5分で分かる初心者におすすめのゲーミングPCの選び方

公開日: : 最終更新日:2016/09/14

Pocket

medium_4750047421

「お、このゲーム面白そうじゃん」

と思ってオンラインゲームを始めようとして、カクカクしたりフリーズしたりして

「できないじゃん」

と悲しい気持ちになった事がある人も多いかと思います。

パソコンのゲームはパソコンの性能が日進月歩で上がっているので、年々要求スペックが上がっていて、古いパソコンや、ゲームに特化していないパソコンだとパソコンでゲームが快適に出来ないのです。

ゲーミングPCと普通のパソコンの違い

パソコンは家電量販店でも購入出来ますし、パソコン専門のショップも沢山あります。

ネット通販でも相当な数があり、その中でもそれぞれコンセプトがあるパソコンが各ショップで取り揃えられているので相当な数があります。

ですが、基本的にはメーカー製のパソコンはゲーム用では無いです。ゲームをパソコンでやるならゲームを専門に取り扱っているショップで購入しないと後で後悔してしまいます。

ゲーム用に最適化されたパソコンを購入するに当たって重要になるのがグラフィックボードです。

このグラフィックボードが最重要で起点になります。

グラフィックボードを決めたら後は予算に合わせて他のパーツも決めていくというのが基本です。

なぜならゲーム用に作られたパソコンと普通のパソコンの違いは、グラフィックボードが搭載されているか、いないかの違いがほとんどだからです。

後は自分でパソコンを自作するという人でない限りはそこまでシビアに考える必要は全然無くて、各BTOショップで最適化してある状態で販売しているので他のパーツが分からなくてもとりあえずは大丈夫です。

BTOは『Build To Order』の略で、自分で予算や用途に応じてカスタマイズ出来るという意味ですが、パーツの性能がよく分からなくても人気ランキングや推奨パソコンなどを目安にすれば大丈夫です。

大体のゲーミングPCの予算の目安が知りたいという方は以下の記事で解説しています。合わせて読んでみると理解が進むかと思います。

とりあえず初心者でよく分からないという方はやっぱりローエンド~ミドルレンジのゲーミングPCがおすすめです。

この辺りは人によって分かれる所だと思いますが、初心者だから安いのからはじめてステップアップを目指すというのもアリですし、どうせそのうちある程度のスペックのゲーミングPCを欲しくなるのだからトータルコストを考えると最初からミドルレンジの価格帯のゲーミングPCを購入した方が、結果的には安くなるという考え方など色々あるとは思います。

ただ個人的な意見を言うとやっぱりその人の経験値やプレイするゲームに左右される所が多くて、パソコンでゲームをプレイした事は無いけれど普段からパソコン自体には親しみがあるというような人なら迷わずミドルレンジの中でもミドルハイ辺りのゲーミングPC(15~20万)を推奨しますし、全くパソコンの知識が無いという方なら人気ランキング1位(大体10万円~15前後)の製品を購入されるのがおすすめですね。

全くの初心者にはローエンド~ローミドルの価格帯がおすすめな理由

理由としては、全くの初心者の場合はこれはヤバそうだなとか、これはこうすれば問題解決できるという目測が立たないのであれこれイジった挙句収集がつかない所まで来てしまい、クリーンインストールのやり方も分からないとなると手詰まりになる可能性がある為です。

なので頻繁に買い換えるかもしれませんし、修理に出すくらいなら買い換えるという選択肢も出てくるかもしれないからです。

管理人も最初に買ったPCは1年程度で使い物にならなくなり再度購入してその後、4年程度運用出来ていました。

なので逆に今の若い人は学校でパソコンを習いますし、お家に既にパソコンがあってパソコン自体には慣れているという方や、社会人の方で仕事でバリバリPCを使っているという場合にはあえて安いゲーミングPCを購入する必要性は薄くなります。

パソコンは価格=スペックが上がるという単純な図式が成り立つので、よく高ければいいという訳では無いというような表現がありますが、ゲーミングPCの場合は20万円程度くらいまでなら普通に価格が高ければ高いほど快適にゲームがプレイ出来るようになる可能性は高まります。(その辺りはゲーム依存なので一概にくくれませんが、基本的にはそういう可能性は上がります)

逆にそれを超えるとゲームによってはオーバースペックという可能性もありますが、次の世代の最新ゲームもどんどん要求スペックが上がってリリースされるので、それに対応できる可能性が高くなり息が長いというメリットがあります。

人気のゲーミングPCがおすすめな理由

ゲーミングパソコンというのは安いのに非常に高スペックです。なので10万円のゲーミングPCでもメーカー製のパソコンと比較すると圧倒的に性能が上な商品が多いです。なので何をやるにしても普通のパソコンの性能以上のスペックが期待されます。

人気ランキングが1位になるのには何かしらの理由があって1位になっているので損をする事も無いです。余裕を持ちたいならそれを指標に少しだけスペックが高い製品を選んだりするのが吉と言えます。

ゲームから選ぶというような場合はもっとシンプルで単純です。推奨パソコンと呼ばれるゲーム毎に最適化したパソコンが各BTOショップから販売されているのでそれを基準にして選ぶのが間違いが無いでしょう。ただ将来性を考えると遊べないゲームが出てくるという可能性もあるので、ある程度パーツの事を勉強するとより後悔しない選択になるのは間違いないです。

ゲーミングPCの選び方のポイント

パーツの知識を最低限知っておかないと判断基準が分からないと思うので、出来るだけ初心者の方でも分かるように簡潔に書きます。

面倒だという人は下でおすすめを書いているのでスクロールしてもらってもOKです。

グラフィックボードの選び方

Gigabyte_GTX770-4GB

冒頭でも触れましたが、グラフィックボードの選択は最重要です。

パソコンでゲームをしていてカクカクするとか、ゲームが起動しないという状況になる事があります。なぜそのような事になるのかというと大体はこのグラフィックボードが搭載されていないからです。

「~のゲームを言われた通りに設定したんですが、真っ暗です。どうしたらいいんでしょうか?」

というような質問をもらった時には、まず「グラフィックボードが搭載されていますか?」「グラフィックボードの性能は足りていますか?」という質問を返します。

そのくらいゲーム用のパソコンにとっては最重要のパーツになります。カクカクしたりする原因もグラフィックボードの性能が低い事が原因の1つになります。

パソコンというのはバランスが重要です。どれか1つが突出していても性能が発揮されません。

ゲームというのはパソコンの作業の中でも最も重い部類に入ります。なのに、このグラフィックボードが最初から無いパソコンやスペックの低いグラフィックボードでは、高いグラフィック性能を要求されるゲームだと要件を満たさないのでゲームが起動しなかったり、フレームレートが落ちてカクカクになってしまうのです。

詳しくは→ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方

CPUの選び方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CPUはグラフィックボードと並んでゲームするには大事なパーツです。

なんですが、ここは普通のパソコンでも重要視されているのであえてグラフィックボードが最重要と言い切りましたが、CPUももちろん大事です。

特に重要なのがゲーム配信をする人や動画編集をする人です。

エンコードというパソコンの作業の中でも重い作業をする人は4コアで3Ghz以上のCPUを積んで下さい。

後々何かやりたくなった時に後悔しないようにCPUにはお金をかけておいて損は無いです。

詳しくは→ゲームPCのCPUの選び方

メモリの選び方

memory-332492_640

メモリもゲームでは重要ですが、深く考えなくても普通に遊ぶなら8GB程度あれば大丈夫とおぼえておきましょう。

16GBあってもゲームが軽くなったりとかはしませんが、同時に何かをする場合は効いてきます。

BF4のマルチは6.5GB使ったりするゲームもあるので8GBは必要だと思いますが、それ以上あっても普通の人は使わないので他のパーツに予算を当てましょう。

詳しくは→ゲームPCのメモリの選び方

ストレージの選び方

data-storage-319844_640

BTOショップなどではHDDと表記されている事が多いですが、SSDを積んで下さい。

もし大量の動画ファイルなどを保存しておきたいならSSD 250GB+HDD 2TBとかの組み合わせがおすすめです。

なぜなら一番体感しやすい場所だからです。

5年前のスペックのパソコンにSSDが搭載されているのと、最新のパソコンでHDDが搭載されているのなら体感では5年前のパソコンの方がキビキビ動くんでは無いかという位体感で感じられます。

ゲームでもロードが短縮されたりと恩恵はあるので絶対にSSDにカスタマイズした方がいいです。

詳しくは→ゲームPCのストレージの選び方

パーツの選び方のまとめ

CPU:Corei5(ゲームのみなら)Corei7(動画編集や配信をするなら)
メモリ:8GB(ゲームのみなら)、16GB(動画編集等をするなら)
グラフィック:GTX1060~1080
ストレージ:SSD240GB~

というのが後で後悔しないおすすめのゲーム用のパソコンの構成になります。

 

初心者におすすめのゲーミングPCのショップ

ドスパラ

ドスパラはガレリアというゲーミングPCのブランドを展開しています。ゲームに特化したBTOパソコンでは日本で一番人気があると言っても過言ではありません。
スペックが高いパソコンを取り扱っているのもゲームでパソコンをするユーザーにとっては助かります。
配送も他のBTOショップの中では群を抜いて早いです。それは自社で工場を持っているので迅速に組み立ててすぐに出荷出来る体制を整えているからです。
通常なら2日、カスタマイズしても4日程度で届きます。
ゲーム推奨パソコンの数も他のショップの数倍あり、ダントツで1位です。

納期 延長保証 初期不良
最短翌日 有:最長3年 原則1週間以内(会員は1ヶ月間以内)
マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューターはG-tuneというゲーミングPCのブランドを展開しています。マウスコンピューターの特徴を一言で言うなら価格が安いという事です。
これはゲームに特化したG-tuneブランドだけでは無く、マウスコンピューター全体に言える事だと思います。
さらにG-tuneでは人に力を入れている印象で、ゲーム実況なら使用モデル、e-sportsなら大会使用モデルなどのコンセプトモデルも販売しています。
ゲーミングノートにも定評があります。

納期 延長保証 初期不良
3営業日~ 有:最長3年 製品到着日より1ヶ月間
ALIENWARE
デル株式会社

ALIENWAREはとにかくカッコイイという特徴があります。
価格やコストパフォーマンスの観点から見ると魅力的では無いですが、製品としてみるとゲーミングPCの代表のような存在感がALIENWAREにはあります。
その理由の1つがデザインです。ノートなら至る所が光っていてキーボードやロゴからサイドに伸びるように光っていたり、天板部分が光っていたりとゲーマー心をくすぐるデザインになっています。
デスクトップでもALIENWARE X51は省スペースなので家庭用ゲーム機を置く感覚で部屋に置けるので日本にマッチした商品だったりします。

納期 延長保証 初期不良
約10~14日程度(即納モデルは除く) 有:最長3年 受領してから10日以内

ドスパラ(ガレリア)は総合力が高いという感じです。マウスコンピューター(G-tune)は品質が高いのにコスパが高くデザインも良いです。エイリアンウェアはコスパは悪いですがデザイン重視でカッコイイ製品に魅力を感じる方におすすめです。

どれがおすすめ?と聞かれたら個人的な意見ではG-tuneと答えますが、ドスパラもコスパに優れていて人気ですし、ALIENWAREのノートPCはゲーマーなら憧れの製品なので、公式サイトの商品ページをよく吟味した上で自分が納得した製品を購入するのが間違いないです。

カスタマイズは最低限にするとお得に購入できる

BTOは自由にカスタマイズが出来る事が出来るのが魅力ですが、基本的にはカスタマイズは最低限にした方がお得です。カスタマイズすると高く付くので出来るならSSDとCPUクーラーを静音化にする程度にして、自分が欲しいスペックに近い商品を選ぶのがBTOパソコンの賢い買い方です。

ゲームPCのCPUクーラーの選び方
ゲームPCのストレージの選び方

CPUクーラーに関しては自分で後から付ける事も可能ですが、パソコンの内部を自分でいじる必要があるので、不安な方は最初からカスタマイズすると楽です。

Pocket

🔺TOP