グラフィックボードから選ぶ

GeForce RTX 2070 SUPERのベンチマーク

GeForce RTX 2070 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。21:9のUWQHD(3440×1440)、UWFHD(2560×1080)のウルトラワイドの検証も行ってみました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

GeForce RTX 2070 SUPERのスペック

RTX2070 SUPERはTuringアーキテクチャでRTコアを搭載しているのでレイトレーシング(DXR)に対応しています。また、TENSORコアも搭載しているのでNVIDIA DLSSを使う事が出来ます。対応タイトルとしては『モンハンワールド(DLSS)』です。RTX2070 SUPERとウルトラワイドに対応したモンハンワールド+DLSSの組み合わせは凄く良いのではないかと思います。

DirectX 11のパフォーマンス比較テストになります。代表的なタイトルとしてはFF14などです。ベンチマークの画面にもDirectX 11と記載があります。まだまだ人気ゲームはDirectX 11な印象があります。

TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンス比較テストになります。RTX2070 SUPERはTuringアーキテクチャなのでDirectX 12のパフォーマンスに期待できます。

レイトレーシング(DXR)はDirectX 12でないと使用出来ないのでTimeSpyもチェックしてみましょう。前世代のPascalから大きくパフォーマンスがアップしています。DirectX 12の代表的なタイトルはForza Horizon 4やレイトレーシング対応タイトルになります。

ゲームのベンチマークをチェック

ベンチマーク数値はテスト機から出た数値になります。構成はCPU:Core i7-9700K / メモリ:16GB:PC4-21300 (DDR4-2666MHz) / GPU:RTX2070 SUPER / MB:Z390になります。RTX2070 SUPERはZOTACのGeForce RTX2070 SUPER Twin Fanを使用しています。グラフィックドライバーは『436.15』です。

 

ファイナルファンタジー XV(バージョン1.2)

ファイナルファンタジー
4K
3840×2160
42 FPS / 4213
標準50 FPS / 5068
軽量70 FPS / 7073
WQHD
2560×1440
75 FPS / 7526
標準92 FPS / 9239
軽量124 FPS / 12420
フルHD
1920×1080
102 FPS / 10245
標準133 FPS / 13389
軽量167 FPS / 16744

バージョン1.2:フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

上画像はNVIDIA DLSSを有効にして、NVIDIA VXAOとNVIDIA ShadowLibsをオフにした際のベンチマーク結果になります。やや快適なので4Kの重量級ゲームは少し物足りないので要調整です。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド
4K
3840×2160
最高49 FPS(DLSS)
64 FPS(DLSS)
93 FPS(DLSS)
UWQHD
3440×1440
最高71 FPS(DLSS)
96 FPS(DLSS)
124 FPS(DLSS)
WQHD
2560×1440
最高90 FPS(DLSS)
121 FPS(DLSS)
132 FPS(DLSS)
UWFHD
2560×1080
最高76 FPS※
104 FPS※
133 FPS※
フルHD
1920×1080
最高95 FPS※
128 FPS※
138 FPS※

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。※DLSS使用不可(アスペクト比が16:9の場合は2560×1440以上、21:9では3360×1440以上)

 

アサシンクリードオデッセイ(Assassin’s Creed ODYSSEY)

アサシンクリードオデッセイ
4K
3840×2160
最高39 FPS
52 FPS
75 FPS
UWQHD
3440×1440
最高52 FPS
69 FPS
WQHD
2560×1440
最高61 FPS
83 FPS
111 FPS
UWFHD
2560×1080
最高66 FPS
87 FPS
フルHD
1920×1080
最高73 FPS
100 FPS
123 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

UWQHD(3440×1440)高設定で69fpsとなりました。

 

ゴーストリコンワイルドランズ(Ghost Recon Wildlands)

ゴーストリコンワイルドランズ
4K
3840×2160
最高37 FPS
57 FPS
88 FPS
UWQHD
3440×1440
最高49 FPS
79 FPS
116 FPS
WQHD
2560×1440
最高59 FPS
96 FPS
140 FPS
UWFHD
2560×1080
最高63 FPS
107 FPS
153 FPS
フルHD
1920×1080
最高73 FPS
125 FPS
176 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ウィッチャー3

ウィッチャー3
4K
3840×2160
最高49 FPS
60 FPS
90 FPS
UWQHD
3440×1440
最高72 FPS
84 FPS
121 FPS
WQHD
2560×1440
最高84 FPS
106 FPS
最低153 FPS
UWFHD
2560×1080
最高95 FPS
115 FPS
166 FPS
フルHD
1920×1080
最高112 FPS
136 FPS
最低177 FPS

『大祭司広場』にて特定のコースで周回した時のフレームレートになります。グラフィック設定はプリセットの最高+高+環境閉塞HBAO+(後処理)、高+中+環境閉塞なし(後処理)、低+低(後処理)

 

ウォッチドッグス2

4K
3840×2160
最大41 FPS
55 FPS
87 FPS
UWQHD
3440×1440
最高58 FPS
77 FPS
103 FPS
WQHD
2560×1440
最大63 FPS
86 FPS
105 FPS
UWFHD
2560×1080
最高75 FPS
90 FPS
102 FPS
フルHD
1920×1080
最大83 FPS
92 FPS
107 FPS

ランバートストリートで計測。

 

グランド・セフト・オートV(GTA5)

4K
3840×2160
最高45 FPS
UWQHD
3440×1440
最高67 FPS
WQHD
2560×1440
最高89 FPS
UWFHD
2560×1080
最高104 FPS
フルHD
1920×1080
最高123 FPS

可能な限り最大設定。高度なグラフィックオプションはオフ。

 

バトルフィールド5

解像度画質設定DXR / DLSSオンDXRオフ
4K
3840×2160
最高48 FPS49 FPS
49 FPS52 FPS
62 FPS75 FPS
64 FPS81 FPS
WQHD
2560×1440
最高70 FPS92 FPS
75 FPS98 FPS
90 FPS132 FPS
94 FPS150 FPS
フルHD
1920×1080
最高94 FPS130 FPS
99 FPS137 FPS
115 FPS175 FPS
120 FPS200 FPS

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点になります。DXRをオンにしてDLSSもオンにした際のフレームレートとDXRをオフにしたフレームレートになります。

 

ダークソウル3

4K
3840×2160
最高50 FPS
55 FPS
60 FPS
WQHD
2560×1440
最高60 FPS
60 FPS
60 FPS
フルHD
1920×1080
最高60 FPS
60 FPS
60 FPS

場所は火継ぎの祭祀場で行いました。場所によってフレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

 

STEEP

STEEP
4K
3840×2160
超高50 FPS
72 FPS
86 FPS
UWQHD
3440×1440
最高70 FPS
99 FPS
118 FPS
WQHD
2560×1440
超高92 FPS
125 FPS
142 FPS
UWFHD
2560×1080
最高103 FPS
139 FPS
156 FPS
フルHD
1920×1080
超高128 FPS
160 FPS
174 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

4K
3840×2160
最高8326 / 61 FPS
9626 / 70 FPS
標準16527 /124  FPS
WQHD
2560×1440
最高15553 / 116 FPS
16424 / 126 FPS
標準19793 / 179 FPS
フルHD
1920×1080
最高17878 / 149 FPS
18342 / 159  FPS
標準21675 / 211 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。(Fraps計測)

参考画像

4Kの最高設定

WQHDの最高設定

フルHDの最高設定

Forza Horizon 4

FORZAHORIZON4
4K
3840×2160
ウルトラ88 FPS
ミディアム115 FPS
ベリーロー154 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ128 FPS
ミディアム165 FPS
ベリーロー210 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ153 FPS
ミディアム175 FPS
ベリーロー215 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

フォートナイト

4K
3840×2160
エピック59 FPS
83 FPS
125 FPS
209 FPS
WQHD
2560×1440
エピック122 FPS
158 FPS
226 FPS
314 FPS
フルHD
1920×1080
エピック178 FPS
216 FPS
288 FPS
363 FPS

場所:ダスティディボットにて。3D解像度は100%に変更済み。

 

Apex Legends

4K
3840×2160
最高76 FPS(59)
最低104 FPS(78)
WQHD
2560×1440
最高119 FPS(94)
最低193 FPS(162)
フルHD
1920×1080
最高145 FPS(123)
最低206 FPS(181)

かっこ内は最小フレームレートになります。スカルタウンに降下した際のフレームレート。フルスクリーン、視界:90、色覚特性モード:オフ、垂直同期:適用型(1/2レート)、解像度適応の目標fps:0、設定は最高は右に全て設定、最低は左に全て設定になります。

 

ファークライ ニュードーン

4K
3840×2160
最高60 FPS(50)
64 FPS(53)
74 FPS(61)
WQHD
2560×1440
最高95 FPS(69)
106 FPS(88)
120 FPS(97)
フルHD
1920×1080
最高101 FPS(71)
111 FPS(88)
123 FPS(96)

かっこ内は最小FPSです。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

レインボーシックス シージ

4K
3840×2160
最高70 FPS(62)
最低132 FPS(71)
WQHD
2560×1440
最高131 FPS(106)
最低252 FPS(129)
フルHD
1920×1080
最高198 FPS(117)
最低348 FPS(96)

かっこ内は最小FPSです。レンダリングのスケーリングは100に変更しています。ベンチマーク結果の全般の平均fpsと最小fpsになります。

 

PSO2 EPISODE4

PSO2
1920×1080設定6282 FPS / 94432

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
3840×2160最高194 FPS / 21465
1920×1080最高202 FPS / 22392

 

3DMARKのベンチマーク結果

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア21143
Graphics Score25055
Physics Score18653
Combined Score10729
Fire Strike EXtremeスコア11388
Graphics Score11940
Physics Score18602
Combined Score5907
Fire Strike Ultraスコア6047
Graphics Score5918
Physics Score18615
Combined Score3272
Time Spyスコア9704
Graphics Score10096
CPU Score7954
Time Spy EXtremeスコア4564
Graphics Score4664
CPU Score4071

Fire Strikeで比較

GPU3DMARK Fire Strike(GraphicsScore)
RTX2080Ti
32976
RTX2080 SUPER
28390
RTX2080
26789
RTX2070 SUPER
25055
RTX2070
22064
RTX2060 SUPER
21599
RTX2060
19030
GTX1660Ti
15845
GTX1660
13359
GTX1060(6GB)
12124

Direct X11の代表的なベンチマークソフトの3DMARK FireStrikeのグラフィックススコアを比較してチェックしてみました。

TimeSpyで比較

GPU3DMARK TimeSpy(GraphicsScore)
RTX2080Ti
13380
RTX2080 SUPER
11523
RTX2080
10799
RTX2070 SUPER
10096
RTX2070
8723
RTX2060 SUPER
8413
RTX2060
7543
GTX1660Ti
6151
GTX1660
5370
GTX1060(6GB)
4134

Direct X12の代表的なベンチマークソフトの3DMARK TimeSpyのグラフィックススコアを比較してチェックしてみました。

GeForce RTX 2070 SUPERの性能まとめ

フルHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)の重量級のゲームでも対応可能なスペックを持ち、中量級の4Kゲーミングも視野に入るスペックを持っています。

また、DXRにも対応しておりレイトレーシングを本格的に体験する事ができます。

価格を考慮すると魅力的な選択肢の一つになるので価格に対するスペック面と最新の技術面という観点からおすすめなグラフィックカードになります。

GeForce RTX 2070 SUPER搭載のおすすめのゲーミングPC

大人気ゲーミングPCブランド『ガレリア』

ガレリア XF
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーボードB365

ドスパラの人気ゲーミングPCがガレリアXFです。人気ランキング常連で無料アップグレードも豪華なのでコスパに優れるおすすめのゲーミングPCです。

品質・サポート『G-Tune』

NEXTGEAR i690GA5
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 256B HDD 1TB
マザーZ390

第9世代のCore i7-9700KとRTX2070 SUPERを組み合わせたハイスペック構成になります。

おすすめピックアップ記事