ベンチマーク

GeForce RTX 3090のベンチマーク

GeForce RTX 3090のベンチマーク

GeForce RTX 3090のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。8K解像度についてもチェック出来るタイトルは検証を行いました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

アサシンクリードヴァルハラを追加

ゲームのベンチマークをチェック

ベンチマーク数値はテスト機から出た数値になります。構成は以下の通りです。

CPUCore i9-10900K
CPUファン水冷CPUクーラー(280mm)
CPUグリスダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
GPURTX3090
メモリ32GB
マザーボードZ490
電源850W

グラフィックカードはPalit製の定格モデルのRTX3090を使用しています。

 

メトロエクソダス(METRO EXODUS)

メトロエクソダス
解像度設定FPS
4K
3840×2160
エクストリーム59 FPS
86 FPS
149 FPS
WQHD
2560×1440
エクストリーム85 FPS
135 FPS
196 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム100 FPS
149 FPS
202 FPS

フレームレートはベンチマークソフトを実行した時の数値になります。DX12,全ての値のShading Rateを100%に変更。レイトレーシング・NVIDIA DLSSはオフ。

メトロエクソダスベンチマークメトロエクソダスの4K解像度においてNVIDIA DLSSを適用したベンチマーク結果と、レイトレースとDLSSをオフにした数値、そしてレイトレウルトラ設定+DLSSをオンにした設定の3つで比較してみました。

DLSSのみの設定では4Kでもかなり高いフレームレートが出ていて、レイトレーシングとDLSSはセットで運用が必須に近い所があるので両方適用するとレイトレオフと少し数値の差はあるのですが、かなり近い数値となっています。

メトロエクソダスの内蔵ベンチマークソフトでこれだけの数値が出せるので最重量級4Kゲームも快適と言えると思います。

 

CONTROL

CONTROL
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
48 FPS※
59 FPS※
79 FPS※
4K
3840×2160
57 FPS
69 FPS
100 FPS
WQHD
2560×1440
71 FPS
101 FPS
174 FPS
フルHD
1920×1080
94 FPS
105 FPS
178 FPS

高設定:高設定+レイトレーシング高設定、中設定:中設定+レイトレーシング中設定、低設定:低設定+レイトレーシングオフ。場所はディレクターズオフィスでNVIDIA DLSSを適用しています。

8K(DSR)(2560×1440)、4K(2560×1440)、WQHD(1707×960)、フルHD(1280×720)にレンダー解像度を設定しています。NVIDIA DLSSを適用して4K/WQHD/FHDに関しては最も高い解像度にしています。

個人的にはレンダー解像度は高い方が画質が良い気がしているので、4K/WQHD/FHDに関しては最も高い解像度で計測しています。

8Kに関してはTVもモニターも持っていないので4KでDSRを使用して計測しています。

※8Kの最大レンダー解像度は5120×2880となっています。NVIDIAさんとしてはWQHDからNVIDIA DLSSを使用して8Kでプレイ出来ます、というニュアンスのRTX3090の8Kゲーミングだと思うのでWQHDで計測。

5120×2880で計測すると高設定(レイトレ高)で19fpsでした。

8KでもWQHDにレンダー解像度を設定すれば8K解像度でも高画質設定である程度快適にプレイ可能です。レンダー解像度を最大まで上げるとさすがに8K解像度は厳しい。

更に追い込むと8K解像度でNVIDIA DLSSを使わず8Kでプレイしたらどうなるのかというとフリーズしました。

超高解像度でのゲームプレイにはNVIDIA DLSSが必須と言えると思います。

RTX3090はVRAMが24GB搭載VRAMに関しても8Kでレンダー解像度を5120×2880にした場合にはVRAM15GB使っています。レンダー解像度がWQHDだと11GB程度。高解像度になればなるほどVRAMの容量も必要になります。メインメモリーも26GBも使っている…。

 

アサシンクリードヴァルハラ

アサシンクリードヴァルハラ
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高58 FPS
64 FPS
91 FPS
WQHD
2560×1440
最高79 FPS
89 FPS
117 FPS
フルHD
1920×1080
最高91 FPS
102 FPS
131 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。解像度スケールは100%

 

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高71 FPS
88 FPS
116 FPS
WQHD
2560×1440
最高92 FPS
117 FPS
143 FPS
フルHD
1920×1080
最高99 FPS
125 FPS
149 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

アサシンクリードオデッセイはNVIDIA DLSS非対応なので8Kは計測していません。

 

ファイナルファンタジー XV

FF15ベンチマーク
解像度設定FPS / スコア
4K
3840×2160
81 FPS / 8193
標準98 FPS / 9893
軽量136 FPS / 13683
WQHD
2560×1440
129 FPS / 12934
標準166 FPS / 16612
軽量198 FPS / 19889
フルHD
1920×1080
148 FPS / 14803
標準186 FPS / 18626
軽量197 FPS / 19774

バージョン1.3:フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

FF15のベンチマークは8K解像度を選択出来ませんでした。

 

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高94 FPS(DLSS)
123 FPS(DLSS)
165 FPS(DLSS)
WQHD
2560×1440
最高154 FPS(DLSS)
164 FPS(DLSS)
160 FPS(DLSS)
フルHD
1920×1080
最高163 FPS
168 FPS
165 FPS

渡りの凍て地を周回した時のフレームレートです。FidelityFX CASオフ。NVIDIA DLSS オン(フルHDは不可)。DirectX12。

NVIDIA DLSSに対応しているので8K解像度でプレイしてみました。結論から言うとプレイは厳しいです。画面の不具合が出ました。

 

グランド・セフト・オートV(GTA5)

GTA5
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
最高23 FPS
4K
3840×2160
最高77 FPS
WQHD
2560×1440
最高135 FPS
フルHD
1920×1080
最高144 FPS

可能な限り最高設定。高度なグラフィックオプションはオフ。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14ベンチマーク
解像度設定FPS / スコア
4K
3840×2160
最高106 FPS / 16012
119 FPS / 17816
標準166 FPS / 22011
WQHD
2560×1440
最高159 FPS / 21177
170 FPS / 21716
標準230 FPS / 26231
フルHD
1920×1080
最高203 FPS / 24003
210 FPS / 24369
標準238 FPS / 26855

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

FF14の8K解像度

8K解像度(DSR)で最高品質設定では「4251」スコアで快適評価でした。レポート出力の平均フレームレートは28fpsなので画質設定を調整する必要は出てくると思います。

ファークライ ニュードーン

ファークライ ニュードーン
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
最高33 FPS
35 FPS
39 FPS
4K
3840×2160
最高101 FPS
108 FPS
123 FPS
WQHD
2560×1440
最高111 FPS
121 FPS
135 FPS
フルHD
1920×1080
最高110 FPS
120 FPS
135 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

Forza Horizon 4

FORZAHORIZON4
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
ウルトラ62 FPS
4K
3840×2160
ウルトラ150 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ174 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ180 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Forza Horizon4は8K解像度で普通にプレイ出来ました。

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージ
解像度設定FPS(Vulkan)
4K
3840×2160
最高197 FPS
最低268 FPS
WQHD
2560×1440
最高363 FPS
最低491 FPS
フルHD
1920×1080
最高489 FPS
最低615 FPS

レンダリングのスケーリングは100。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

レインボーシックスシージvalkan計測Vulkanに設定して計測。フルHDの画質を落としてフレームレートを確保しに行く設定にすると615FPS!!これを活かせるモニターは存在しませんが、凄い。8Kもチェックしたのですがエラーで落ちてしまいました。

 

PSO2 EPISODE4

PSO2
解像度設定スコア
1920×1080設定6139020

 

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
解像度設定スコア
3840×2160最高24639

 

3DMARKのベンチマーク結果

3DMARKのベンチマーク結果

3DMarkのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア30609
Graphics Score44314
Physics Score29480
Combined Score9384
Time Spyスコア17483
Graphics Score18560
CPU Score13157
TimeSpy Graphics比較
TimeSpy Graphics比較
TimeSpy
TimeSpy比較

GeForce RTX 3090の性能まとめ

フルHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)、4K(3840×1440)の重量級ゲームでも対応可能なスペックを持ち、最重量級タイトルでもNVIDIA DLSSが使用できるゲームであれば60fpsに迫るパフォーマンスを持ちます。

フルHD/WQHD解像度でプレイしたい方にとってはオーバースペックとなる性能でもあるので4K解像度でゲームを楽しみたい方やレイトレーシングに期待したい方、FPSゲームで高fpsを出したい方におすすめになります。

8K解像度に関しては重いゲームはNVIDIA DLSS対応ソフト前提になると思います。また、8K解像度のTVや8K解像度のモニターを入手する事が一般的には中々難しい。

物理的なサイズの大きさ(大画面8KTVを置くスペースが必要または8K解像度のモニターが必要)や価格面(高い8KTVだと300万円程度(執筆時))からも8Kゲーミングのハードルはまだ高そう。

RTX 3090搭載のおすすめゲーミングPC GeForce RTX 3090搭載のゲーミングPCを紹介していきます。 リアルタイムレイトレーシングに対応、NVIDIA DLS...
おすすめピックアップ記事