【G-tune】GTX1070搭載NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPの実機&性能レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/09/19

Pocket

マウスコンピューターさんから『NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SP』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPはGTX1070を搭載したNEXTGEAR-MICROシリーズになります。

NEXTGEAR-MICROシリーズではNEXTGEAR-MICRO im570GA5という同じGTX1070搭載のPCがありますが、違いはSSDが非搭載から搭載に変わり、とメモリの容量が8GB⇒16GBにアップしている事です。

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SP

ngm_80s_oddres

CPU:Core i7-6700K
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX1070(8GB)

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPの外観

IMG_1836_R

NEXTGEAR-MICROシリーズはメッシュなデザインが特徴的です。通気性が良く、外気を多く取り入れてくれるので熱対策とスタイリッシュなデザインが兼ね備えられています。

外観

img_1892_r img_1893_r
img_1894_r img_1925_r

目を引く前面のメッシュ以外にも左側面の大きなメッシュ以外にも反対側の下の方に矢印のようにデザインされた穴が開いていたり、天板にもメッシュになってファンが設置されています。

前面

img_1881_r img_1882_r
img_1884_r img_1886_r
img_1889_r img_1891_r

前面のメッシュに関しては簡単に取り外し可能です。爪があるので簡単に取り外す事が可能です。掃除するときにも便利です。前面には電源ボタンもあります。電源が入るとLEDで青い光で光ります。上段にはUSBやオーディオ端子も備え付けられているので、アクセスはしやすいです。

底部

img_1916_r img_1918_r

底面のゴム足にもこだわりが感じられます。ゴム足の周りにベアリングのような加工がされています。

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPの内部

 

img_1899_r

全体像はこのような形です。NEXTGEAR-MICROシリーズなのでマザーはMICROATX規格です。CPUはCore i7-6700、メモリは16GB、ストレージは右上にSSD、右下にHDDが積んであります。電源は80PLUSシルバーの500W、そしてGTX1070が搭載されています。

img_1900_r img_1906_r

CPU周りとグラフィックボード周りになります。

img_1898_r img_1923_r

右側面のサイドを開けるとこのような感じです。NEXTGEAR-MICROシリーズは全体的な黒とアクセントの黄緑のカラーが特徴的です。

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPのスペック

2016-09-07_21h28_44

OS Windows10
CPU Core i7-6700
GPU GeForce GTX 1070(8GB)
メモリ 16GB(DDR4)
マザーボード H110
HDD SSD 240GB+HDD 2TB

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPの各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

2016-09-07_17h58_40_r

設定 画面サイズ DirectX スコア
最高品質 3840×2160 11 5348
高品質 3840×2160 11 6300
標準品質 3840×2160 11 11563
最高品質 3840×2160 9 7186
高品質 3840×2160 9 7361
標準品質 3840×2160 9 14977
最高品質 1920×1080 11 15922
高品質 1920×1080 11 16819
標準品質 1920×1080 11 20827
最高品質 1920×1080 9 16940
高品質 1920×1080 9 17328
標準品質 1920×1080 9 21474

ドラゴンクエストX

2016-09-07_20h59_21

設定 画面サイズ スコア
最高品質 3840×2160 15962
標準品質 3840×2160 18125
低品質 3840×2160 19701
最高品質 1920×1080 19746
標準品質 1920×1080 19663
低品質 1920×1080 20561

ドラゴンズドグマオンライン

snapcrab_dragons-dogma-online-benchmark_2016-9-8_11-32-11_no-00_r

設定 画面サイズ スコア
最高品質 1920×1080 10634
標準品質 1920×1080 12107
低品質 1920×1080 12005

モンスターハンター第三弾(大討伐)

2016-09-07_21h38_35_r

設定 画面サイズ スコア
最高設定 3840×2160 10354
最高設定 1920×1080 35039

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20160908_115308_000_r

設定 画面サイズ スコア
簡易設定6(最高設定) 1920×1080 60901
簡易設定5 1920×1080 65530

3DMark

2016-09-08_12h40_34_r

Dmark スコア Graphics score Physics score Combined score
Fire Strike 13374 16057 11691 6567
Fire Strike Ultra 4084 4059 11712 2116

Time Spy

スコア Graphics score CPU test
5296 5412 4725

SteamVRパフォーマンステスト

2016-09-08_12h54_38

平均忠実度 テストされたフレーム 90fps以下のフレーム CPUバウンドフレーム
10.9(非常に高い) 11965 0 2

実際に使ってみての評価・感想

実際に様々なゲームをNEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPで動かしてプレイしてみました。

マインクラフト

2016-09-08_14h13_56_r 2016-09-08_14h12_17_r
2016-09-08_14h14_20_r 2016-09-08_14h21_52_r

マインクラフトに影MODのSEUS-v11.0を入れました。現時点で最新のSEUSの影MODなのでかなり重いです。GTX1070は最新の重いFPSゲームでも快適に動作可能なレベルのスペックですが、描画距離12程度で60FPS前後でした。影MODは水の表現が素晴らしく、中に入って潜ったり「ぷはー」と水中に出たりと無駄にしたくなる美しさです。水中都市などを作成するのと幸せになれるかもしれません。ゲームの性質上そこまでシビアなゲームでは無いマインクラフトなら60FPS出れば実用十分です。

オーバーウォッチ

snapcrab_noname_2016-9-8_16-54-15_no-00_r

オーバーウォッチのウルトラ設定でFPS値をFrapsで計測するとフルHD(1920×1080)で平均122FPSでした。実測にはクイックマッチで計測しております。なのでim570GA5-SPならゲーミングモニターを持っている方も120FPSを超えてくるので恩恵が得られると言えるかと思います。設定を高設定にすればさらにFPS値が上がるので常用出来るレベルです。

4Kでも計測してみました。こちらもウルトラ設定で平均70FPSでした。なのでim570GA5-SPは4K60Hzのモニターで快適にオーバーウォッチが楽しめるスペックです。

バトルフィールド1(オープンベータ)

2016-09-08_15h44_53_r 2016-09-08_15h45_40_r

BF1のオープンベータでプレイしてみましたが、フルHDなら最高設定でも100FPS前後という感じです。爆発等で一時的な落ち込みがあっても10~20FPS程度落ち込む程度なので実用上は全く問題無いかと思います。

BF4

2016-09-08_16h21_35_r

BF4は4K(3840×2160)で60FPSを超えるスペックです。

ARK

2016-09-08_14h40_16_r

特に重いゲームとして知られる恐竜サンドボックスゲームのARKだと4Kとかは無理です。フルHDでも高設定位でもきつい場面もあります。ゲーム自体最適化されていないので仕方ない部分ですが普通にプレイする事は可能です。

Fallout4

2016-09-08_15h37_53_r 2016-09-08_15h38_14_r

Fallout4はフルHDでダイヤモンドシティで100FPS前後という感じです。スクリーンショット撮影の関係でウィンドウモードだと60FPS張り付きになっているだけでフルスクリーンだと100FPS前後出ていました。

GTA5

2016-09-08_15h20_47

あGTA5はフルHDで最高設定に近い設定で120FPS前後Frapsで計測すると出ていました。GTA5は場所によってFPS値が変わってきますが、街中でドライブした感じだと100FPS前後出ていました。

まとめ

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SPはGTX1070を搭載していて最新の環境に耐えうる性能を持っています。メモリも最近のゲームでは要求値が高くなっている傾向にあるので16GBあると安心ですし、CPUもCorei7なので長く不満無く使うことが可能でしょう。ゲーム以外の作業でも快適に使う事が可能です。

もちろんゲームでもGTX1070のパワーをふんだんに使えるので非常に快適にゲームライフを送る事が可能です。お家でまったり快適にPCゲームをプレイしたいという方にはぴったりな商品だと思います。

GTX1060やGTX1080で悩んだらGTX1070はちょうどいい性能なので特におすすめです。性能が低くて最新の環境に対応出来ないという事も無く、性能が高すぎてオーバースペック過ぎるという事も無くバランスが良くコスパが高いと感じます。

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SP

ngm_80s_oddres

CPU:Core i7-6700K
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX1070(8GB)

Pocket

🔺TOP