ゲーム推奨スペック

戦国無双5の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

戦国無双5の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

7年ぶりのシリーズ最新作「戦国無双5」の必要スペックと推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

また、実機を用いてどの程度のスペックがあれば戦国無双5が快適に動かせるの?といった事についてもまとめています。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUIntel Core i5-4460Intel Core i7 -4770K
AMD Ryzen 5 2600
GPUGTX  660
Radeon R7 370 
GTX 1060
Radeon RX 590
メモリ6GB8GB
DirectX11
ストレージ25GB
解像度1280×7201920×1080
FPS30FPS60FPS

参考情報:Steamストアページ

OSはWindows10の64ビットが必要です。

必要スペックはHD画質30FPSでCore i5-4460 / GTX 660 / メモリ6GBが下限です。

推奨スペックはフルHD解像度60FPSでCore i7-4770K / GTX 1060 / メモリ8GBが指定されています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

ウルトラワイドには非対応

ウルトラワイドには非対応

解像度は4K解像度に対応しています。ウルトラワイドと呼ばれるアスペクト比21:9だと、横に黒い帯が出ます。

例えば3440×1440の場合だと表示領域としては、2560×1440(WQHD)でのプレイになります。

グラボ別fps

戦国無双5でどの程度快適にプレイできるのかを実際にチェックしました。

CPUはCore i9-11900K、メモリは32GB搭載モデルです。画質は最高設定の「HIGH」設定で検証しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

GTX1650 SUPER

GTX1650 SUPER

手持ちのGTX1650 SUPERでプレイ。フルHD解像度に関しては推奨でGTX1060 / Radeon RX 590が指定されています。

フルHD解像度ならGTX1650 SUPERでも快適に動作していました(60FPS)が、ビデオメモリの容量的に厳しいシーンもあるかもしれません。

4K解像度でプレイすると4FPSになり、カクカクでまともにプレイ出来ない状態です。ビデオメモリも完全に超過していて重いです。

特に閃技を使用するとフレームレートが劇的に低下していました。

GTX1660 SUPER

GTX1660 SUPER

GTX1660 SUPERでプレイしてみると4K解像度でも40~60FPSでプレイ可能でした。ビデオメモリの容量も足りているでしょう。

RTX3060

RTX3060

RTX3060では、ほぼ4K解像度で60FPS張り付きです。敵が密集しているシーンでも一瞬58/59FPSに落ちるシーンもありますが、快適にゲームを楽しむ事が出来ました。

それ以上のグラフィックスボード搭載モデルであれば4K解像度で戦国無双5を快適に楽しめるでしょう。

おすすめのゲーミングPC

戦国無双5におすすめのゲーミングPCを紹介します。

ガレリア RM5R-G60S

ガレリア RM5R-G60
ガレリアミニタワーCPURyzen 5 3500
グラフィックGTX1660(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

GTX1660を搭載したコスパ重視のゲーミングPC。フルHD解像度でゲームをコスパ良くプレイしたい方におすすめです。

G-Tune HM-B-AF

G-Tune HM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-AF」は最新グラフィックスRTX3060搭載モデル。RTX3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも快適に楽しめる高性能モデルです。

おすすめのゲーミングノートPC

おすすめのゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCはGTX1660Ti以上のグラフィックス性能を持つモデルがおすすめです。

ガレリア XL7C-R36

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-10875H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.8時間
重量約 2.0kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XL7C-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

G-Tune H5

G-Tune H5
g-tune-h5CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)
動作時間約 11.5時間
重量約 2.23kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune H5はグラフィックスボードにGeForce RTX3070が搭載しているので重量級ゲームを本格的に楽しみたい方におすすめです。極めて高い高性能グラフィックスを搭載しています。

無双OROCHI3の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 無双OROCHI3は総勢170名のキャラクターで一騎当千のアクションが楽しめる人気のゲームです。Steamでも無双OROCHI3が配...
信長の野望・大志の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 信長の野望・大志は戦国時代の大名となって天下統一を目指すシリーズ15作目の歴史シュミレーションゲームの長寿シリーズです。今作では武将...
おすすめピックアップ記事