MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

The First Descendantの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
The First Descendantの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

The First Descendantは、Unreal Engine 5を採用した基本無料のTPSアクションRPGゲームです。高グラフィック×ルートシューターに惹かれた方は要チェックです。

The First Descendantの推奨スペックとおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

目次

The First Descendantの特徴

  • 基本プレイ無料のTPSアクションRPGゲーム
  • 無制限フレームレート
  • 4K解像度/HDR対応
  • DLSS 3.5 / FSR 3 / インテル XeSS対応
  • レイトレーシング対応

The First Descendantは基本プレイ無料で遊べます。フレームレートのアンロックや4K解像度に対応、DLSS 3.5などの最新技術にも対応しています。

The First Descendantの特徴

最大4人の協力プレイに対応しています。また、クロスプレイにも対応しているので、他のハードのユーザーの方とも一緒に共闘する事が出来ます。

必要スペックと推奨スペック

必要スペックと推奨スペック
推奨動作環境
OSWindows 10 x64 20H2
CPUIntel i7-7700K以上
AMD Ryzen 5 2600X以上
メモリ16GB以上
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060以上
AMD Radeon RX 5600XT以上
DirectX12
ストレージ50GB(SSD推奨)

参考情報:公式サイト

The First Descendantの公式サイトのスペック表です。

CPUに関しては推奨動作要件はCore i7-7700K以上またはRyzen 5 2600X以上になります。

メモリは16GBが指定されています。グラフィックスはRTX 2060もしくはRX 5600XT以上が推奨されています。現状だとRTX 4060以上がおすすめになります。

ストレージはSSDが推奨になるので、SSDに入れてゲームをプレイするのがおすすめです。

必要スペックと推奨スペックとは?

必要スペックはギリギリ動く指標で、推奨スペックはフルHDの中~高画質で60fpsで動くのが一般的です。推奨スペックの動作要件を満たすゲーミングPC選びがおすすめです。

fpsとは?

fpsは動画やゲームにおける1秒あたりのフレーム数の事です。一般的なゲームでは60fps以上が快適性の基準値です。

必要ビデオメモリ容量

必要ビデオメモリ容量
解像度画質使用容量
4Kレイトレウルトラ
Ray Reconstruction
NVIDA DLAA
14.4GB前後
WQHD11.9GB前後
フルHD10.8GB前後
4Kウルトラ
NVIDA DLAA
12.2GB前後
WQHD10.1GB前後
フルHD9.4GB前後
ヴォイド迎撃戦のボス戦後にアルビオンに戻って計測。使用GPU:RTX 4090

グラフィックスボードにはビデオメモリ(VRAM)がそれぞれ搭載されています。ビデオメモリ容量が多いほど高画質や高解像度でゲームをプレイする際に快適になります。

ビデオメモリを使い切るとメインメモリを使用して代替するのですが、メモリは遅いのでGPUの待ち時間が増えて場合によっては重くなります。なので、読み込む際にカクつきや重さを感じる場面が出てくる可能性があります。

少し容量が足りなくても問題無い場合もあるのですが、フルHD最高画質なら理想的には12GB搭載モデルがおすすめです。コスト落とすならウルトラ画質なら8GB搭載モデルでも快適に動作していたので最低8GBがおすすめです。

4Kレイトレ最高なら16GB搭載モデルがおすすめです。4Kウルトラなら12GB以上搭載のモデルがおすすめです。

The First Descendantのグラボ別fps

The First Descendantの最高画質のグラフィックスボード別の平均フレームレートを計測しました。

レイトレ最高画質

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 409061 FPS101 FPS128 FPS
RTX 408045 FPS81 FPS109 FPS
RTX 4070 Ti SUPER39 FPS73 FPS101 FPS
RTX 4070 Ti33 FPS66 FPS91 FPS
RTX 4070 SUPER33 FPS63 FPS90 FPS
RTX 407028 FPS56 FPS79 FPS
RTX 4060 Ti7 FPS30 FPS57 FPS
RTX 40605 FPS25 FPS51 FPS

環境:Windows 11 / CPU:Core i7-14700KF / メモリ32GB。計測場所:アルビオン。最高画質設定&NVIDA DLAA+フレーム生成。Ray Reconstructionを有効。

レイトレ最高画質で楽しみたい方はRTX 4070以上がおすすめです。コスパ良く楽しむならRTX 4060 Tiもおすすめです。

WQHDならRTX 4070 SUPER以上、4KならRTX 4090以上がおすすめです。

最高画質

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 409095 FPS147 FPS184 FPS
RTX 408075 FPS128 FPS174 FPS
RTX 4070 Ti SUPER65 FPS115 FPS157 FPS
RTX 4070 Ti58 FPS108 FPS153 FPS
RTX 4070 SUPER56 FPS106 FPS153 FPS
RTX 407048 FPS91 FPS130 FPS
RTX 4060 Ti23 FPS65 FPS104 FPS
RTX 406021 FPS50 FPS81 FPS
RTX 305014 FPS32 FPS49 FPS

環境:Windows 11 / CPU:Core i7-14700KF / メモリ32GB。計測場所:アルビオン。最高画質設定&NVIDA DLAA+フレーム生成。RTX 3050はNative AA+フレーム生成。

レイトレーシングを無効にすると軽くなるので、ある程度高画質なら十分という方はこちらの表を参考にしてみて下さい。

最高画質ではフルHDならRTX 4060以上がおすすめです。フルHD/144fpsで楽しむならRTX 4070 SUPER以上がおすすめになります。RTX 4070 SUPERとRTX 4070 Tiでは差が無いという結果になりました。

レイトレーシングなしの4K最高画質ならRTX 4070 Ti SUPER以上がおすすめになります。

The First Descendantにおすすめのグラボまとめ

画質グラフィックス
レイトレ4K最高画質RTX 4090以上
4K最高画質RTX 4070 Ti SUPER以上
WQHDレイトレ最高画質RTX 4070 SUPER以上
WQHD最高画質RTX 4060 Ti以上
フルHDレイトレ最高画質RTX 4070以上
フルHD最高画質RTX 4060以上

高画質で遊びたい方はこちらの表を参考にながらグラフィックスを選定してみて下さい。

フルHD最高ならRTX 4060以上がおすすめです。144fpsで楽しみたい方は設定画質にもよりますが、RTX 4070 SUPER以上あると快適です。レイトレ4KならRTX 4090がおすすめです。

4KとWQHDとフルHDはどれがおすすめ?

  • HD画質:1280×720px
  • FHD画質:1920×1080px
  • WQHD画質:2560×1440px(HDの4倍の画質)
  • 4K画質:3840×2160px(フルHDの4倍の画質)

4K解像度は、一般的な解像度の「フルHD画質の4倍に当たる画面解像度」です。4K解像度は、非常に高精細な画質という特徴があります。

例えばフルHDレイトレ最高画質+Ray Reconstructionと、4K最低画質設定で比較した場合に解像感(細かい部分もしっかりと描画されている)という意味では4K最低画質の方が圧倒的に上になります。

キャラクターの質感や装備をじっくり見たいという方で解像感を求める方は、最低画質は全体的なグラフィックス品質が低下しすぎるので中画質や高画質に設定画質を下げてでも4Kがおすすめです。

WQHDはフルHDと4Kの中間になるので、両方の良い部分を持ち合わせている特徴があります。バランス重視で選びたい方におすすめです。

フルHDはフレームレートが稼ぎやすいのでスペックを抑えた選び方をしたい方や、高リフレッシュレートで滑らかな描画を求める方におすすめです。

多くのユーザーが使用している解像度はフルHDなので、一般的にはフルHD解像度がおすすめです。初心者の方にもおすすめの解像度です。

あわせて読みたい
4K解像度におすすめのゲーミングPC 4K解像度は、4K画質の美しいグラフィックスの高解像度でゲーム体験が出来るのが特徴的です。ゲームに「美麗グラフィックス」を求める方は、4K解像度がおすすめです。 PC...

The First DescendantにおすすめのゲーミングPC

The First DescendantにおすすめのゲーミングPCを10選ご紹介します。

スクロールできます
製品名CPUGPUおすすめ解像度
NEXTGEAR JG-A5G60Ryzen 5 4500RTX 4060フルHD
GALLERIA RM5C-R46Core i5-14400FRTX 4060フルHD
NEXTGEAR JG-A7G6TRyzen 7 5700XRTX 4060 TiフルHD
GALLERIA RM7C-R46TCore i7-14700FRTX 4060 TiフルHD
NEXTGEAR JG-A7G7SRyzen 7 7800X3DRTX 4070 SUPERフルHD~WQHD
G-Tune DG-I7G7SCore i7-14700FRTX 4070 SUPERフルHD~WQHD
GALLERIA XA7C-R47TSCore i7-14700FRTX 4070 Ti SUPERWQHD~4K
GALLERIA ZA7C-R48SCore i7-14700KFRTX 4080 SUPER4K
GALLERIA ZA9C-R49Core i9-14900KFRTX 40904K
G-Tune FZ-I9G90Core i9-14900KFRTX 40904K

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:9835

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が300件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、コスパ重視でゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:10611

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:12752

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに物理8コアの「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

GALLERIA RM7C-R46T

ガレリアミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:13278

「GALLERIA RM7C-R46T」は、GALLERIAのミニタワー型のゲーミングPCです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載で、重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。

「GALLERIA XA7C-R46T」の実機レビュー RTX4060Ti搭載

NEXTGEAR JG-A7G7S

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 7800X3D
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:18577

「NEXTGEAR JG-A7G7S」は、CPUに「Ryzen 7 7800X3D」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070 SUPER」を搭載したゲーミングPCです。

映像の美麗さにこだわるゲーミング環境を構築したい方や、ゲームで高fpsを出したい方におすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
性能目安TimeSpy:18646

「G-Tune DG-I7G7S」は、GeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適にゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47TS

スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 Ti SUPER(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
性能目安TimeSpy:21368

「GALLERIA XA7C-R47TS」は、CPUに性能重視モデル「Core i7-14700F」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4070Ti SUPER」を採用。

重量級ゲームを快適に楽しみたい方や、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

「GALLERIA XA7R-R47TS 7800X3D搭載」の実機レビュー|RTX 4070 Ti SUPER搭載

GALLERIA ZA7C-R48S

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i7-14700KF
グラフィックRTX 4080 SUPER(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
性能目安TimeSpy:26178

「GALLERIA ZA7C-R48S」は、CPUに「Core i7-14700KF」を搭載し、高性能グラフィクス「GeForce RTX 4080 SUPER」を採用。

重量級4K解像度のゲームプレイ、4K動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業も快適な強力なパフォーマンスを発揮するゲーミングデスクトップパソコンです。

GALLERIA ZA9C-R49

ガレリアミドルタワー
スペック
CPUCore i9-14900KF
グラフィックRTX 4090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
性能目安TimeSpy:32205

「GALLERIA ZA9C-R49」は、インテル第14世代の最上位クラス「Core i9-14900KF」&最新のハイエンドグラフィクス「RTX 4090」搭載。重量級ゲームを4K解像度で楽しみたい方におすすめです。

G-Tune FZ-I9G90

G-Tuneフルタワー
スペック
CPUCore i9-14900KF
グラフィックRTX 4090(24GB)
メモリ64GB
ストレージ2TB NVMe SSD
ケースフルタワー
性能目安TimeSpy:32205
当サイトで計測した参考数値目安

「G-Tune FZ-I9G90」は、ダーククロム強化ガラスとアクセントのヘアライン処理アルミパネルが特徴的な高品質モデルです。フルタワー型なので、パフォーマンスを引き出す理想的な冷却性能を持つゲーミングPCです。

4K高解像度のゲームプレイ、4K/8K動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業にも最高クラスの快適性を持ったゲーミングPCです。

グラフィックス設定について

The First Descendantのグラフィックス設定

The First Descendantのグラフィックス設定は細かく調整可能です。上のグラフィックス品質の中にはレイトレーシング対応グラフィックスボードならレイトレーシングが表示されるはずです。

更にパフォーマンス優先タブからNVIDIAのDLSSやDLAA、AMDのNative AA、Intel XeSSなど様々なアップスケーリングやフレーム生成を選択可能です。

  • 「NVIDIA DLAA」は、ネイティブ解像度の画像を再構築し、画質を最大まで高めるAIベースのアンチエイリアシングです。
  • 「Native AA」は、ネイティブの画質よりも高画質化する技術になります。

レイトレーシングを有効にするとRay Reconstructionが適用可能です。

Ray Reconstructionとは?
Ray Reconstruction

「Ray Reconstruction」は、NVIDIA DLSS 3.5で追加されたリアルなレイトレーシング表現が可能な新機能です。「Ray Reconstruction」は全てのRTXグラフィックスで利用可能です。

RTX 30シリーズでRay Reconstructionの表示が来ない方はNVIDIA以外のアップスケーリングを使用していないか確認しましょう。

全てのRTXグラフィックスで利用可能なので、例えばRTX 30シリーズでももちろん適用可能です。しかし、AMDのアップスケーリングを使用しているとRay Reconstructionが適用出来ない点は注意です。

RTX 3050のRay Reconstruction

こちらの画像はRTX 3050で動作確認を行った時の画質設定画面です。Ray Reconstructionの表示が消えているのが分かると思います。

Ray Reconstructionを利用するにはNVIDIAのアップスケーリングを適用する必要があります。

NVIDIA DLSS+Ray Reconstructionは可能ですが、AMD FSRやNative AAとRay Reconstructionのような組み合わせは適用出来ない点は注意点になります。

フレームレートは「30fps / 40fps / 60fps / 95fps / 120fps / 144fps / 制限なし」の中から選択可能です。

その下のカスタム設定から個別調整が可能です。上記の計測では全てウルトラ設定で計測しています。

画質比較

The First Descendantの画質を比較しました。レイトレーシングはRay Reconstructionを有効にしています。最高画質を求める方はレイトレウルトラがおすすめです。

レイトレーシングを有効にすると全体的にはクッキリとして鮮明な映像表示になるという印象を受けました。NVIDIA DLAAを適用する事でより上質な画質という印象です。

レイトレウルトラが重いと感じる方はDLAAではなく、DLSSに設定を調整する事で描画負荷を低減させる事が可能なので試してみて下さい。

おすすめグラフィック設定
  • 最高画質+フレームレートを求める方:グラフィックス品質:ウルトラ+レイトレーシング:ウルトラ+NVIDIA DLAA+フレーム生成+Ray Reconstruction
  • 最高画質は重いと感じる方:上記をNVIDIA DLSSグラフィック優先に変更

解像度フルHD|検証グラフィックス:RTX 4070 SUPER

あわせて読みたい
ゼンレスゾーンゼロの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC ゼンレスゾーンゼロは、『原神』『崩壊スターレイル』『崩壊3rd』でおなじみのHoYoverseの都市ファンタジーアクションRPGゲームです。基本プレイ無料で楽しめます。 ゼ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次