-FG
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-9700K
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
NVMe SSD256GB
HDD2TB
マザーボードZ390

価格・詳細はこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはNEXTGEAR-MICROの専用ケースです。マイクロタワー型になります。ミドルタワー型と比較するとコンパクトなサイズが魅力的です。

側面には通気口があり冷却機構になっています。

前面インターフェース部はHDMI、USB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、その下には光学ドライブ、電源ボタンが並んでいます。

光学ドライブは非搭載なので必要な方はカスタマイズしましょう。

天板上部は完全にフラットでほこりの侵入も防ぎやすいです。

背面は上段に電源、中段にケースファンがあります。背面のファンは12cmです。下段にグラフィックボードの接続端子が並びます。

HDMI端子x1、DisplayPort端子x3が装備されています。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右上にストレージの格納。電源が左上にあり、その下にマザーボードという構図になります。グラボは左にスペースが広いので大型の製品でも対応可能そうです。

パネルを取り外すと確認できるのですがクッション性があるシールが貼られています。

CPUファンにはトップフロー型のCPUクーラーが搭載されていました。コスパ重視でデフォルトのままという選択でも良いでしょう。心配な方はグリスのカスタマイズを推奨します。AINEX AS-05か親和産業 OC7がおすすめです。

GPUはNVIDIA GEFORCE GTX 1660Tiが搭載されています。

グラフィックボードの留め具部分が2重になっており、より強力に固定されています。

マザーボードはZ390M-SO1が搭載されていました。M.2 SSDに関してはグラフィックボードを取り外すと確認できました。

M.2 シールド(放熱板)が付いていました。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア14024
Graphics Score15605
Physics Score18398
Combined Score6627
Fire Strike EXtremeスコア6845
Graphics Score6997
Physics Score18403
Combined Score3252
Fire Strike Ultraスコア3318
Graphics Score3125
Physics Score18376
Combined Score1882
Time Spyスコア6322
Graphics Score6159
CPU Score7442
Time Spy EXtremeスコア2898
Graphics Score2773
CPU Score3897

3DMARK Fire Strikeスコア比較

実機で取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

3DMARK TimeSpyスコア比較

実機で取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

レイトレーシングの性能をチェック

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのベンチマークになります。どの程度レイトレーシングをリアルタイムで処理できるかを評価したベンチマークソフトです。

実機で取得したグラフィックカード別PortRoyalの比較

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。現状国産ベンチマークで配布されている中ではかなり重いベンチマークになります。重量級のゲームをプレイされる方はこのベンチマークを指標にゲーミングPCを選択するのがおすすめになります。

解像度設定スコア評価
3840×2160高品質2735 / 27 fpsやや重い
標準品質3233 / 32 fps普通
軽量品質4566 / 45 fpsやや快適
2560×1440高品質4961 / 49 fps
標準品質6280 / 62 fps快適
軽量品質8422 / 84 fps
1920×1080高品質6812 / 68 fps
標準品質9128 / 91 fpsとても快適
軽量品質12038 / 120 fps非常に快適

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14が快適にプレイ可能です。中量級のゲームのプレイを想定してゲーミングPCを選択される方はFF14のベンチマークを指標にして選択するのがおすすめです。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質5075 / 37 fpsとても快適
5975 / 43 fps
標準12020 / 87 fps非常に快適
2560×1440最高品質10569 / 77 fps
12121 / 88 fps
標準16849 / 138 fps
1920×1080最高品質14830 / 112 fps
15820 / 123 fps
標準19211 / 180 fps

ドラゴンクエストX

すべての設定において最高評価の『すごく快適』評価が出ています。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質17832すごく快適
1920×1080最高品質22593

モンスターハンター第三弾[大討伐]

モンスターハンターオンラインでのベンチマークソフトでも非常に高いスコアが出ています。

画面サイズスコア
3840×216010213 / 102 fps
2560×144021052 / 211 fps
1920×108034032 / 341 fps

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で8万超えのスコアが出ています。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定682446 / 264 fps

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高24
36
52
WQHD
2560×1440
最高39
60
84
フルHD
1920×1080
最高54
78
101

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

バトルフィールド5

解像度設定DXR オンDXR オフ
4K
3840×2160
最高1430
1733
2846
3053
WQHD
2560×1440
最高2861
3764
5686
5999
フルHD
1920×1080
最高4587
5094
71123
79144

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点になります。DXRをオンとオフにした際のフレームレートになります。DLSSは使用不可になります。

World War Z

解像度設定FPS
4K
3840×2160
ウルトラ40
ミディアム46
ロー103
WQHD
2560×1440
ウルトラ74
ミディアム85
ロー162
フルHD
1920×1080
ウルトラ107
ミディアム120
ロー186

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

GTX1660Tiの性能的にはフルHDの重量級も視野に入り中程度のゲームなら快適なパフォーマンスが魅力のミドルクラスのビデオカードです。

DXRにはドライバーのアップデートで対応されましたが、RTコアを搭載したRTX20シリーズと性能の乖離が大きくDLSSも使えないので快適に使いたい場合にはRTX20シリーズが必要でしょう。

VR性能をチェック

VRMARK《VR性能》

VR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。

Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア9511
Avg FPS207 fps
Cyan Roomスコア6162
Avg FPS134 fps
Blue Roomスコア1920
Avg FPS41 fps

5,000を超えているのでVRゲームも楽しめるスペックになります。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。レンダリングに必要な演算能力が約8倍、メモリ消費量も4倍に引き上げられたそうです。また、CINEBENCH R15とは比較出来ません。CPU 3605cb、CPU(single-Core) 498cbを記録しました。

 

CINEBENCH R15

CPU 1482cb、CPU(single-Core) 206cbを記録しました。 ゲームにおいてはフレームレートが伸びたと実感できるシーンも多いのでCore i7-9700Kはおすすめです。

 

CINEBENCH R15スコア比較

実機で取得したスコアの比較表になります。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

容量が256GBのSSDと2TBのHDDが搭載されています。アクティブなタイトルが1~2本程度であれば足りる容量でしょう。もっと多くのタイトルをアクティブにしておきたい方は500GBクラスや1TBクラスのSSDを検討しても良いでしょう。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
43.7 db46.9 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デジベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時55.8W、3DMARKのFire Strike実行時には172Wでした。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。

まとめ

シルバーモデルはフルHDで最新ゲームや人気のシューターゲームを快適にプレイしたい方におすすめのモデルです。CPUはCore i7-9700Kを搭載しているのでFPS等のゲームで画質よりもフレームレートを優先した設定下げ運用も快適です。

BFVやWWZで計測したフルHDの低い設定のフレームレートを確認するとかなり高い数値が出ているので144Hzのゲーミングモニターと組み合わせるのも良いでしょう。

GPUは最新ミドルクラス、CPUは第9世代のCore i7シリーズ最新ハイエンド構成ですので上述の通りフルHDゲームは一通り遊べるのではじめてのゲーミングPCの購入や古めのゲーミングPCの買い替えにもシルバーモデルは適した選択肢でしょう。

シルバーモデルはこんな方におすすめ

  • ミドルタワー型だと物理的に少し大きいと感じる方
  • 前面インターフェース部にHDMI端子が欲しい方
  • フルHD重量級も視野に入るパフォーマンスが欲しい方
  • FPSやTPSなどの人気ゲームで144FPSを狙いにいきたい方

シルバーモデルの詳細はこちら

G-TuneデスクトップPC一覧

おすすめピックアップ記事