ベンチマーク

GeForce RTX 3090 Tiのベンチマーク

GeForce RTX 3090 Tiのベンチマーク

GeForce RTX 3090 Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。8K解像度についてもチェック出来るタイトルは検証を行いました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

ゲームのベンチマークをチェック

ベンチマーク数値はテスト機から出た数値になります。構成は以下の通りです。

CPUCore i9-12900K
CPUファン水冷CPUクーラー(240mm)
CPUグリスダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
GPURTX 3090 Ti
メモリ32GB
マザーボードZ690
電源1000W

RTX 3090 Tiは8ピン×3から変換ケーブルで使用しています。

メトロエクソダス(PCエンハンスドエディション)

メトロエクソダス(PCエンハンスドエディション)
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
エクストリーム25 FPS
41 FPS
91 FPS
4K
3840×2160
エクストリーム66 FPS
109 FPS
165 FPS
WQHD
2560×1440
エクストリーム93 FPS
138 FPS
164 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム103 FPS
142 FPS
164 FPS

フレームレートはベンチマークソフトを実行した時の平均fpsの数値になります。

エクストリーム設定内訳:Shading Quality エクストリーム | レイトレーシング ウルトラ | NVIDIA DLSS クオリティ | Reflection Hybrid | Variable Rate Shading(VRS) 1x | Hairwirks ON | Advanced PhysX On | Tesselation Full

高設定内訳:Shading Quality 高 | レイトレーシング 高 | NVIDIA DLSS バランス | Reflection Hybrid | Variable Rate Shading(VRS) 1x | Hairwirks ON | Advanced PhysX On | Tesselation Full

低:Shading Quality 低 | レイトレーシング ノーマル | NVIDIA DLSS ウルトラパフォーマンス | Reflection Hybrid | Variable Rate Shading(VRS) 1x | Hairwirks OFF | Advanced PhysX OFF | Tesselation OFF

メトロエクソダス(PCエンハンスドエディション)のベンチマークプリセットには低設定が存在しないので、自分でプリセットを作成しています。

更に各種設定に関しても個別で調整しています。各設定の内訳については上述の通りです。

デフォルトでは「エクストリーム」「ウルトラ」「高設定」の3つが用意されています。

メトロエクソダスベンチマーク

メトロエクソダスはレイトレーシングに対応し、NVIDIA DLSSにも対応しています。

8K解像度やレイトレーシングなどの描画負荷が極めて重いタイトルでもNVIDIA DLSSやAMD FidelityFX Super Resolution(FSR)に対応していれば、描画負荷が軽減出来るので最重量級ゲームでも8K解像度で動作可能です。

今回の検証ではエクストリームではNVIDIA DLSS クオリティ設定にしているのですが、8K解像度ではウルトラパフォーマンスが推奨されると思います。

フルHD解像度でウルトラパフォーマンス設定にすると粗い画質になってしまうので、クオリティが推奨ですが、8K解像度ではウルトラパフォーマンスが推奨されます。

ウォッチドッグスレギオンのDLSS

ウォッチドッグスレギオンではウルトラパフォーマンスが8Kでのみ推奨されています。

CoD:ヴァンガードのDLSS

CoD:ヴァンガードでは4K解像度でパフォーマンス設定が推奨されています。なので、8Kならウルトラパフォーマンスが推奨されると思われます。

CoD:ヴァンガードを8K解像度のマルチプレイで遊ぶ人は皆無だと思いますが、キャンペーンモードならプレイする人もいるかもしれませんね。

8K エクストリーム

8K エクストリーム50fps

8K 高

8K 高66fps

クリックで拡大します。8K解像度でエクストリーム設定にし、DLSSをウルトラパフォーマンスにすると50fpsになりました。

8K / 60fpsには届きませんが、設定を調整すると8K / 60fpsが現実的になってくる凄さがあります。

 NVIDIA DLSS | FSR | NVIDIA Reflexについてはこちら

アサシンクリードヴァルハラ

アサシンクリードヴァルハラ
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
最高28 FPS
33 FPS
49 FPS
4K
3840×2160
最高73 FPS
80 FPS
115 FPS
WQHD
2560×1440
最高103 FPS
114 FPS
153 FPS
フルHD
1920×1080
最高120 FPS
136 FPS
175 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。解像度スケールは100%

アサシンクリードヴァルハラはNVIDIA DLSSにもFSRにも対応していないです。

NVIDIA DLSSやFSRが適用出来ないタイトルだと8K解像度は厳しい印象です。ただ、4K解像度ではかなり余裕があります。

8K解像度でのゲームプレイにはNVIDIA DLSS / FSRが必須と言えると思います。

ファイナルファンタジー XV

FF15ベンチマーク
解像度設定FPS / スコア
4K
3840×2160
94 FPS / 9483
標準115 FPS / 11591
軽量156 FPS / 15659
WQHD
2560×1440
150 FPS / 15011
標準194 FPS / 19473
軽量226 FPS / 22694
フルHD
1920×1080
180 FPS / 18030
標準228 FPS / 22817
軽量231 FPS / 23165

バージョン1.3:フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

FF15のベンチマークは8K解像度を選択出来ませんでした。

FF15のWindows版は最大8K(7680×4320)対応です。NVIDIA DLSSにも対応しているので8K解像度でプレイする事が可能なタイトルです。

FF15の8K解像度

実際に8K解像度でプレイしてみると、最高画質+NVIDIA DLSS設定でハンマーヘッド周辺が40fps前後でした。

ビデオメモリは18GB超えなので、8K解像度でゲームをプレイするならRTX 3090 Ti / RTX 3090がおすすめです。

PSO2:NGS

PSO2:NGS
解像度設定スコア/ 評価
4K
3840×2160
設定617105【快適
設定344438【快適
設定149439【快適
WQHD
2560×1440
設定640633【快適
設定348963【快適
設定150048【快適
フルHD
1920×1080
設定646422【快適
設定349537【快適
設定150126【快適

PSO2:NGSは10,001以上のスコアで「快適」評価です。PSO2:NGSのベンチマークは8K解像度を選択出来ませんでした。

ファイナルファンタジー XIV 暁月のフィナーレ

FF14ベンチマーク
解像度設定FPS / スコア
8K(DSR)
7680×4320
最高34 FPS / 5141
40 FPS / 5947
標準77 FPS / 11572
4K
3840×2160
最高125 FPS / 18834
138 FPS / 20867
標準203 FPS / 29206
WQHD
2560×1440
最高199 FPS / 28552
205 FPS / 29432
標準267 FPS / 37522
フルHD
1920×1080
最高240 FPS / 33853
241 FPS / 33979 
標準277 FPS / 39028

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

FF14の8K解像度

8K解像度(DSR)で最高品質設定では「5141」スコアで普通評価でした。4K解像度なら最高設定も非常に快適にプレイ可能です。

フルHD / WQHD解像度やウルトラワイド解像度に関しては完全にオーバースペックです。

FF14はウルトラワイドにも対応しています。

 ウルトラワイドモニターにおすすめのPCゲーム

Forza Horizon 5

Forza Horizon 5
解像度設定FPS
8K(DSR)
7680×4320
エクストリーム43 FPS
69 FPS
最低98 FPS
4K
3840×2160
エクストリーム90 FPS
WQHD
2560×1440
エクストリーム115 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム128 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Forza Horizon5は8K解像度で普通にプレイ出来ました。NVIDIA DLSSには対応していないタイトルです。

8Kエクストリームで40fps前後でした。NVIDIA DLSSを適用出来れば、もう少しフレームレートが盛れるはずなので、今後の描画負荷軽減技術(DLSSやFSR)に期待したいです。

Forza Horizon 5の8K解像度

実際にForza Horizon5を8Kエクストリームでプレイしてみると、画質を重視する方なら40fpsでも快適と感じる方も多いと思います。

8K / 60fpsでプレイしたい方も高設定にすれば60fps出るので、調整すれば快適です。

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージ
解像度設定FPS(Vulkan)
4K
3840×2160
最高237 FPS
最低321 FPS
WQHD
2560×1440
最高438 FPS
最低566 FPS
フルHD
1920×1080
最高579 FPS
最低708 FPS

レンダリングのスケーリングは100。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Vulkanに設定して計測。8Kもチェックしたのですが、計測結果が表示されませんでした。

3DMARKのベンチマーク結果

3DMARKのベンチマーク結果

3DMarkのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア41336
Graphics Score51229
Physics Score38357
Combined Score17728
Time Spyスコア20566
Graphics Score21445
CPU Score16693
Port Royalスコア14394
TimeSpy Graphics比較
グラフィックス性能比較
3DMARK

Fire Strike
Time Spy
Port Royal

クリックで拡大します。RTX 3090 Tiは、RTX 3090と比較しても頭一つ抜きん出た性能を持っています。最高のパフォーマンスを求める方におすすめです。

GeForce RTX 3090 Tiの性能まとめ

GeForce RTX 3090 Tiは、4K解像度の最重量級タイトルでも60fpsが出せるパフォーマンスを持っています。

フルHD / WQHD解像度でプレイしたい方にとってはオーバースペックなので、8K / 4K解像度やレイトレーシングなどの美麗グラフィックスを求める方にRTX 3090 Tiはおすすめです。

8K解像度に関しては、重いゲームはNVIDIA DLSS / FSR対応ソフト前提になると思います。ビデオメモリは24GB搭載しているので、8K解像度のゲームも快適にプレイ出来る点が魅力です。

RTX 30シリーズの最上位モデルなので非常に高いパフォーマンスが魅力ですが、RTX 3090 Tiの消費電力は450Wなので、RTX 3090と比較すると100W高いというのは注意点になります。

RTX 3090 Ti搭載のおすすめゲーミングPC GeForce RTX 30シリーズの最上位モデルGeForce RTX 3090 Ti搭載のおすすめのゲーミングPCをご紹介します...
おすすめピックアップ記事