MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

インテル Arc A380 グラフィックスのベンチマーク

当ページのリンクには広告が含まれています。

インテル Arc A380 グラフィックスのベンチマーク

インテル Arc A380 グラフィックスのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

目次

ゲームのベンチマークをチェック

ベンチマーク数値は「G-Tune PL-B-A380」から出た数値になります。

ゲームのベンチマークテストやFPS計測時の平均フレームレートになります。

グランド・セフト・オートV(GTA5)

GTA5
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
最高 16 FPS
最低 154 FPS

可能な限り最高設定。高度なグラフィックオプションはデフォルト。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Forza Horizon 5

Forza Horizon 5
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム 18 FPS
58 FPS
最低 101 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Forza Horizon 5は高設定辺りで60FPSに迫るフレームレートが出ます。

メトロエクソダス(METRO EXODUS)

メトロエクソダス
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム 21 FPS
38 FPS
77 FPS

フレームレートはベンチマークソフトを実行した時の数値になります。全ての値のShading Rateを100%に変更。RTX/DLSSはオフ

メトロエクソダスは重量級ゲームです。画質設定を最大限落とせば60fps動作が見込めます。

アサシンクリードヴァルハラ

アサシンクリードヴァルハラ
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
最高 28 FPS
37 FPS
56 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。解像度スケールは100%

アサシンクリードヴァルハラは重量級ゲームです。低設定で60FPSに迫るフレームレートが出ます。

ファイナルファンタジー XV

ファイナルファンタジー15
解像度 設定 FPS / スコア / 評価
フルHD
1920×1080
29 FPS / 2943
やや重い
標準 48 FPS / 4748
やや快適
軽量 61 FPS / 6141
快適

バージョン1.3:フレームレートはベンチマーク実行時の数値から算出。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

フォートナイト

フォートナイト
解像度 設定 FPS
WUXGA
1920×1200
最高 43 FPS
198 FPS

「TILTED TOWERS BENCHMARK」の平均fps。3D解像度は100%に変更。レイトレーシング / NVIDIA DLSS無効で計測。DirectX12を有効。

フォートナイトは40~200FPS動作が見込めます。画質調整して144fpsを狙う事も可能です。

オーバーウォッチ2

オーバーウォッチ2
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
エピック 50 FPS
68 FPS
122 FPS

計測場所:「Eichenwalde」。乱戦時のみのフレームレート計測。レンダー・スケールは100%に設定しています。

オーバーウォッチは高~低設定で60~120FPS動作が見込めます。

モンスターハンターライズ:サンブレイク

モンスターハンターライズ:サンブレイク
解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
50 FPS
94 FPS
107 FPS

計測場所は水没林です。

モンハンライズは高設定で50FPS動作が見込めます。中設定なら60FPSを大きく超えます。

ApexLegends

ApexLegends
解像度 設定 FPS
WUXGA
1920×1200
最高 58 FPS
最低 80 FPS

計測場所:ストームポイント「養殖場」

ApexLegendsは中程度の描画負荷のFPSゲーム。高画質60fps動作が見込めます。

ファイナルファンタジー XIV 暁月のフィナーレ

FF14ベンチマーク
解像度 設定 FPS / スコア / 評価
フルHD
1920×1080
最高 59 FPS / 8652
快適
63 FPS / 9267
快適
標準 104 FPS / 15406
非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価となります。

PSO2:NGS

PSO2:NGS
解像度 設定 スコア
フルHD
1920×1080
ウルトラ 3213
重い
11203
快適
最低 31040
快適

PSO2:NGSは画質設定を中設定で快適な動作が見込めます。

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
解像度 設定 スコア
フルHD
1920×1080
最高 16071
すごく快適

ドラクエ10のような軽いゲームは高画質設定でも快適な動作が期待出来ます。

3DMARKのベンチマーク結果

3DMARK

3DMarkのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3D MARK 項目 スコア
Fire Strike スコア 9624
Graphics Score 10462
Physics Score 23348
Combined Score 3878
Time Spy スコア 5002
Graphics Score 4653
CPU Score 8706

TimeSpy

当サイトでテストしたTimeSpyのグラフィックススコアの比較です。

グラフィックスの性能で比較すると「インテル Arc A380 グラフィックス」は「GTX 1650 SUPER」程度の性能でした。

しかし、他のベンチマークで比較するとGeForceの方が良い結果になる事が多かったです。

3DMARKは実際のゲーム性能を知るのに最適なベンチマークソフトですが、「インテル Arc A380 グラフィックス」に関してはドライバやゲームの最適化など様々な要因により、実際のゲーム性能ではもっと下になるシーンが多いように思います。

今後最適化が行われて3DMarkのベンチマーク結果通りの純粋なポテンシャルを発揮してくれる事に期待です。

他のグラフィックスとの比較は以下の記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
「G-Tune PL-B-A380」の実機レビュー インテル Arc A380搭載 マウスコンピューターさんからインテル Arc A380搭載の「G-Tune PL-B-A380」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「G-Tune PL-B-A380」は、エントリー向け...

インテル Arc A380 グラフィックスの性能まとめ

「インテル Arc A380 グラフィックス」のゲーム性能としては、中程度のゲームで快適な動作が期待出来ます。

軽いゲームなら快適に動作出来る性能なので、マインクラフトやドラクエ10のような軽いゲームや、Apex Legends、オーバーウォッチ2、VALORANTなどの人気タイトルでフルHD / 60FPS動作は見込めます。

カジュアルにゲームを楽しみたい方におすすめのゲーム性能です。

インテル Arc A380 グラフィックスの性能まとめ

  • フルHD解像度の中程度のゲームの高設定に最適な性能
  • 高fps出したいFPS・TPSゲーマーには物足りない性能
  • VRAMが6GBなのでGTX 1650と比較すると優位性もある
  • GTX 1650と比較して劣るタイトルもある点がデメリット

あわせて読みたい
RTX30シリーズのベンチマーク GeForce RTX 30シリーズのスペックとベンチマークを比較しました。ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。 【RTX30シリーズの特徴】 第2世代RTコアが搭載(レイトレ...
あわせて読みたい
ゲーミングPCのベンチマークデータまとめ 当サイトで取得した実機レビューのベンチマークデータをまとめた記事になります。 こちらでゲームのパフォーマンスに関してチェックしたいポイントをまとめているのでゲ...
目次