初心者向けのゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCの価格帯はいくらくらいが目安?

ざっくりいうと15~25万円が目安です。知人、ネット、BTOショップのランキング、当サイトから購入した方の価格帯を調査しても15~25万円の価格帯が最も多いです。その中でも20万円前後が最も多い価格帯でしょう。

ゲーミングPCを買う時の予算や相場の目安は? ゲーミングPCが欲しいけどどのくらいの予算があれば快適にゲームが動かせるのかがよく分からない。 みんなはどのくらいの価格帯のゲーミ...

予算や相場についてはこちらの記事でまとめています。

用途別・目的別に考える

ゲーミングPCはゲームだけを目的に購入すると言った用途では無くて多角的に考えて、一番安く構成出来るからゲーミングPCを購入するといった方も多いです。以下は15~20万円の価格帯で出来る用途の例です。

一般的な使用用途

  • ネット閲覧
  • iTuneなどの音楽データの管理・購入
  • ウェブブラウザタイプのゲーム(艦これなど)
  • ブログ作成に付随するもの全部
  • 事務的なビジネスで使用するソフトの使用(Word、Excel、PowerPoint、年賀状作成)
  • ホームビデオ、デジカメの写真の編集・管理・保存
  • Webクリエイター・プログラマー・アプリ制作など
  • オフラインゲーム(スカイリムなど)
  • オンラインゲーム(FF・ドラクエ・BFなど)

ゲーミングPCはパソコンなので一般的なパソコンができる作業は全て出来ます。というか同じパソコンなので出来る事に遜色はありません。

ゲーミングPCは普段使いもできる?向いてない点は? ゲーミングPCを普段使いとして選びたいけど普通のパソコンとの違いが分からない。普段使いはできるのか?といった事について書いていきます...

一般的なパソコンとの違いという部分のメリットやデメリットについてはこちらの記事で書いているので参考にしてみて下さい。

ゲーミングPCはビジネス用途でも使える? ゲーミングPCはビジネス用途でも使えるの?という部分に関して書いていきます。 このブログはゲーミングPC(ゲームが使えるパソコン)...

ビジネスとして使った場合のメリットやデメリットは?という部分についてはこちらの記事でまとめています。

クリエイティブな作業の使用用途

ゲームはしないけどゲーミングPCのスペックがあれば以下の作業も出来るからゲーミングPCをチョイスするという例です。

  • ゲーム実況動画の作成
  • ホームビデオや動画投稿サイトに投稿する為の動画編集
  • マンガ・イラスト制作用
  • DTM・DAW(音楽制作)
  • CAD用(設計図)
  • RAW現像(写真編集)
  • デュアル・トリプルディスプレイなどの多画面構築(ゲームや株など)
  • せっかくだから高性能のパソコンが欲しい人など

素人~アマチュアレベルの作業ならミドルクラスのゲーミングPCでも作業する事は全然可能です。

ただ、プロ級のスペックが必要になるとGeForceやRADEONなどのゲームに最適化されたグラフィックボードではなく、業務用に最適化されたQuadroシリーズが必要になってくる場合もあったり、8K/60pの映像編集等の業務ではCPUが多コアのRyzen Threadripperを選択したりといった違いはあるでしょう。

用途別・目的別に考えるとこのくらいの作業が可能なのがゲーミングPCです。なので高価になるのはしょうがなかったりします。

後は自分のやりたい事との兼ね合いになります。重いオンラインゲームやオフラインゲームをやらないのであれば10万前後でも全然快適に動作します。

やりたいゲームから選ぶ

ゲーミングPCという名前ですから上記に挙げたことももちろん出来ますが、やっぱり3Dのゲームが快適に動かせなければ何の意味もないですよね。

一番手っ取り早いのはゲーム推奨パソコンを選択するという方法。

これは『ゲームタイトル+推奨スペック』と入力すれば出てくるので価格の一つの指標にするのがいいと思います。

そこでもう少し先を見据えてワンランク上のグラボを選択するとか、セール対象の商品を見つけて価格にこだわるか、特典が付いている方を選ぶという選択肢が生まれてくると思います。

ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...

やりたいゲームの推奨スペックを明確にする事で自分にとっての価格の目安が分かる

ゲームで最重要のグラフィックボードから選定する

PCゲームで最重要なパーツはビデオカードです。

ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方 グラフィックボードはゲームPCを選ぶ際には最重要パーツです。 グラフィックボードにはNVIDIA社の『GeForce』とAMD社の...

選び方としてのオススメは、グラフィックボードの性能から試算するという方法です。

グラフィックボードの知識があるのが前提にはなるのですが、今はグラフィックボードの性能はBTOショップが試算してくれているので何となくのニュアンスは初心者の方でも直感的に分かるように親切にサイトに記載されています。

グラフィック性能比較 – ベンチマークテスト

パソコンのパーツというのは日進月歩なので前に調べたパーツも新しいパーツが出てきて次に購入する時にはその知識が通用しない事が多いので、まず事前にグラフィックボードの性能を調べるのが手っ取り早いです。

ゲーミングPCというのはグラボが決まればその他のパーツも必然的にそれに合わせた構成になるからです。それによって価格も変わりますのでグラボの性能をどこのラインにするのかという点が極めて重要な選定になります。

ゲーミングPCのベンチマークデータまとめ 当サイトで取得した実機レビューのベンチマークデータをまとめた記事になります。ゲーミングPCのパフォーマンスはグラフィックボードの性能...

当サイトのグラフィックボードのベンチマーク記事をまとめたページになります。

結局はゲームタイトル次第なので安価なモデルでも快適に動くタイトルもあれば、重量級と呼ばれる重いゲームもあります。そのあたりを明確にして自分にとってのベストなグラボを選定していくのがおすすめです。

まとめ

価格帯の目安としては多くのゲームタイトルで快適に動作する事が見込めるので20万円前後が一つの目安になると思います。

後はプレイするゲームによっては10万円前後、15万円前後でも快適に動作するゲームも多いので価格を抑えて選んだり、もっとスペックを上げた選び方をしたいなら20万円以上となるでしょう。

価格帯の目安としては今やりたいゲームや用途を明確にしつつ、ショップの人気ランキングやセールの情報もあわせて参考にしながらスペックを明確にしていくのがおすすめです。

それによって自分にとっての価格の目安も決まってくると思います。参考になったら幸いです。

おすすめピックアップ記事