ゲーミングPCのメモリの選び方

公開日: : 最終更新日:2018/05/21

Pocket

memory-332492_640

メモリは少なすぎるとカクツキに直結します。ですが、多ければいいという物でもありません。

ゲームだけではなくて自分が作業する内容によって決める事が重要になります。

用途・目的にあったメモリを選ぶ事が重要

容量 用途
2GB メール・インターネット閲覧
4GB 通常用途全般
8GB ゲーム用途
16GB以上 ゲーム用途・動画編集・エンコード

大体ですが、こんな感じです。もちろんこれらをしながら裏で複数タブを立ち上げて情報集したり、複数ソフトを立ち上げたりするならさらにメモリの容量は増えます。

4GBでもプレイ出来るゲームはもちろんありますが、8GBでもカクつくゲームもあります。

このような事実から不足を感じないでプレイするには現状では16GB以上という事が言えます。

さらにゲーム実況プレイ動画を作りたいといった場合は動画編集ソフトを使って編集するとなるとさらに大容量のメモリを搭載しても無駄にはならないと思います。

32bitと64bitの違い

WindowsのOSでは32bitと64bitがあります。

64bitでは、大容量のメモリを32bitに比べてより効率的に処理できるので搭載できるメモリの容量が32bitと比べて多いのが特徴です。

OSのバージョンによる搭載できるメモリの最大容量

バージョン 32bit 64bit
Windows 7 Home Premium 4 GB 16 GB
Windows 7 Professional、Enterprise、Ultimate 4 GB 192 GB
Windows 8 4 GB 128 GB
Windows 8 Pro、Enterprise 4 GB 512 GB
Windows 10 Home 4 GB 128 GB
Windows 10 Pro, Education, Enterprise 4 GB 2 TB

8GBが最低ライン

64bitでは8GBが最低ラインと言えます。ゲームタイトルによっては8GBでも足りないです。なので8GBが最低ラインで最新ゲームをあまりプレイしないのであれば8GBで十分だと思います。

マインクラフトで影MODを入れてゲームをプレイするのであれば基本的に8GBで足ります。

実際に計測

SnapCrab_NoName_2015-11-1_12-36-39_No-00

ゲームを起動していない状態で2.2GB程度の環境で撮影しました。かなり色々なアプリバックグラウンドで起動しています。メモリ搭載は8GBのパソコンです。

SnapCrab_NoName_2015-11-1_12-47-29_No-00_R

見づらいかもしれませんが、Cities: Skylines(シティーズ:スカイラインズ)のメモリ使用状況を撮影しました。6GB使用で1.9GB余っています。

SnapCrab_NoName_2015-11-1_13-6-18_No-00_R

マインクラフトに影modを適用させて更にMODも10個程度入れた状態で描画距離16で撮影しました。メモリは4.7GB使用です。3.2GB余っています。

とこのように基本的には8GBあれば普通の環境では問題無いですが、これにキャプチャーソフトを立ち上げていたり動画編集ソフトでゴリゴリ編集などをやると想定すると16GBは欲しいのかなと思います。

単純にゲームだけをするという場合は8GBあれば基本的には問題無いですが、ゲームタイトルによっては8GBを越えるようなゲームもあるので16GBあると安心です。

4Kなどの高解像度だとメモリの消費量も増える

フルHD(1920×1080)だと上記の通りなのですが、マルチディスプレイや4K解像度などの解像度を上げるとメモリの消費量やCPUの消費量もそれに比例して増すので4Kなどを導入される予定のある方はメモリは16GB以上は欲しいです。

追記:最新ゲームだとメモリの容量はどのくらい必要?(2018/04)

(FF15のメモリ使用容量:FHD最高設定で8.5GB!!)

(PUBGの砂漠マップでのメモリ容量は7.4GBでした)

基本的には最新ゲームの場合のメモリは16GBが推奨です。最新ゲームだとゲーム開始時で既に9GB近いメモリが使われていたり、8GBに届かないけどギリギリという場合は何かしらの要因でゲームが落ちてしまうケースも考えられます。

最新ゲームはあまりプレイしないという方には8GBでも足りるメモリのゲームもありますが、最新ゲームをプレイ予定の方は16GBを選択する事をおすすめします。BTOだとカスタマイズに対応している事がほとんどなのでカスタマイズしましょう。

スペックを下げてでもメモリ16GB積んだほうがいい?

プレイするゲーム次第ではありますが、メモリ消費が多いゲームをプレイする場合にはグラボのスペックが足りないよりも厳しい挙動をします。

グラボのスペックが足りない場合には設定を下げてフレームレートを稼げばとりあえずプレイは可能です。

しかしメモリのボトルネックの場合は割りとどうしようもないくらい耐えられないストレスを感じさせる場合があります。

例としてFF15をメモリ8GBでプレイした時には最低設定にしてもゲーム自体が落ちてしまいました。メモリ不足の場合にはプレイする事すら出来ないという点が重要です。

ゲーミングPCは難しい用語を使うとCPUとGPUという異なるプロセッサを接続したヘテロジニアスシステムとして使用されるのでCPUの計算置き場としてメインメモリが必要になり、グラフィックボードのメモリも必要です。

グラフィックボードには専用のメモリがあるので設定を下げる事でテクスチャ関係などの重いデータを軽くしてビデオメモリの消費量を減らす事が可能ですが、メインメモリの場合は容量が不足すると設定を下げてもカクついたりゲームが落ちたりする場合があります。

なのでメモリが16GB必須の時代になったと感じています。ここ数年で特にメモリ16GB必須の人気ゲームが増加傾向にあるので将来的な部分で考えると安易にメモリ8GBをおすすめする事が出来ません。

現状だとメモリ16GBがおすすめになります。16GB以上は配信等を考えている方向けなので通常のPCゲームで32GBはあって困るという物でも無いですがさすがにスペックオーバーですね。

Pocket

🔺TOP