リアル中世RPG《 Kingdom Come: Deliverance 》の推奨スペック

公開日: :

Pocket

中世ヨーロッパが舞台の『Kingdom Come: Deliverance』はリアルが売りのゲームとなっています。飢えを感じるので食事が必要(飢えで死ぬ)ですし、戦闘によって汚れたりすると風呂屋で衣服を洗ったり近くの桶で体を洗ったりしないと汚れが付着したままだったりします。

特に戦闘に関してはシビアで、無双ゲームのように敵をバッタバッタとなぎ倒したり現実ではあり得ないファンタジーのように魔法を使える訳が無いので多数の的に囲まれたら=死です。最初は武術の訓練を受けていない状態なのでただの盗賊にも四苦八苦します。もちろん武装した兵士に挑もうものなら瞬殺されます。

ハードコアなゲームですが、MODや日本語化に関しては有志の方が頑張ってくれているので今後が非常に楽しみな作品です。

日本語化に関して

Kingdom Come: Deliveranceの日本語化のやり方

こちらで記事を書いているので参考にしてみて下さい。

Kingdom Come: Deliveranceの推奨スペック

OS Windows 7(64-bit) 、Windows 8 (8.1) (64-bit)Windows 10
CPU Intel CPU Core i7 3770 3,4 GHz, AMD CPU AMD FX-8350 4 GHz
メモリ 16 GB RAM
GPU Nvidia GPU GeForce GTX 1060, AMD GPU Radeon RX 580
DirectX Version 11
ストレージ 40GB

公式の推奨がこちらになります。GTX1060あればとりあえず動くのでそこまで敷居は高くない印象ですが、最高設定にすると結構重いです。

実機でFPS値を計測

場所はラッタイで計測。

GTX1080TiとGTX1080で4Kの最高設定のFPS値を計測しました。4Kはやっぱり重いです。設定を落とす必要がありますね。

フルHD(1920×1080)だと最高設定だとそこまで差が出ませんね。場所にもよると思います。

FPS値計測には以上の機材を使用させて頂きました。

 

GTX1070で最高設定にこだわらない場合に参考になるのがこちらの動画になります。設定品質が”haigh”ではありますが、GTX1070で十分実用的に動作しているのが分かると思います。

という訳でKingdom Come: Deliveranceでは最高設定でいきたいならGTX1080TiもしくはGTX1080、高設定辺りならGTX1070、中設定辺りならGTX1060がおすすめになります。

Kingdom Come: Deliveranceが快適に動くおすすめなゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im590SA1-FG(シルバーモデル)
OS Windows10
CPU Core i5-8400
グラフィック GTX1060(3GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 240GB HDD 2TB
マザー Z370
電源 500W

最新環境で安いゲーミングPCが欲しいという方におすすめなのがこちらのコラボモデルになります。最新の第8世代CPUを搭載しているので物理6コアです!Kingdom Come: DeliveranceだとGTX1060なので設定は多少落とす必要があります。

ガレリア ZV
OS Windows10
CPU Core i7-8700K
グラフィック GTX1070Ti(8GB)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 500GB HDD 1TB
マザー Z370
電源 500W

最新のGTX1070Tiの構成になります。他ゲーも含めて画質設定も高く設定しても快適にプレイ出来るタイトルが増えます。

NEXTGEAR-i670ga1-fg(ゴールドモデル)
OS Windows10
CPU Core i7-8700K
CPUクーラー Cooler Master Hyper 212 EVO
グラフィック GTX1080Ti(11GB)
メモリ 16GB
ストレージ SSD 240GB HDD 2TB
マザー Z370
電源 700W

Core i7-8700K&GTX1080Tiという現状最強クラスのスペックを誇るゲーミングPCになります。更にコラボモデルなので価格がググッと安くなっている事に加えてCPUクーラーがデフォルトでカスタマイズ済みです。GTX1080Tiを狙っている方におすすめです。

Pocket

🔺TOP