ゲーム推奨スペック

LOST ARK(ロストアーク)の推奨スペックとおすすめPC

新作オンラインRPG「LOST ARK」はドラマチックなストーリーや、 豪快なアクションで敵を倒す迫力のバトルが魅力です。「LOST ARK」の推奨スペックとおすすめPCの情報について書いています。

必要スペックと推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8.1 / Windows 10(64ビット)
CPUIntel Core i3以上
AMD Ryzen 3以上
Intel Core i5以上
AMD Ryzen 5以上
GPUGeForce GTX 460以上【1080p FHD】
GeForce GTX 1050以上
【1440p QHD】
GeForce RTX 2070以上
【4K UHD】
GeForce RTX 2080以上
メモリ8GB以上16GB以上
ストレージ50GB以上

最低スペックではGTX 460以上となっています。1GB以上のビデオメモリを搭載したビデオカードがあると安心です。

推奨スペックとしては1080pでGTX1050以上、1440pでGeForce RTX 2070以上、4KでGeForce RTX 2080以上となっています。

フルHDで快適に動作させたい場合にはGTX1050以上となっている事からビデオメモリ2GB以上のGTX1050及びそれを超える性能を持ったビデオカードを搭載したゲーミングPCが推奨されます。

高解像度の場合には高性能ビデオカードを搭載した高スペックのゲーミングPCが必要になります。

グラボ別fpsの検証

ロストアークでは高解像度(4K)や高グラフィックス設定でプレイする事が出来ます。各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

4K

WQHD

FHD

CPUは「Core i9-10900K」を使用しています。ベンチマークモードが無いので「旅人の憩い場」周辺で計測しました。場所やシーンによっては重くなる事もあります。この数値より高いフレームレートが出る場所もありますが、低い場所やシーンもあるので目安程度に見て下さい。

画質に関してはプリセット最高画質設定です。

一括設定:最高(画面品質:最高、テクスチャー品質:最高、影品質:最高、キャラクター品質:最高、パーティクル品質:最高、パーティクル最適化:チェックなし、アンチエイリアス:高、後処理効果、アウトフォーカス品質向上、間接影、シェーダー向上のチェックをオン。)

今回の検証環境としては4K/60Hzの解像度とリフレッシュレートのモニターを使用しています。垂直同期の設定が無いのでモニターのリフレッシュレート依存となります。

CPU:Core i7-10700K、GPU:RTX2070 SUPER、メモリ32GB環境です。解像度はWQHDで画質は最高画質設定。FPSは144FPS出ています。

例えば144Hz対応のモニターの場合にはハードウェアの性能も必要になりますが、リフレッシュレートの上限値までフレームレートが出る仕様となっています。

UWQHD

21:9強制設定

また、ロストアークはウルトラワイドモニターに対応しています。さらにウルトラワイドモニターを持っていない方でも横長の画面で楽しめるオプションが存在しており、21:9強制設定という項目があります。

こちらの設定を有効にすると縦に黒い帯は出てしまいますが、16:9(フルHDやWQHDなど)でも横長の画面で楽しめます。

4K解像度RTX2080以上
WQHD解像度GTX1660 SUPER以上
フルHD解像度GTX1650以上

今回の検証結果をまとめると高グラフィックス設定で快適にプレイしたい方におすすめのグラフィックカードは以上となります。

4K解像度に関しては公式でRTX 2080以上とされているのでそれ以上が安心だと思います。

WQHDの推奨スペックのRTX 2070以上というのはVRAM消費が大きいゲームと予想していたのですが、そこまで大きくなかったので少し余裕を持ってGTX1660 SUPER以上としました。

フルHD解像度はLOST ARKの推奨PCであるG-TuneとG-GEARでGTX1650搭載モデルが掲載されているのでGTX1650以上としています。

おすすめのゲーミングPC

定番人気ゲーミングPC

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

お得な当サイト限定モデル

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX2060 SUPER搭載モデル。RTX2060 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

GeForce RTX 2060 SUPERのベンチマーク RTX2060 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 計測し...

4K解像度で快適にロストアークを楽しめるモデル

重量級も快適なハイエンドモデル

ガレリア ZA9C-R38
CPUCore i9-10850K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX3080搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

強化ガラスカスタマイズ対応のG-Tune

G-Tune XN-Z
CPUCore i7-10700K
CPUファン水冷
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe対応 HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のRTX3080を搭載したハイエンドゲーミングPCです。4K解像度の重量級ゲームも快適な性能を持っています。筐体のメンテナンス性が高くダストフィルターが完備。強化ガラスカスタマイズにも対応。

GeForce RTX 3080のベンチマーク GeForce RTX 3080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...
おすすめピックアップ記事