ゲーミングPCのストレージの選び方

公開日: : 最終更新日:2018/04/18

Pocket

ゲームにおけるストレージの役割は大きいです。現環境のゲーミングPC事情だとSSDは必須と言っても過言ではありません。

SSDの快適性に一度でも触れてしまったらHDDには戻れません。Cドライブ(OS)だけSSDにするだけでも全然違いますが、ゲーム用途だとゲームを入れてプレイするとかなり快適にゲームがプレイ出来るようになります。

2018/04/18:現環境に合わせて大幅に記事内容を修正

SSDとHDD

基本的にはSSDの方が速いです。それは間違いないです。

もちろんHDDの性能とSSDの性能によりけりですが、1分かかるとしたら30秒以下までタイムが短縮される事もあります。

単純にそれだけでSSDにするという事で既に結論が出ていますが、HDDと比べると割高です。

おすすめは240GBクラスのSSDとHDDを併用する方法がおすすめです。デュアルストレージやハイブリッド構成など呼び方はいろいろありますね。

BTOメーカーによって呼び方が統一されていない事もありますがSSDとHDDが両方搭載されているという事で覚えておくといいかもしれません。

画像は管理人のPCですが、SSDにOSを入れてよく使うゲームやソフトはSSDで、普段使わないような画像や動画や音楽ファイルなどはHDDに保管するようなイメージです。

CドライブはOSなどが入っていて、EドライブはHDD、Fドライブは新しくゲーム用にSSDを買ってきて増設したSSDになります。

こういう方法でも後で追加可能なのでPCケースにストレージが拡張できるベイが余っている場合には後で自分で追加出来るのであれば最初は最小構成でBTOで注文するというのもありかもしれません。

OS自体を移行するのは難易度が上がりますが、単純にSSDを追加するのであればそこまで難易度は高く無いです。

増設する場合の簡易アドバイス

  • SATAケーブルでSSDを接続して、電源もSSDに接続ケーブルは2本ですね。物理的にはそれで増設されます。
  • フォーマット作業をPC側で行って完了です。慣れたら5分かからないです。

中をイジると大抵BTOだと保証が受けられなくなります。なのでやるなら保証が切れた段階をおすすめします。

SSDの特徴まとめ

  • データの読み書きが高速
  • 静音性に優れる
  • 衝撃耐性に優れる
  • 消費電力が少ない
  • 発熱量が低い

HDDの特徴まとめ

  • SSDよりも安価に入手できる
  • 書き換え可能回数がSSDよりも多い
  • 24TBのHDDもあり、大容量

主要ゲームのインストールに必要な容量

タイトル 容量
FF15 100GB
Grand Theft Auto V 72GB
NieR:Automata 50GB
Far Cry 5 40GB
バトルフィールド4 30GB
ウォッチドッグス 25GB
ダークソウル3 20GB

あくまでも最低限これだけ必要となるスペックなので、実際はもっと多いです。

500GB以上のSSDであればあまり容量の事は気にせずにゲームを入れておくことは出来ますが、240GBでも運用は可能です。2.3本入れても容量いっぱいになる事はないです。

128GBクラスのSSDだと運用が難しくなります。

ゲームによってはHDDだからという理由でカクつく事も

ニーアの場合単純にHDDだからという理由でカクつきます。そんなに多くないとは思いますが、そういう事例もあるという事は留意した方がいいです。

本当に本当にどうしてもゲーミングPCにSSDは必要?

どうしても予算が無い場合はSSDを切ってもいいかと思います。(快適かどうかという基準では無くプレイ出来るかどうかの基準になります)

さきほど言った自己責任ですが追加可能だという事を考えるとドスパラのKTケースやNEXTGEARのケースは拡張ベイが豊富なので追加しやすいです。

OS自体をHDDからSSDに移行する事も後から可能ですが、その場合は結構難易度が上がります。

HDDに関しては外付けのHDDがあるので容量が足りなくなったら色々な方法で対処する事は可能です。いずれにしろ多少の知識等は必要なので心配な方は最初からSSDが500GBクラス、HDDが2~3TBあるとかなり安心出来るスペックです。

ゲームタイトルによってはHDDが原因でスタッタリング(カクつき)が発生する場合もあります。そういう意味でもSSDは必須ですが240GBが最低限、500GBあれば少し余裕が出てくるという印象です。

大作ゲームの場合はストレージ容量も大きい傾向にありますが、それらのタイトルを都度SSDからHDDに、またはHDDからSSDに移動させれば100GB越えのタイトルであっても怖くは無いです。

Steamのインストールフォルダーを移動させる方法(SSDからHDD)注意点も合わせて

ストレージの容量管理に関してはSteamの場合にはこの方法で容量をコントロールする事が可能なので参考にしてみて下さい。

関連記事

Pocket

🔺TOP