PCゲームの推奨スペックから選ぶ

SEKIRO(隻狼)の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEは、DARK SOULSシリーズやBloodborneなどで知られる、フロム・ソフトウェアがCODシリーズなどで知られるActivisionとの共同開発で贈る、完全新作のアクション・アドベンチャーになります。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)のスペック情報とおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

販売サイト

Sekiro™: Shadows Die Twice(Steam)

Steamで販売されています。Amazon等の方が安い場合もあるので価格の安い方で購入するのが良いでしょう。日本語に対応し、コントローラーも使う事ができます。

SEKIROの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7、Windows 8、Windows 10 (64ビット)
CPUIntel Core i3-2100
AMD FX 6300
Intel Core i5-2500K
AMD Ryzen 5 1400
GPUNVIDIA GeForce GTX 760
AMD Radeon HD 7950
NVIDIA GeForce GTX 970
AMD Radeon RX 570
メモリ4GB8GB
HDD25GB以上
Direct XDirectX 11

参考情報:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』公式サイト

推奨スペックはミドルクラスでも快適に60fpsで動作しそうなのでスペックに不安がある方でも手を出しやすいタイトルなのでは無いでしょうか。おすすめなゲームですね。

GTX970はGTX10シリーズに置き換えるとGTX1060相当になります。ですので現在取り扱いが多いGTX1660Tiだと更に快適に隻狼がプレイ可能になります。

SEKIROの4Kの推奨スペック

 推奨動作環境
OSWindows 7、Windows 8、Windows 10 (64ビット)
CPUIntel Core i7-8700K | AMD Ryzen 2700X
GPUNvidia GeForce GTX 1080Ti | AMD Radeon Vega 64
メモリ16GB
HDD25GB以上
Direct XDirectX 11

参考情報:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』公式サイト

4K解像度でゲームをプレイしたいという方は多いですよね。実際に4Kをプレイすると凄い画質の良さを感じます。4Kの推奨スペックとしてはインテル第8世代のハイエンドCPUであるCore i7-8700K、メモリ16GB、GTX10シリーズのハイエンドGPUのGTX 1080Tiとなっています。

なのでスペックとしてかなり高いです。今回は4Kの方も重点的にチェックしてみましょう。

MODの対応は?

MODはNexus Modにて公開されております。

Sekiro: Shadows Die Twice Nexus – Mods and community

『Native PS4 Buttons』や死亡時に『死』では無く『菜』に変更したり、『Reshade』など公開されています。

個人的におすすめのMODは『Sekiro Fps Unlock And More』です。FPSアンロックという名前の通り上の画像のようにSKIEOのFPS上限を外せます。VSYNCと呼ばれる垂直同期がデフォルトですとSEKIROはかかっているので60FPSに固定されます。

60FPS以上出して描画をスムーズにヌルヌルと動かしたいというPCゲーマーはかなり多いと思いますので、垂直同期を切れるMODになります。144Hz等のゲーミングモニターを使用している方や、ウルトラワイドのアスペクト比である21:9も可能なようなので持っている方は導入して試してみて下さい。

ただ、144FPS出すのにはある程度高スペックが必要になります。MODなので確たる事は言えませんが上記画像の場所(赤目手前)で試してみてフルHD×RTX2080でも落ちる所は落ちると感じました。

4K×RTX2080だと60fpsアンロックがかかっていないので更にヌルヌル動く印象です。

SEKIROの画質比較

スペック選びで重要になるのが画質設定を下げるかどうかという点も気になると思いますのでSEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの画質比較も見ていきましょう。左が最高で右が最低になります。

画質設定の項目としてテクスチャの向上、アンチエイリアシングの有効、影の品質向上、ボリューメトリックフォグは空気感の演出などがあるのでより画質の向上は実際にあります。

より立体感があり、空気感があるというイメージで考えて頂ければ良いのではないでしょうか。

他にも被写界深度も違います。手前の木の所を見ていただけと表現が違っているのが見て取れるかと思います。

『画質設定を下げても良いよ』という方もいらっしゃるとは思うので、その場合は推奨スペックを多少下回っていても動作が見込めるでしょう。

SEKIROのグラボ別fps(ベンチマーク)

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE自体が設定で垂直同期の項目が見当たらないです。また、60FPSキャップとなっています。ですので最高で60FPSがMAXという数値になります。

垂直同期はMODを使用する事で解除は可能でした。ただ、MODの利用は自己責任でお願いします。

人間が快適にプレイできる指標が60FPSという数値です。モニターのスペック表に垂直走査周波数という記載があります。これがリフレッシュレートの事です。1秒間に画面を何回リフレッシュすることができるかという数値です。60Hz程度が一般的なモニターのスペックですので60FPS×60Hz=人間が快適!と感じる数字になります。

PCゲームでFPSを表示させる4つの方法 PCゲームではパソコンのスペックによってFPS値が変動するので、今どのくらい快適にゲームが動作しているのかという指標としてフレームレ...

フレームレートの事が分からないという方はFPSカウンターを用いてご自身のパソコンでリアルタイムで表示する事ができますので合わせて参考にしてみてください。

では早速隻狼のグラフィックボードのフレームレートを確認していきましょう。

グラフィックボード解像度設定FPS
RTX20804K最高60
最低60
RTX20604K最高43
最低60
フルHD最高60
GTX1660Ti4K最高37
最低54
フルHD最高60

CPUはいずれもCore i7-8700でメモリは16GBになります。

フルHDに関しては現在GTX1060の後継としてGTX1660Tiが販売されているのでそちらをおすめします。

4K解像度のサイズはフルHDを上下左右に4つ並べたサイズ感になります。なので大画面でも綺麗に表示する事ができて、モニターのインチ数が小さい場合には高精細な表示を楽しむ事ができます。

4Kに関しては推奨でGTX1080Tiの後継としてRTX2080が販売されているのでそちらをおすすめします。CPUに関してはCore i7-8700Kが必要との記載がありますが、現在では第9世代Core i7-9700Kが販売されていますのでそちらを搭載したモデルがおすすめです。

SEKIROにおすすめのゲーミングPC

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞 受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 500GB HDD 1TB
マザーボードH370

前世代のGTX1070に匹敵するゲーム性能を誇るGTX1660Tiを搭載し、CPUには第8世代の6コア12スレッドで最大4.6GHz駆動のCore i7-8700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

メモリは16GBだとより多くのPCゲームで快適に動作するのでメモリ16GBで無かったらカスタマイズするのもおすすめです。

最新RTX2060搭載のメインストリーム

NEXTGEAR-MICRO im610SA3-SP
OSWindows10
CPUCore i7-8700
グラフィックRTX2060(6GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512GB
マザーボードB360

Z390マザーボードを採用し、Core i7-9700Kを搭載したモデルのRTX2060もG-Tuneでは発売されていますが、ハイスペックとは言え総合的に価格を考えるとB360でコストカットして価格を下げたim610シリーズの方がRTX2060との組み合わせの場合には魅力的に感じます。

RTX2080搭載でPCゲームを堪能するのに最適な性能!

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
SSDSSD 500GB
HDDHDD 3TB
マザーボードZ390

インテル第9世代のCore i7-9700K搭載、メモリ16GB搭載、ストレージにはSSDが搭載し、GPUにはRTX2080が搭載しているのでフルHDなら最重量級のゲームでも不満が無く高画質・高フレームレートでサクサクゲームがプレイ可能です。

4Kを視野に入れているのであればRTX2080でも重量級タイトルでは最高設定は狙えませんが、SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEのように中程度のゲームであれば快適に4Kも狙えますし、重量級でも設定下げ運用というの手ですので価格とスペックでおすすめなゲーミングPCです。

おすすめピックアップ記事