ベンチマーク

Radeon RX 6800XTのベンチマーク

Radeon RX 6800XTのベンチマーク

Radeon RX 6800XTのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。

計測したタイトルは以下の目次からチェック可能です。

Radeon RX 6800XTの特徴

  1. DXR(レイトレーシング)に対応
  2. NVIDIA DLSSには非対応
  3. 重量級の4K解像度におすすめの性能
  4. ビデオメモリ16GB搭載

AMD(Advanced Micro Devices)のRadeon RX 6800XTはレイトレーシング(DXR / DirectX Raytracing)に対応しています。「レイトレーシング」は最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

Radeon RX 6800XTは「NVIDIA DLSS」には非対応ですが、ネイティブの解像度に近い画質を維持しながら対応タイトルのパフォーマンス向上に期待できる技術「AMD FidelityFX Super Resolution」が使えます。

「高フレームレートと本格的な4K解像度のゲーミングを実現できるように設計されている」製品がRadeon RX 6800XTです。

ビデオメモリ16GB搭載は4K解像度のゲームプレイではオーバースペックとも言える容量ですが、安心感はあります。

Radeon RX 6800XTのスペック

 RX 6800XTRTX3080
アーキテクチャRDNA 2Ampere
 SP4,6088,704
ブースト クロック (GHz)2.251.71
メモリ容量16 GB10 GB
メモリ速度16 Gbps19 Gbps
メモリタイプGDDR6GDDR6X
メモリバス幅256bit320bit
消費電力300W320W
DXR
DLSS×

SPはストリーミングプロセッサ数です。

Radeon RX 6800XTはメモリバス幅が256bitになっているので4K解像度でゲームプレイする際に注意点になる可能性があります。

DXR(レイトレーシング)には対応していますが、DLSSは使えないです。

現状の「NVIDIA DLSS」対応タイトルと「AMD FidelityFX Super Resolution」対応タイトルでは「NVIDIA DLSS」対応タイトルの方が多いので、AAAゲームの4K解像度でゲームをプレイした際に総合的にRTX3080 / RTX3080Tiの方に分がある点は注意点になります。

今後「AMD FidelityFX Super Resolution」が拡充して、対応タイトルが増加した場合には4K解像度のゲームプレイがより快適になるRX 6800XTは魅力的なグラフィックスボードになるでしょう。

高フレームレートを出したいゲーマーのニーズも極めて高いので、FPS/TPSなどのeスポーツタイトルでより競争力を高めて高フレームレートを出したい方には、Radeon RX 6800XTは極めて高いフレームレートが出るのでおすすめのグラフィックスボードです。

ゲームのベンチマークをチェック

ベンチマーク数値はガレリア ZA9R-68XTから取得した数値になります。

構成はCPU:Ryzen 9 5900X / メモリ:16GB / GPU:Radeon RX 6800XTになります。

メトロエクソダス(METRO EXODUS)

メトロエクソダス
解像度設定FPS
4K
3840×2160
エクストリーム51 FPS
74 FPS
141 FPS
WQHD
2560×1440
エクストリーム77 FPS
127 FPS
239 FPS
フルHD
1920×1080
エクストリーム92 FPS
164 FPS
258 FPS

フレームレートはベンチマークソフトを実行した時の数値になります。DX12,全ての値のShading Rateを100%に変更。レイトレーシング・NVIDIA DLSSはオフ。

アサシンクリードヴァルハラ

アサシンクリードヴァルハラ
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高60 FPS
68 FPS
102 FPS
WQHD
2560×1440
最高97 FPS
110 FPS
151 FPS
フルHD
1920×1080
最高120 FPS
137 FPS
182 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。解像度スケールは100%

ファイナルファンタジー XV

ファイナルファンタジー15
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
7059 / 70 fps【快適
標準8175 / 81 fps【快適
軽量11492 / 114 fps【とても快適
WQHD
2560×1440
12293 / 122 fps【非常に快適
標準15813 / 158 fps【非常に快適
軽量20902 / 209 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
15997 / 159 fps【非常に快適
標準21276 / 212 fps【非常に快適
軽量22902 / 229 fps【非常に快適

バージョン1.3:フレームレートはベンチマーク実行時の数値から算出。

モンスターハンターワールド

モンハンワールド
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高57 FPS
80 FPS
192 FPS
WQHD
2560×1440
最高108 FPS
141 FPS
194 FPS
フルHD
1920×1080
最高132 FPS
139 FPS
194 FPS

渡りの凍て地を周回した時のフレームレートです。FidelityFX CASオフ。

ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高13869 / 92 fps【非常に快適
15810 / 105 fps【非常に快適
標準24337 / 170 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高22842 / 160 fps【非常に快適
23207 / 169 fps【非常に快適
標準29405 / 245 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高25477 / 197 fps【非常に快適
26237 / 211 fps【非常に快適
標準31908 / 279 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

Apex Legends

Apex Legends
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高116 FPS
WQHD
2560×1440
最高195 FPS
フルHD
1920×1080
最高253 FPS

計測場所:射撃訓練場、垂直同期:適用型(1/2レート)、画質:最高

ファークライ ニュードーン

ファークライ ニュードーン
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高98 FPS
107 FPS
123 FPS
WQHD
2560×1440
最高111 FPS
123 FPS
13 FPS
フルHD
1920×1080
最高112 FPS
122 FPS
140 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージ
解像度設定FPS(Vulkan)
4K
3840×2160
最高167 FPS
最低223 FPS
WQHD
2560×1440
最高348 FPS
最低462 FPS
フルHD
1920×1080
最高489 FPS
最低639 FPS

レンダリングのスケーリングは100。フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

VALORANT

VALORANT
解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高300 FPS
WQHD
2560×1440
最高617 FPS
フルHD
1920×1080
最高786 FPS

計測場所:アセント、画質は最高(VSync以外はオン、MSAA 4x、異方性フィルタリングは16x)

PSO2:NGS

PSO2:NGS
解像度設定スコア
4K
3840×2160
ウルトラ7038
WQHD
2560×1440
ウルトラ21369
フルHD
1920×1080
ウルトラ29793

スコアはベンチマーク実行時の数値になります。10,001スコア以上で快適評価です。

ドラゴンクエスト X

ドラクエ10
解像度設定スコア
4K
3840×2160
最高13098
フルHD
1920×1080
21408

3DMARK

FireStrike

FireStrike

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK FireStrike
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
37477
Core i9-11900K
RTX3080Ti
32813
Core i9-10900K
RTX3080
29794
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
26722
Core i9-10900K
RTX3070
26262
Core i9-10900K
RTX2080Ti
25972

Radeon RX 6800XTのスコアの伸びが良く、DirectX 11ベースのベンチマークで高スコアを記録しました。

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのTimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i9-11900K
RTX3080Ti
17399
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
16793
Core i9-10900K
RTX3080
16330
Core i9-10900K
RTX3070
13213
Core i9-10900K
RTX2080Ti
13165
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
11372

TimeSpyのグラフィックス性能ではRTXグラフィックスボードの伸びが良いです。

Port Royal

Port Royal

Port Royalはレイトレーシング(DXR / DirectX Raytracing)のパフォーマンステストです。

構成PC MARK10
Core i9-11900K
RTX3080Ti
12503
Core i9-11900K
RTX3080
11297
Ryzen 9 5900X
RX 6800 XT
9147
Core i9-11900K
RTX3070
8300
Core i9-11900K
RTX3060Ti
6875
Ryzen 7 3700X
RX 6700 XT
5782
Ryzen 5 3600
RTX3060
5013

Port Royal参考比較

Radeon RX 6800XTの性能まとめ

グラフィックス性能比較

タイトルによってNVIDIA RTXグラフィックスボードと比較すると得手不得手があると感じました。

レイトレーシングにはRTXグラフィックスボードがおすすめですが、4K解像度の重量級ゲームもプレイできる性能を持っています。

最新重量級ゲームをプレイしたい方や、FPSゲームで高fpsを出したい方におすすめのグラフィックスボードです。

おすすめピックアップ記事