ゲーム推奨スペック

水上サバイバル『Raft』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

水上サバイバル『Raft』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

raftは海の上でマインクラフトのようにサバイバルを行う事が可能なサンドボックスゲームです。基本的なゲームの流れとしては、漂流物をかき集めてそれを元にイカダを拡張していくというゲームシステムになります。

Co-opプレイにも対応しているので友達と一緒にワイワイ漂流していくのも楽しいゲームだと思います。

拠点づくりが楽しい

海上生活を楽しめるゲーム

とにかく漂流物を集めて拠点を拡張していくのが非常に楽しいです。マイクラの拠点づくりに通じる面白さがありますね。ただずっと海の上で生活するので天候条件が悪いとイカダが揺れます。

イカダはサメに襲われてカジラれたり、農作物を育てていると空から鳥が収穫物を狙ってきたりと敵は存在していますが、ノーマルモード時ではそこまで難易度的にきついという感じがしないので空腹や渇きの方が序盤は厄介かもしれません。

お腹が減ったり喉が乾くと視界が悪くなったり主人公の呼吸が荒くなったりします。難易度はイージーからハードまであり、クリエイティブモードもあるのでマインクラフトに慣れているという方ならすんなり受け入れられると思います。

拠点を拡張できる

作れる物に関しては調査をして増えていくので生活が安定してくると拠点を拡張する好機です。

拠点づくりが楽しい

ロフト的なのを作ってベッドを置いてランタンを置いて雰囲気を出してみました。かなり熱中度高めなスルメゲーです。

Raftの推奨スペック

OSWindows7以降
CPUIntel Core i5 2.6GHz or similar
メモリ8 GB RAM
GPUGeForce GTX 700 series or similar
ストレージ3 GB 利用可能

参考:Raftストアページ

CPUのsimilarは同様のという意味です。

Core i5 2.6GHz程度のCPUであればOKで、メモリは8GB、GPUはGTX700シリーズという事でスペック的にはそこまで高い要求があるゲームでは無いので気軽に始められると思います。

GTX 700 seriesといってもGTX760なのかGTX780なのかでも違ってくるとは思いますよね。

GTX1060でも100FPSは超えるのでGTX1050くらいが適正値だと思います。

必要メモリ容量

メモリに関しては4GBだと流石に厳しいですが8GBあればRaftの場合には十分でしょう。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

おすすめのゲーミングPC

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

いずれも夏にピッタリのゲームです。興味のある方は是非!

おすすめピックアップ記事