グラフィックボードから選ぶ

GeForce RTX 2080 SUPERのベンチマーク

GeForce RTX 2080 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

ゲームのベンチマークをチェック

60FPS以下の数値が薄い赤色になります。グレーは見やすくする為の色になっています。

ベンチマーク数値は『NEXTGEAR i690PA5-SP-FG』から出た数値になります。構成はCPU:Core i7-9700K / メモリ:32GB / GPU:ZOTACのRTX2080 SUPER / MB:Z390になります。グラフィックスドライバーは「436.48」になります。

 

ファイナルファンタジー XV

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
高品質11185 / 111 fpsとても快適
標準品質14964 / 149 fps非常に快適
軽量品質17860 / 178 fps非常に快適
WQHD
2560×1440
高品質8400 / 84 fps快適
標準品質10592 / 105 fpsとても快適
軽量品質14122 / 141 fps非常に快適
4K
3840×2160
高品質4964 / 49 fpsやや快適
標準品質5633 / 56 fpsやや快適
軽量品質7883 / 78 fps快適

FF15 ベンチマークのスコア比較

製品名スコア評価
ガレリアZZ(RTX2080Ti)12930非常に快適
i690(RTX2080 SUPER)11185とても快適
ガレリアZG(RTX2080)10897とても快適
i680(GTX1080Ti)W水冷10711とても快適
ガレリア AZ(RTX2080Ti)10537とても快適
i690(RTX2080)10262とても快適
i690(RTX2070 SUPER)10075とても快適
ガレリアZF(RTX2070)8905快適
ガレリアXF(RTX2070)8892快適
i690(RTX2070)8942快適
i690(RTX2060 SUPER)8768快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)8414快適
i680(GTX1080)8214快適
ガレリア AF(RTX2070)7953快適
i690(GTX1070Ti)7571快適
ゲームマスター GXF(GTX1070Ti)7347快適
im620(GTX1660Ti)6812快適
im620(GTX1070)6718快適
am560(GTX1660Ti)6636快適
ガレリア RJ5(GTX1660)5584やや快適
ガレリア RT5(GTX1060 6GB)4848やや快適
im610(GTX1060 3GB)4040普通
ガレリア DH(GTX1650)3889普通
ガレリア RH5(GTX1650)3790普通

製品レビューで取得したフルHD解像度で高品質設定(最高設定)のスコアを比較した数値となっております。

モンスターハンターワールド

設定:フルHD×High Resolution Texture Pack

モンスターハンターワールドはRTX2080 SUPERなら高解像度&高画質で快適にプレイ可能です。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高103 fps(73)※
133 fps(113)※
139 fps(119)※
WQHD
2560×1440
最高103 fps(76)
129 fps(104)
136 fps(120)
4K
3840×2160
最高54 fps(45)
71 fps(63)
104 fps(90)

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。4K解像度、WQHD解像度はDLSS使用、フルHDは適用できません。

モンハンワールドのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)130 fps
i690(RTX2080 SUPER)103 fps
i690(RTX2070 SUPER)91 fps
i690(RTX2060 SUPER)77 fps
am560(GTX1660Ti)58 fps

フルHD最高設定の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

フルHD

WQHD

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値となっています。

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
最高品質18384 / 143 fps非常に快適
18914 / 152 fps
標準22302 / 198 fps
WQHD
2560×1440
最高品質16203 / 112 fps
16896 / 121 fps
標準20369 / 169 fps
4K
3840×2160
最高品質9038 / 60 fps
10430 / 69 fps
標準16991 / 118 fps

FF14 ベンチマークのスコア比較

製品名スコア評価
i690(RTX2080 SUPER)18384非常に快適
i690(RTX2080)17879
i690(RTX2070 SUPER)17560
i690(RTX2060 SUPER)16458
im620(GTX1660Ti)14830
am560(GTX1660Ti)14356

製品レビューで取得したフルHD解像度で最高品質設定のスコアを比較した数値となっております。

【2019年】FF14が快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC FF14は国産のMMORPGです。「オンラインゲームは苦手」という方でも数あるオンラインゲームの中でも年齢層の幅が広く、日本人に親し...

ベンチマークデータに関しては過去の製品含めてこちらでまとめているので参考にしてみて下さい。

フォートナイト

設定:フルHD×エピック

フォートナイトは最高設定のエピックにしてもRTX2080 SUPERでは快適に動作していました。

解像度設定FPS
1920×1080エピック187 fps
394 fps

場所:ダスティデボにて。3D解像度は100%に変更。

フォートナイトのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)230 fps
i690(RTX2080 SUPER)187 fps
i690(RTX2070 SUPER)168 fps
i690(RTX2070)157 fps
i690(RTX2060 SUPER)147 fps
i690(GTX1070Ti)126 fps
am560(GTX1660Ti)110 fps
im620(GTX1070)105 fps
im610(GTX1060)77 fps

フルHDエピック(最高設定)の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

Apex Legends

設定:フルHD×最低

Apex Legendsの場合には画質設定を下げてプレイする場合には240Hzのゲーミングモニターを活かせるスペックです。

解像度設定FPS
1920×1080最高149 fps(116)
242 fps(191)

仕分け工場にパラシュート降下した際のフレームレート。フルスクリーン、垂直同期:適用型(1/2レート)、かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC(エーペックスレジェンズ) Apex Legendsは基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームです。最大60人で参加し、3人でスクワッドを組み他のチームと戦います。...

Apex Legendsは計測に関して変動が大きいので同一環境・同一計測方法を用いてGPU別に計測したデータがあるのでこちらの記事を参考にしてみて下さい。

レインボーシックス シージ

設定:フルHD×最高

レインボーシックス シージは最高設定にしても平均223fpsでしたので240Hzのゲーミングモニターを存分に活かせるスペックです。

解像度設定FPS
1920×1080最高223 fps(81)
358 fps(148)

レンダリングのスケーリングは100に変更しています。ベンチマーク結果の全般の平均fpsと最小fpsになります。

レインボーシックスシージのフレームレート比較

製品名FPS
i690(RTX2080 SUPER)223 fps
i690(RTX2070 SUPER)199 fps
i690(RTX2060 SUPER)170 fps
am560(GTX1660Ti)132 fps

フルHD最高設定のベンチマークの比較になります。

CONTROL(レイトレーシング)

設定:フルHD×最高(レイトレ+DLSS)

シンプルに最高設定(NVIDIA DLSSを使用しない)を目指した場合には現状最重量級タイトルと言えるCONTROLですが、RTX20シリーズなのでNVIDIA DLSSを使用する事が可能です。最高設定でも60fpsを超えるので快適に動作しています。4K解像度は中間設定にしても60fpsに届かないので少し厳しいです。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
高(最高)81 fps
109 fps
低(最低)176 fps
WQHD
2560×1440
高(最高)61 fps
87 fps
低(最低)165 fps
4K
3840×2160
高(最高)34 fps
49 fps
低(最低)92 fps

高設定:高設定+レイトレーシング高設定、中設定:中設定+レイトレーシング中設定、低設定:低設定+レイトレーシングオフ。場所はディレクターズオフィスでNVIDIA DLSSを適用しています。

CONTROLの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC CONTROLはアクションシューティングゲームになります。NVIDIA RTX対応タイトルでレイトレーシングとDLSSに対応していま...

CONTROLに関してはゲーム内ベンチマークが無いのでNVIDIA公式サイトのベンチマークデータと合わせながらテスト機でフレームレート計測を行っているので参考にしてみて下さい。

ゴーストリコン ブレイクポイント

設定:4K×ウルトラ

おそらく60fps以上でA判定、120fps以上でS判定になるかと思われます。フルHDやWQHDなら快適、映像体験重視なら4K×高設定~非常に高い設定で快適でしょう。4Kの推奨スペックはRTX2080になります。

解像度設定FPS評価
フルHD
1920×1080
ウルトラ108 fpsA
136 fpsS
142 fps
WQHD
2560×1440
ウルトラ88 fpsA
115 fps
133 fpsS
4K
3840×2160
ウルトラ57 fpsB
75 fpsA
90 fps

ゲーム内ベンチマークを実行した際のフレームレートとなっております。

ゴーストリコン ブレイクポイントのフレームレート比較

製品名FPS
i690(RTX2080 SUPER)108 fps
i690(RTX2070 SUPER)99 fps

フルHDウルトラ設定のベンチマーク比較になります。

ゴーストリコン ブレイクポイントのおすすめゲーミングPC シリーズ最新作のミリタリーシューター『ゴーストリコン ブレイクポイント』が快適にプレイできるおすすめのゲーミングPCを紹介します。 ...

こちらの記事でベンチマークデータをまとめていく予定です。

アサシンクリードオデッセイ(Assassin’s Creed ODYSSEY)

アサシンクリードオデッセイ
4K
3840×2160
最高43 FPS
56 FPS
78 FPS
WQHD
2560×1440
最高63 FPS
83 FPS
112 FPS
フルHD
1920×1080
最高71 FPS
101 FPS
121 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ゴーストリコンワイルドランズ(Ghost Recon Wildlands)

ゴーストリコンワイルドランズ
4K
3840×2160
ウルトラ40 FPS
60 FPS
92 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ62 FPS
102 FPS
147 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ77 FPS
132 FPS
187 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ウォッチドッグス2

4K
3840×2160
最大46 FPS
60 FPS
95 FPS
WQHD
2560×1440
最大67 FPS
96 FPS
114 FPS
フルHD
1920×1080
最大83 FPS
95 FPS
104 FPS

ランバートストリートで計測。

 

STEEP

STEEP
4K
3840×2160
超高51 FPS
74 FPS
88 FPS
WQHD
2560×1440
超高93 FPS
129 FPS
147 FPS
フルHD
1920×1080
超高130 FPS
161 FPS
172 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

World War Z

4K
3840×2160
ウルトラ69 FPS
ミディアム79 FPS
ロー158 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ121 FPS
ミディアム136 FPS
ロー212 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ165 FPS
ミディアム174 FPS
ロー217 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファークライ ニュードーン

4K
3840×2160
最高61 FPS
65 FPS
75 FPS
WQHD
2560×1440
最高96 FPS
106 FPS
120 FPS
フルHD
1920×1080
最高101 FPS
110 FPS
123 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

 

PSO2 EPISODE4

PSO2
1920×1080設定6225 FPS / 60225

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
3840×2160最高21858
1920×1080最高23087

 

3DMARKのベンチマーク結果

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア22611
Graphics Score28057
Physics Score18564
Combined Score10622
Time Spyスコア10711
Graphics Score11359
CPU Score8097

3DMARK Fire Strikeスコア比較

3DMARK Fire Strikeスコア比較

製品レビューで取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

3DMARK TimeSpyスコア比較

3DMARK TimeSpyスコア比較

製品レビューで取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較になります。

GeForce RTX 2080 SUPERの性能まとめ

フルHD(1920×1080)~UWQHD(3440×1440)なら快適にPCゲームを楽しむ事が出来る性能をRTX2080 SUPERは持っています。更にレイトレーシング、DLSS(Deep Learning Super Sampling)に対応。

4Kに関しては重量級のタイトルでは最高設定で常用というのは厳しいかもしれませんが、画質設定を下げる事で60FPSを目指せるパフォーマンスを秘めたスペックです。(対応タイトルであれば、Tensorコアが組み込まれており、ディープラーニングを利用したDLSSを使用する事が出来ます。)

RTX2080 SUPERは、人気のRTX2070 SUPERよりパフォーマンスが高いのでワンランク上を望む方におすすめのビデオカードでしょう。

GeForce RTX 2080 SUPER搭載のおすすめのゲーミングPC

ドスパラ

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 3TB
マザーボードZ390

CPUがCore i9-9900KF(8コア16スレッドで最大5GHz)を搭載し、RTX2080 SUPERを搭載しているのでFPS等で設定下げ運用でも快適です。メモリも16GB搭載しているのでカスタマイズの必要性が無い完成されたゲーミングPCでしょう。冷却効果を高めたい方はCPUクーラーをカスタマイズしてもOKです。

マウスコンピューター

NEXTGEAR i690PA5-SP-FG
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2080 SUPER(8GB)
メモリ32GB
ストレージM.2 SSD 512B HDD 3TB
マザーZ390

第9世代のCore i7-9700KとRTX2080 SUPERを組み合わせたハイスペック構成になります。メモリ32GB搭載しているのでゲーム実況やマルチタスク時などで活躍してくれるでしょう。

おすすめピックアップ記事